ウォーターサーバーに限らず「満足度」は信用できない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの満足度調査は信憑性があるかのかといえば「必ずしも信憑性があるとは言えない」が正しいでしょう。

これはウォーターサーバー以外も同じで、多くの方が利用する「サプリメント」「自動車」「スマホ」などの満足度にも当てはまります。

なぜ信憑性がないのかと言えば、満足度は「その製品の善し悪しではなく、利用者の主観に大きく影響される」からです。

つまり、利用者の属性や性格などによって満足度は大きく左右されるので、その製品の善し悪しが必ずしも反映された満足度になるわけではありません。

例えば、健康などの意識が高く、毎日天然水を飲んでいた方はウォーターサーバーを注文された時にその良さが分かってくれるでしょう。

これは「水に対する意識が高い」ため、理解できる素養があるとも言えます。

しかし、「水なんて何でも一緒。天然水も水道水も同じだ!」と思う方にとってはウォーターサーバーを利用しても「いらないな」と思われてしまいます。

つまり、同じ製品を使っても「利用者がどんな人であるか」という属性がその製品の満足度を決定します。

上記の例では「素養」でしたが、他にも要素としては「怒りっぽい人なのか(すぐ解約しやすい)」「厳しい人なのか(主張が強い)」などが満足度に対して反映されます。

そうなると良い商品でも誰が使うかによって満足度や口コミも大きく変わってきます。

宅配をしてくれれば満足な人にとってはメンテナンスの無いウォーターサーバーでも満足ですし、天然水の価格は安くさらに毎年無料でメンテナンスをしてさらにサーバーのデザインがカッコイイ物を求めている方にとっては満足できるウォーターサーバーというのは少ないのです。

ですから、多くの人が満足したからその製品は良いとは言い切れません。あくまでも満足している方が多いということです。

では、何を元にその商品の善し悪しが決まるのかといえば、やはり各製品を比較してみることです。

満足度は利用者の主観や属性に大きく左右されるので、項目を選出してそれぞれのウォーターサーバーを比較することが懸命です。

比較をすると客観的なデータがわかりますから、それを元に決められるのが良いと思います。

もちろんそのデータについて「安い」や「高い」「ダサイ」「オシャレ」など感想を持つことは自由です。ここで重要なことは一度主観ではなく客観的に見ることです。

そして、ここから大事なことはウォーターサーバーを選ばれる方が「何を大事にするのか(何を基準に選ぶのか)」ということです。

これがわかっていれば、比較サイトを見て自身の希望に合うウォーターサーバーを選ぶだけですね。

しかし、まだ問題があり「何を大事にするのか(何を基準に選ぶのか)」ということは非常に難しいです。ウォーターサーバーを今選ぼうとしている方は「何を基準に選べばいいか」がわからないからです。

これはどの分野でも起こっており、「お医者さんは医学に詳しいが車には無知」というように、素人の方は専門分野において適切な判断を下せないという問題なのです。

ちなみに私は「サーバー交換のメンテナンス」と「価格」でおすすめなどを紹介しています。

満足度などによるランキングも念のために紹介したいを思います。

この記事で言いたいことは、「満足度は必ずしも参考にはならない」ということです。満足度の高い製品を使えば誰でも満足するということではなく、利用者に聞くと満足している方が多いということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする