赤ちゃんのウォーターサーバーで安いのはどれ?1位はクリクラ、2位はアクアクララとなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんがいる家庭では「赤ちゃんプラン」を利用すると安くなります!

赤ちゃんの手の画像

ウォーターサーバーの利用を考えているご家庭で赤ちゃんがいる場合は「赤ちゃんプラン」を利用されると安くなりお得です。

赤ちゃんプランでは「水ボトルの無料チケットのプレゼント」や「サーバーレンタル料金の割引」などをしてくれますから、通常プランを利用するよりもお得なわけです。

例えば、クリクラでも同じ1年間の利用でも以下の金額のようにクリクラママプランの方が1万円近く安くなります。

  年間価格
クリクラ(サーバーL/S) ¥37,800
クリクラママ ¥25,650

そのため赤ちゃんに使える安いウォーターサーバーをお探しのママさんは、同じ企業の物ならば「できるだけ赤ちゃんプランを選ぶ」と値段も経済的です。

もちろん赤ちゃん向けプランでも「ミルク作り」や「離乳食作り」での利用も可能です。

赤ちゃんプランを利用できるのは対象のお子さんがいるママさんだけですから、これは覚えておきましょう。

赤ちゃん特典があるプランは「クリクラ」「アクアクララ」「プレミアムウォーター」

赤ちゃん特典を用意している主なウォーターサーバーはこの3つです。

  • クリクラには「クリクラママプラン」
  • アクアクララには「ベビアクアプラン」
  • プレミアムウォーターには「プレミアムBabyクラブ」

基本的には通常プランよりも赤ちゃんプランの方が特典が付いているため料金も安くなります。

つまり、クリクラやアクアクララなどを検討されている方は通常プランよりも上記のプランを利用された方が安くなり経済的です。

赤ちゃん向けのウォーターサーバーで「安い」のはどれ?

では、赤ちゃん向けの安いウォーターサーバーはどれなのか比較してみます。

各社同じ条件の最安のプランで比較すると以下の表のようになります。

ウォーターサーバー名 年間の価格
クリクラママ ¥25,650
ベビアクアプラン(アクアスリム) ¥37,584
アルピナウォーター ¥37,716
クリクラ(サーバーL/S) ¥37,800
フレシャスslat ¥41,100
クリクラミオ ¥42,768
アクアクララ(アクアスリム) ¥44,064
プレミアムBabyクラブ(1セット) ¥45,600
コスモウォーター(Smartプラス) ¥48,600
フレシャスdewo mini ¥50,004
プレミアムウォーター(cado×PREMIUM WATER
ウォーターサーバー)
¥56,496
フレシャスdewo ¥61,956

*表の背景がピンク色のプランは「赤ちゃん向けプラン」

1位はクリクラの「クリクラママプラン」、2位はアクアクララの「ベビアクアプラン」(サーバーはアクアスリム)、3位はアルピナウォーター8ℓ(関東を除く本州の方のみ)となります。

安さで選ぶならば上記の3種類で選ばれれば良いですし、上記の価格を参考として他のウォーターサーバーを選ばれても構いません。

やはり全体的に赤ちゃん向けプランは各社とも「安い」傾向にありますから、お子さんが赤ちゃんの間は上記のプランを利用することをおすすめします。

赤ちゃんが使えるウォーターサーバーの安いものランキング

1位 クリクラママプラン

クリクラママプラン

クリクラママプランは最大水ボトル9本分の無料チケットをもらうことができます。

つまり、税込みで12,150円分が無料になりますから大変安い赤ちゃんプランだと言えます。

解約違約金は無料ですし、まず水ボトル3本が無料お試しができるのでそれから継続するかキャンセルするかを決めることもできることが実はクリクラのママさんに優しいおすすめポイントでもあります。

最大のネックは対象が妊婦から1歳未満のお子さんがいる家庭ということです。

つまり、クリクラママの特典は1年しか利用できないということが残念なポイントです。

ですから、赤ちゃんが3歳くらいになるまで特典を利用したいママさんはアクアクララのベビアクアプランやプレミアムBabyの方を選ばれると良いでしょう。

それでも、もともとクリクラは経済的な価格でもあるので赤ちゃんが1歳を超えても継続しても充分安いウォーターサーバーです。

【クリクラママ】無料お試しプログラムでは水ボトル3本分が2ヶ月間無料で利用できます。

公式HPでの無料お試しお申し込みは以下の画像からどうぞ。

当サイトでもクリクラママプランの詳細を解説しています。

クリクラママプランの詳細はこちら

2位 ベビアクアクララプラン

ベビーアクアプランのトップ画像

アクアクララのベビアクアプランもかなり経済的でお得です。

ベビアクアプランでは、最初の水ボトル3本分を1本分の価格で購入できます

また毎年ボトル5本分の無料チケットを配布しているので、妊婦からお子さんが3歳になるまで最大22本分が無料で利用できます。(価格にして¥28,512円相当が無料)

アクアクララはサポートが充実しているウォーターサーバーですから元々の値段も高めです。ですから、この割引価格で利用できるのは赤ちゃんがいる時期だけです。

同じアクアスリムサーバーを通常プランで利用すると、年間価格が¥44,064程なのでベビアクアプランよりも高くなります。つまり、赤ちゃんプランでなくなると安くなくなってしまうんですね。

そう考えると、経済面が気になるママさんは赤ちゃんプランから通常プランに変わる時にはもっと安いクリクラやアルピナなどに乗り換えると良いかもしれません。

それでもベビアクアプランは赤ちゃんのいる時期は安い値段で利用できますから、充分選んで良い赤ちゃんプランと言えます。

アクアクララのベビアクアプランの公式HPからのお申し込みは以下の画像から可能です。

当サイトでもベビアクアプランの詳細を解説しています。

ベビアクアプランの詳細はこちら

3位 アルピナウォーター(8ℓ本州の方)

アルピナウォーター

アルピナウォーターは北アルプスのピュアウォーターを扱っているウォーターサーバーです。

その中でも8ℓボトルで関東を除く本州在住の方は安く利用することができます。

本州でもアルピナウォーターの自社配送エリアの方は料金制度の関係で安く利用できないんですね。

アルピナウォーターは赤ちゃんプランがありませんが、アルピナウォーターを利用されているママさんやご家庭もたくさんあります。

アルピナウォーター8ℓタイプは使い捨てボトルでもあるので自宅に保管して返却する必要がありません。そういった点ではクリクラやアクアクララよりも使いやすいことには定評があります。

アルピナウォーターの公式HPからのお申し込みは以下の画像から可能です。



当サイトでもアルピナウォーターの詳細を解説しています。

アルピナウォーターの詳細はこちら

おまけ プレミアムBabyクラブ

プレミアムウォーターのプレミアムBabyクラブトップ画像

出典:https://premium-water.net/pbc

プレミアムBabyクラブはやや高額ですが、赤ちゃんプランであるため紹介します。

安さで言えばクリクラやアクアクララの赤ちゃんプランの方が安いことは間違いないでしょう。

しかし、もっともお得という観点ではプレミアムBabyクラブが1番です。

なぜなら、プレミアムBabyクラブで利用する「cadoサーバー」というウォーターサーバーは赤ちゃんプランは通常プランよりも割引特典が多く安くなるからです。

cadoプレミアムウォーターサーバー

出典:https://premium-water.net/products

「cadoサーバー」は通常プランでの利用で約5万6,000円ほどの費用がかかります。

しかし、プレミアムBabyクラブでは「水ボトル料金が1つ300円引き」「レンタル料金の割引」というママ向け特典があるので年間の値段は約4万5,000円ほどなのです。

プレミアムBabyクラブは、通常のcadoサーバーを使ったプランとの差額は約1万円です。さらにこのプランでは妊婦さんからお子さんが5歳になるまで利用できます。

つまり、5年間で見ると通常プランでcadoサーバーを利用するよりも5万円ほどお得になります。

赤ちゃんプラン自体の価格は高いのですが、ママさんが対象者でいる期間が長いため、企業が行なう値引き金額が大きくなるのはプレミアムBabyクラブが1番です。

つまり、年間の値段は安くはないけれど、通常プランよりもお得に利用できるという点ではプレミアムBabyクラブが1番ですということです。

どういうことかと言うと、実はプレミアムウォーターを使いたい人が1番安く利用できるプランがプレミアムBabyクラブなんですね。

ですから「プレミアムウォーターのカッコイイサーバーを使いたいなぁ」と思われているママさんは赤ちゃん向けプランを使った方がお得ですよ。

しかし、年間の価格は1番どれが安いかという観点で見ればクリクラです。そして、アクアクララが2番だと言えますね。

プレミアムBabyクラブの公式HPからのお申し込みは以下の画像から可能です。


当サイトでもプレミアムBabyクラブの詳細を解説しています。

プレミアムBabyクラブの詳細はこちら

赤ちゃんが子供に育つまで赤ちゃんプランを乗り換え利用する方法は?

各プランの年間の値段は上記のようになりますが、1つ注意して欲しいことがあります。

それは『各プランによって赤ちゃんの対象年齢が異なること』つまり、赤ちゃんプランの利用できる年数が異なることです。

各赤ちゃんプランの対象は以下の通りです。(2017年現在)

  • クリクラママ…妊婦から1歳未満のお子さんを持つ方
  • ベビアクアプラン…妊婦から3歳未満までのお子さんを持つ方
  • プレミアムBabyクラブ…妊婦または5歳以下のお子さんがいる家庭

つまり、クリクラは1年ほどしか利用できず、アクアクララやプレミアムBabyクラブは3歳や5歳まで利用できます。

ちょっとズルいと思うかもしれませんが、赤ちゃんプランで特典を利用したい場合は「特典プランが切れる頃に別のブランドの赤ちゃんプランに乗り換える」という方法もあります。

クリクラは1歳未満までなのでその後継続して利用する場合はクリクラママの料金ではなくクリクラの通常プランの料金になります。

しかし、赤ちゃんが1歳になる時にプレミアムウォーターのプレミアムBabyクラブに乗り換えれば、本来お高めのプレミアムウォーターを赤ちゃんプランの値段でお得に利用できます。

確かにクリクラからプレミアムウォーターに乗り換えると年間の価格は高めになりますが、一応こういった方法もあることを紹介しておきますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする