ウォーターサーバーが故障した時の基本的な対処方法とよくある原因

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結論ですが、読者の方に伝えたい3つのことを先にまとめます。

ウォーターサーバーの故障時のポイント

故障を起こした場合の基本的な対処方法

取扱説明書を読む

ウォーターサーバーに異常があった時はまず「取扱説明書」を確認して下さい。「取扱説明書」はサーバーが届いた時に一緒に貰っているはずです。

ウォーターサーバーの故障によっては利用者で解決できるものやすぐに対処をして欲しいもの(電源を切るなど)があります。

それを確認するためにまず取扱説明書を見る必要があるわけです。

ウォーターサーバー企業へ連絡を入れる

取扱説明書を読んでウォーターサーバー企業へ連絡を入れる必要がある場合は電話連絡をしてください。

特に電話連絡を入れる場合では、サーバー交換の必要があるレベルですから場合によっては本体を取り替えないといけません。

以下に一部のウォーターサーバー企業の連絡先をまとめていますから必要な方は参考にして下さい。

【解約時に知っておきたい】各ウォーターサーバーの連絡先一覧
ウォーターサーバーを解約・問い合わせをしたいと思った時の連絡先をまとめています。 一部の企業での連絡先は見つからなかったので未...

故障の可能性がある例

以下では考えられる原因としていくつか紹介します。

各サーバーによって仕様が異なりますから『取扱説明書』を確認することを第一としてください。

水が出ない

ウォーターサーバーをセットしても水が出ないことがあります。

原因として考えられることと対処方法については

  • 水ボトルの水がない→水ボトルの交換をします
  • チャイルドロックがかかっている→チャイルドロックを解除します
  • 電源が入っていない→電源を入れる必要があります。
  • メンテナンスシステムの作動中→メンテナンスシステムが終了するまで待ちます。

です。

サーバーによって仕様が異なることがあるため取扱説明書をまず読んでそれでも解決しない場合は問い合わせをしてみてください。

水漏れをした

水漏れは故障です。ウォーターサーバーの基本的な仕様に水漏れをするということはありませんから、この場合はサーバー交換になることが多いです。

注意点は漏電です。ウォーターサーバーの本体は電化製品で、コンセントから電源を取っています。

また、火傷にも気をつけて下さい。漏れた水が温水の場合は80℃近くありますから、そのまま触ると火傷します。直接手で触れることはせずに。ユーザーの方は

原因として考えられる代表的なことは

  • ボトルの損傷→ボトルを新しいものに交換
  • 故障サインが点灯している→問い合わせが必要

です。

サーバーによって仕様が異なることがあるため取扱説明書をまず読んでそれでも解決しない場合は問い合わせをしてみてください。水漏れは感電などの危険性もあるため取り扱いに注意してください。

水や温水が出ない

まず水ボトルが正しくセッティングされているか確認して下さい。正しくセットされていない場合は再度セッティングします。

またサーバーの取り付けが正しいかも確認する必要があり、電源が正しく入っているか、サーバー本体裏のボタンも確認します。

原因として考えられることは

  • ボトルの接続不備→ボトルが正しく接続されているか確認
  • 故障のサインが点灯している→問い合わせをしてサーバー交換

などがあります。

温水がぬるい

ウォーターサーバーは水ボトルを設置してすぐに温水が出る事はありません。

原因として考えられることは

  • 加熱時間不足→時間を置く
  • 放熱部分に埃が溜まっている→背面放熱部分(黒い金網部分)の掃除

ウォーターサーバーは内部の構造上、温水タンクに入った水が加熱されるため温度が上昇するまで時間が必要です。

大体15~20分ほどの時間が必要ですから温水が出るまで時間を置いてみましょう。

利用者にとって残念ですが、故障しても解約する時には違約金を支払う必要がある

ウォーターサーバーが故障して嫌になって解約したいユーザーの方もいると思います。しかし、ここで注意して欲しいことは故障による解約でも解約違約金が必要になることです。

基本的に故障や製品の不具合があった場合、企業としてはサーバー交換を無償で行なってくれます。ユーザーの負担はありません。

しかし、この場合で解約をする時には解約違約金を支払う必要が出てきます。

例えば、コスモウォーターの口コミでは、故障して仕方なく本部に連絡し、サーバー交換をしたがそのサーバーも故障していたため解約を申し出たところ解約違約金を請求された、とあります。ウォーターサーバーの解約違約金は利用規約で規定されており、契約規定期間未満の場合に請求されます。

この場合はサーバーの故障が原因ですが、利用規約で定められた規定期間未満の利用にあたるため解約違約金の支払いが必要になります。ユーザーの方は故障して頭に来るのも当然ですが、解約違約金は支払って下さい!と企業から催促され、それを断ると強制解約などにされてしまいます。

私は故障を繰り返してユーザーの方が解約を申請した時くらいは無償で解約させるべきだと思います。ワンウェイタイプもサーバー輸送費がかかることはわかりますが、もともと不良品を送りつけたのは企業の方ですからね。

最後に

ウォーターサーバーは電化製品ですから個人で全てを判断せずにまずは取扱説明書を読んで対処してください。

その後必要があれば本部へ連絡してサーバー交換などの手続きを取る必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする