ウォーターサーバーの申し込みはネットが良い?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申し込み方法にはどんな方法がある?

ウォーターサーバーのお申し込み方法には『ネット申し込み』『資料請求での申し込み』『ショッピングモール』が中心です。ウォーターサーバー企業のフレシャスは、auと資本提携をしたのでauショップ等で携帯電話ユーザーにフレシャスを勧めているということもあります。

だいたいの申し込みの機会は上記の3種類です。もっともおすすめはネット申し込みです。現在はこれが主流で、情報もネットで収集する方が効率的です。

『ネット申し込み』と『資料請求』と『ショッピングモールでの申し込み』を比較

ネット申し込みと資料請求、ショッピングモールでの申し込みを比較すると、どれがユーザーの方に『得か』と言うと、ネット申し込みの方がお得です!

申し込み方法 メリット デメリット
web(ネット)
  • 比較した上で1番良いウォーターサーバーを選べる
  • キャンペーンが豊富
  • 全うな比較サイトを利用しないと餌食になる
資料請求
  • ホームページで見逃しやすい箇所を見つけられる
  • 手間と時間がかかる
ショッピングモール
  • 実際に利用してみて契約することができる
  • ユーザーにピッタリなウォーターサーバーを選べない
  • 販売員がウォーターサーバーのことを理解していない可能性がある
  • 説明が不足していることがあり、後々トラブルに発展しやすい

webでは最新のキャンペーンなどを掲載できるため新しい情報がいち早く更新されます。資料請求申し込みだと、申し込んだ後に新しいキャンペーンが始まっていたということもありますから、最新の情報をネットで見た方が良いです。

またwebでは比較できることも最大の魅力です。ウォーターサーバーと聞くとCMで見たことがある企業をイメージしますが、ネットで調べるとそれ以上の企業がウォーターサーバー事業を行なっていることがわかります。それらを調査すれば、本当に安いもの・衛生面で安心なものを選ぶことができます。これはネット申し込みの魅力です。

資料請求は、ネットが普及した現在はそれほどメリットがありません。資料請求とネット申し込みには、キャンペーン内容の大きな違いは基本的にありません。2017年2月のサントリーウォーターサーバーでのキャンペーンでは、ネット申し込みと資料請求のキャンペーン内容は一緒でした。

それならば、手間もかからず時間も早いネット申し込みの方が楽です。

『ショッピングモールでの申し込み』はおすすめできません。イオン等のショッピングモールでの展示は確かに実際に水を飲めることやウォーターサーバーを触ったり、稼働音を聞くことができるので実感が沸きやすいと思います。

しかし、これの最大の欠点はウォーターサーバーを比較することができないんですね。今はウォーターサーバーも100社近く存在します。それぞれ特性があり、天然水を扱ったものやRO水のもの、安いものや実は割高なものなど様々です。ですから、ショッピングモールで契約をすると後でウォーターサーバーを調べてから「やはりこっちが良かった」など後悔をすることがあります。それも当然で、本当に良いウォーターサーバーはショッピングモールなどで宣伝はしませんので、webなどの宣伝に力を入れています。

また販売員から全ての情報を聞き出せないという危険性があります。実は解約違約金が必要なことを聞かされていないなどのトラブルに巻き込まれやすいだけでなく、ユーザーが質問しない内容は教えてくれないという可能性があります。ユーザーの方はウォーターサーバーのことを詳しく知りませんから、誰かが教えてあげないといけません。その上で生じた疑問をユーザーが質問して、販売員が答える形で理解を進める必要があるんです。最初はユーザーの方はウォーターサーバーの知識は真っ白ですから。

ウォーターサーバーは比較する要素や知っておかないといけない情報が多々あります。こういった情報をユーザーに提示して、契約の有無を選択させてくれる販売店であれば良いのですが、そういった販売店も少ないかもしれません。ショッピングモールなどでの展示は数が取れればいいわけですから、ユーザーの方も深く理解をすることもなく契約してしまって、後々解約するケースも多く有ります。ウォーターサーバーは衝動買いには向いていない商品ですから、ショッピングモールなどの展示・体験で契約することはおすすめできません。

どちらもキャンペーン内容は一緒ですから、ネットでサクッと申し込む方がやはり楽で早いです。

資料請求の方が情報を得られるわけではない。

資料請求の方が良い情報が得られるわけではありません。実際に資料請求をしてみましたが、掲載されている情報はホームページで得られるものがほとんどでした。

これならば、ネットの方が詳細な情報を得られます。実際に使ってみた方のレビューや口コミも見られるためネットの方が信用できます。

資料請求では、企業の悪いところが掲載されていません。自ら不都合な情報を掲載する企業って少ないんですね、ですから、資料請求をしてもヨイショ記事しか見ることができないので、資料はおすすめしません。どちらかと言えば、ユーザーの方はウォーターサーバーの良い点や悪い点を知った上で選択して決めたいですからね。

やはり、ネット申し込みの方が『早く』て『楽』!

資料請求をすると名前を書いて、住所を記入して、郵便番号を書いて….封筒に入れて、郵便ポストに投函しないといけません。

その封筒が企業に到着して開封されるまでの長いと3日〜5日近く掛かるのではないでしょうか。この時間などを考えれば、ネットでの申し込みの方が『一瞬』で終わります!(笑)

ネットの方が楽ですから、現在は資料請求をして申し込みをするメリットはありません。ネットからサクッと行ないましょう。