赤ちゃんのウォーターサーバーは「天然水」それとも「RO水」?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーのRO水と天然水は赤ちゃんに関係あるの?

「赤ちゃんにはRO水?天然水のどちらが良いの?」と思われるママさんはいませんか?

実はRO水も天然水もどちらでも赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りで利用できます!

RO水と天然水はどちらも赤ちゃんに利用できます!

赤ちゃんのミルク作りや離乳食作りなどではRO水でも天然水でもOKです。

RO水では代表的なメーカーにはクリクラやアクアクララがあり、天然水ではコスモウォーターやフレシャス、プレミアムウォーターなどのメーカーがあります。

すでに多くのママさんが利用されているように、どちらのタイプの水でも赤ちゃんに利用することができます。

粉ミルクにはミネラル分が含まれていますが、ウォーターサーバーのRO水・天然水は軟水であるため、この粉ミルクのミネラル分のバランスを崩すことなく使うことができます。

RO水は人工的に作られるためミネラル分は安定している

RO水は水道水や地下水等を非常に細かな膜で濾過した後に一定のミネラル分が添加されて作られます。

そのため水に含まれるミネラル分についてはそれぞれのボトルで大きな変動は起こりにくいと言えます。

ですから、赤ちゃんのミルクを作る時にもミネラル分のバランスを心配することなく作ることができます。

天然水はミネラル分にやや変動があるのでは?

天然水は地下水から採水しています。人工的なRO水とは異なり、天然の水です。

そのため多少のミネラル分の変動はあります。つまり、毎回同じということはなく、企業が公表しているミネラル分の成分値前後で変動するということです。

しかし、だからといって軟水の天然水がいきなり硬水になることはないでしょう。そういった場合は企業も天然水の発送を一時停止させるはずです。これは赤ちゃんのミルク作りで使われている家庭も多いからです。

覚えておいてもらいたいことは天然水は自然の水であるため、ミネラル分には多少の変動があるということです。

天然水とRO水による違いで考えられることは?

こちらについては「赤ちゃんのミルク作り」という観点からは大きな違いはありません

1つ心配なことは天然水は災害に弱いことです。天然水はRO水のように製造場所を選べません。

RO水は工場設備があればどこでも製造できますが(現に代理店が各地にあります)、天然水は採水地が固定されているので災害などにより天然水の供給に影響が出ることが考えられます。

たとえば、地震です。大きな地震で採水工場(製造工場)に大きな影響が出ると供給がストップする可能生があります。

多数の採水地を持っているウォーターサーバー企業では水ボトルの融通が可能ですが、1カ所しかない企業では少し致命的です。ウォーターサーバーは業界的にOEMが多いので、1カ所で多数のブランドを扱っていることもあります。

こうなると一時水ボトルの供給がストップされ、ウォーターサーバーの利用に影響が出ることも有り得ます。

一方、RO水(クリクラの場合)はブランド加盟店と販売加盟店があり、ブランド加盟店にはプラント(水ボトルの製造工場)があります。つまり、RO水は全国各地の代理店が製造し販売しています。

そういった意味ではRO水の方が天然水よりも供給面では安心できる可能生があります。これは仕様(水ボトルのサイズなど)が同じなので、いざという時に各地で融通しやすいからですね。

まずこういった大災害も滅多に起きませんが、RO水と天然水ではやや製造場所や代理店の有無による違いがあることを覚えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする