【乗り換えキャンペーン】で解約違約金を相殺!ウォーターサーバーを損しないで解約する方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの乗り換えについてのまとめ

『ウォーターサーバー会社の対応が悪いから乗り換えたい!』と思われている方は以下の方法をご利用されることをおすすめします。

『乗り換え割り』では、解約金を相殺、または実質減額して新しいウォーターサーバーに乗り換えられますから、「他のウォーターサーバーを使いたい!」と考える方にとっては朗報です。

ウォーターサーバー企業の対応というのは、企業によって違います!

特にワンウェイタイプは評判があまり良くないため、「頭に来たから乗り換えたい!けど、解約違約金の支払いはどうしよう…」というユーザーの方もいると思います。

そういった企業は基本的に変わらないので、乗り換え割りキャンペーンを利用して解約違約金を相殺または減額すると良いでしょう。

乗り換え割りを実施しているウォーターサーバー比較

ウォーターサーバー業界もまるで「携帯会社」のようになってきましたね。(笑)現在は競争が熾烈になり、各社顧客の獲得に必至になっています。ライバル社の顧客を獲得しようとする企業もあり、ますます熾烈になりそうです。

実は乗り換割りを実施しているウォーターサーバー会社もあります。以下のウォーターサーバーは乗り換えを実施しています。

ウォーターサーバー名 特典 期間
サントリーウォーターサーバー 天然水2箱+JCBギフト券4,000円分
プレミアムウォーター 他社解約違約金を最大16,000円キャッシュバック
コスモウォーター 乗り換え全員に現金5,000円キャッシュバック 2017年10月1日まで
フレシャス 他社解約違約金を最大16,200円キャッシュバック&保冷バッグ 2017年10月29日まで
アルピナウォーター 12ℓボトル4本プレゼント,7,000円キャッシュバック 2017年10月2日まで
クリクラ VISAギフトカード5,000円分+クリクラ12ℓボトル2本 2017年7月31日まで

これは解約違約金を負担してくれたり、キャッシュバックすることで乗り換えを促すサービスです。ユーザーの方はただ解約するよりも新しいサーバーに乗り換える方が解約金を乗り換え特典で埋めることができますから、この制度を取り入れているウォーターサーバーを利用すると良いでしょう。

ウォーターサーバーの「乗り換えキャンペーン」での注意点

乗り換えの「対象企業」が決まっていることに注意

対象とならない企業もあります。以下の比較表にまとめてみました。

乗り換え実施企業 対象企業 対象外企業
プレミアムウォーター 右記以外
  • ウォーターワン
  • うるのん
  • iDEAL WATER
  • クリティア
  • 日本の山水
  • 日美水
  • 日本の天然水 和-nagomi-
コスモウォーター
  • アクアクララ
  • アルピナウォーター
  • うるのん
  • キリン
  • クリクラ
  • クリティア
  • サントリー
  • ハワイウォーター
  • 富士の湧水
  • フレシャス
左記以外は要問い合わせ
フレシャス 右記以外
  • なちゅみず本舗
  • AQUWISH
  • ダイワハウスグループ「Emisui」
  • フレシャス
  • フジヤマウォータ
  • ロハスタイル「LOHASUI」
アルピナウォーター 他社サーバーの利用がお試し期間、短期契約(6ヶ月未満)の場合

上記のサーバーへの乗り換えを検討している方は「現在利用してるウォーターサーバーが乗り換えキャンペーンの対象かどうか」を確認しましょう。

乗り換えキャンペーン対象外の場合は「乗り換えキャンペーン」を利用することができません。

いづれにしても対象外のウォーターサーバー企業を利用している場合は乗り換えの特典が利用できないことを覚えておきましょう。

乗り換えキャンペーンは新規の利用者が対象になるため、過去に1度でも利用したウォーターサーバーは適用外

乗り換えキャンペーンで注意して欲しいことは「過去に乗り換え先のウォーターサーバーを利用していた場合はキャンペーン適用外」になることです。

これは乗り換えキャンペーンを何度も利用することなどを防止するための措置で、利用者としては以前に乗り換え先のウォーターサーバーを利用していた場合はキャンペーンを利用できません。

ですから、乗り換え先を検討するときには初めて利用するウォーターサーバーを選ぶ方がキャンペーンが適用されるのでお得です。必ずキャンペーンが適用されるものを選びましょう。

ちなみにフレシャスの場合は以前に利用した場合でも半年以上経過していれば乗り換えキャンペーンの利用が可能です。ホームページには以下のように記載があります。

※過去半年以内に当社とご契約していただいていた場合はキャンペーン対象外となります。引用元:https://www.frecious.jp/campaign/norikae/

フレシャスではこの半年以上経過していればキャンペーンは適用対象となるわけですね。

フレシャス以外ではまず過去の利用有無が乗り換えキャンペーンの適用に影響しますから覚えておきましょう。

「解約違約金が発生しないと利用できない乗り換えキャンペーン」と「全員貰えるキャンペーン」をしっかり分けて覚える!

『解約違約金が発生しないとキャッシュバックなどをしてもらえないキャンペーン』と『乗り換えれば全員もらえるキャンペーン』の2種類があるということに注意してください。

つまり、『解約違約金が発生しないと乗り換え特典が貰えないキャンペーン』と『乗り換えれば全員特典がもらえるキャンペーン』があるということです。

少し細かい情報ですが、解約違約金が無いとキャンペーンを利用できないユーザーと乗り換えれば特典がもらえるユーザーなのかをチェックする必要があります。

ホームページの情報を参考に分類をしてみますと、

乗り換え前のウォーターサーバーで解約違約金が必要か 全員貰えるか
プレミアムウォーター
フレシャス
コスモウォーター ×
サントリー ×
アルピナウォーター ×
クリクラ ×

となります。

全員貰えるキャンペーンは解約違約金の有無に関わらず適用されますから乗り換えをした方全員がもらえる特典です。

一方、プレミアムウォーターとフレシャスは乗り換えキャンペーンの利用の際に【解約手数料(違約金)の証明】となる書類が必要になりますので、乗り換えした全員が貰えるキャンペーンではなく解約違約金が必要になります。

プレミアムウォーターでは乗り換えキャンペーンのページに以下のように記載されています。

※郵送でのお申込みの場合は、プレミアムウォーター初回お届け予定日から90日以内に他社サービスの 【解約手数料(違約金)・契約名義・日付が記載されている『お支払い明細のコピー』】と 【乗り換えキャッシュバックプレゼント申込書】の2つの提出が必要となります。
Webでのお申込みの場合はお客様ページ内にある乗り換えキャッシュバックプレゼント専用申込みフォームに【解約手数料(違約金)・契約名義・日付が記載されている『支払い明細の原本またはコピー』】を携帯で撮影したり、 スキャンした画像を添付してご応募ください。引用元:https://premium-water.net/cp-info/norikae

フレシャスでは乗り換えキャンペーンのページに以下のように記載されています。

※他社の宅配サービスの解約金額が記載されている「領収書」「ご利用明細書」「解約証明書」、または解約手数料の金額が明示されている書類の原本またはコピーを弊社宛てに送付、もしくは専用フォームに添付してご応募してください。(お送りいただいた原本の返却はできませんので予めご了承ください。)
※「解約」等の文言、「ご解約金額」が記載されていないものは対象外となります。引用元:https://www.frecious.jp/campaign/norikae/

つまり、解約違約金の証明が必要になるため解約違約金が発生しない方はプレミアムウォーターやフレシャスの乗り換えキャンペーンはご利用できません。

解約違約金が発生しない方でプレミアムウォーターやフレシャスを利用したい場合は新規利用者のキャンペーンを利用することになります。

一方、全員もらえる乗り換えキャンペーンを実施している企業では解約違約金の有無に関わらず応募することができます。そのため解約違約金が有るからといって解約違約金が必要な乗り換えキャンペーンを実施している企業(プレミアムウォーターやフレシャス)を使わないといけないわけではありません。

整理すると以下のようになります。

タイプ 利用できる乗り換えキャンペーン
解約違約金が有る方
  • プレミアムウォーター
  • フレシャス
  • サントリー
  • クリクラ
  • アルピナウォーター
  • コスモウォーター
解約違約金が無い方
  • サントリー
  • クリクラ
  • アルピナウォーター
  • コスモウォーター

上記のようにプレミアムウォーターとフレシャスは解約違約金がある方しか利用できませんが、解約違約金があっても他社の乗り換えキャンペーンは利用することができます。

解約違約金がある方はプレミアムウォーターやフレシャスのような「解約違約金を必要とするキャンペーン」や「全員が特典を貰える乗り換えキャンペーン」のどちらか利用できることを覚えておきましょう。

じゃあ、1番お得な乗り換えキャンペーンは?

結局どの乗り換えキャンペーンがお得なのか整理してみると以下のようになります。以下の表の左欄が解約違約金のある方のみが利用できる乗り換えキャンペーンで右欄が誰でも利用できる乗り換えキャンペーンです。

解約違約金がある方 解約違約金がない方
  • 1位 フレシャスまたはプレミアムウォーターの乗り換えキャンペーン

*以下の順位は右記と同じ

  • 1位 アルピナウォーター
  • 2位 クリクラ
  • 3位 サントリー
  • 4位 コスモウォーター

解約違約金がある場合は「フレシャス」「プレミアムウォーター」がお得です。両社キャッシュバック金額が最大16,000円(フレシャスは最大16,200円+保冷バッグ)ですから大きな差はありません。解約違約金がある方はこの2社のどちらを選ばれてもお得です。

以下の表は誰でも利用できる乗り換えキャンペーンのお得度を示した表です。

サーバー名 特典 水ボトル現金換算 合計
アルピナウォーター 7,000円キャッシュバック (12ℓボトル×4本)

1,024円×4=4,096円

11,096円
クリクラ VISAギフト券5,000円分 (12ℓボトル×2本)

1,350円×2=2,700円

7,700円
サントリー JCBギフト券4,000円分 (7.8ℓボトル×2箱)

1,242円×2=2,484円

6,484円
コスモウォーター 5,000円キャッシュバック × 5,000円

上記のように「アルピナウォーター」が1番お得です。次にクリクラと続いて行きます。

そのため解約違約金が発生せずに乗り換えを検討している方は「アルピナウォーター」が1番お得になると覚えておきましょう。

ウォーターサーバーの「乗り換えキャンペーン」で必要な手続きと注意点

コスモウォーターの場合

以下の図はコスモウォーターのキャンペーンの申し込み方法です。

コスモウォーターの乗り換え手続き

上記の図の手順に従ってください。そして、以下の「キャンペーンコード」を入力します。

コスモウォーターの乗り換えキャンペーンコード

上記のキャンペーンコードを【申し込み】画面に入力します。このキャンペーンコードの入力は絶対に忘れないで下さい。

コスモウォーターのキャンペーンコード入力欄

「キャンペーン特典申請書」が郵送されたら、書類に内容を記載して他社ウォーターサーバーの「利用証明書」を同封して返送します。「利用証明書」としては以下のいづれかの書類が必要です。

フレシャスの解約ステップ■納品書
■請求書
■支払明細控え
■送り状控え
■引落日明記の通帳(コピー)
■クレジット支払い明細書(コピー)
■チケット購入領収書
■引上証明書

上記の書類で以下の3点全てを満たす必要があります。

① コスモウォーターご契約者(またはご利用者)名が記載されているもの(同姓同名)に限ります。
② 他社の会社名または商品名、日付が記載されているものに限ります。
③ 初回お届け日から3ヶ月以内の日付が記載されている。

引用元:http://www.cosmowater.com/campaign/norikae.html

キャッシュバック受け取りまでの流れは以下のようになります。2回の定期配送後(目安3ヶ月後)にメールが配信されます。メール配信から14日間以内に手続きを完了させる必要があります。

コスモウォーターの乗り換え受け取りの流れ

コスモウォーターはやや特典の受け取りが大変ですね。

手続き自体は簡単ですが、メール配信が3ヶ月くらいかかるので忘れないようにしないと特典を受け取れなくなってしまいます。

一応公式ページを貼っておきますから、コスモウォーターを利用されたい方やわからない方は参考にして下さい。

http://www.cosmowater.com/campaign/norikae.html

フレシャスの場合

以下はフレシャスへの乗り換え方法です。

フレシャスの解約ステップ

特に注意して欲しいことは

  1. 注文時に「乗り換えキャンペーン欄」にチェックを入れる
  2. 解約した他社サーバーの領収書(解約違約金が記載されていること)を発行してもらう

まず申し込みページで「乗り換えキャンペーン」という項目がありますから、そこにチェックを入れる必要があります。

以下の画像のように見逃しやすい場所にあるため忘れないで下さい。

フレシャスの乗り換えキャンペーンチェック欄

そして他社ウォーターサーバーを解約した際には解約違約金が記載された証明書を発行してもらいましょう。これを使ってフレシャスのマイページ(登録後利用可能)からまたは郵送での申請をします。

特に忘れがちな必要な注意点は

  • 解約等の文言と日付、他社製品名が記載されていること
  • 新規お申し込みから90日以内に指定の書類を送ること
  • 入金前に解約している場合はキャッシュバックなし

という点です。

やや注意点も多いので気になる方は公式HPの注意事項を参考にして下さい。

URL:https://www.frecious.jp/campaign/norikae/

プレミアムウォーターサーバーの場合

以下はプレミアムウォーターの乗り換えキャッシュバックの手順です。

プレミアムウォーターの乗り換え手続き

申し込み時には以下の項目「乗り換えキャッシュバックプレゼント」のチェック欄にチェックを入れて下さい。(以下の画像ではチェックが入っていません)

プレミアムウォーターの乗り換えキャンペーンのチェック欄

そして、利用中のウォーターサーバーを解約します。

そしてプレミアムウォーターへ「クレジットカードの支払い明細コピー」を専用フォームに添付します。

注意点としては「解約手数料(違約金)・契約名義・日付が記載されている支払い明細」とキャッシュバック申し込み書が90日以内に本部に到着させることが必要な点です。

また、プレミアムウォーターの場合は契約後に契約期間内に解約した場合はキャッシュバック金額の返金が必要です。

[ご解約について]

※新規ご契約後、契約期間内に解約をされた場合はキャッシュバックした金額を返金請求させていただきますので予めご了承ください。引用元:https://premium-water.net/cp-info/norikae

これはあまり紹介されていない、かなり重要なことですから絶対に覚えておきましょう。

一応以下にURLを添付しておきます。

URL:https://premium-water.net/cp-info/norikae

サントリーウォーターサーバーの場合

サントリーウォーターサーバーは結構手続きが簡単です。申し込み時に「キャンペーンコード」を入力して解約証明書を送付します。

サントリーウォーターサーバーの乗り換え手続き

以下のコードが「乗り換えキャンペーンコード」です。

サントリーウォーターサーバーの乗り換え手続きコード

上記の乗り換えキャンペーンコードを以下の画像のように申し込み時に入力します。

サントリーウォーターサーバーの乗り換えコード入力欄

そして、申し込み後に証明書を送付します。送付に関しては以下の注意点があります。

お申込み後、別送させていただく返信用封筒にて、他社のウォーターサーバーのご利用状況がわかる証明書 (※)(配送伝票・納品書・領収書・請求書・クレジットカード明細のいずれか)の、原本またはコピーを当社まで送付ください。
・コピーをいただけない場合は、特典を発送いたしかねますので、ご注意ください。
※サーバー設置日からさかのぼって90日以内のものとさせていただきます。
※他社の会社名または商品名、日付が明記されているものとさせていただきます。引用元:http://www.suntoryws.com/cp/norikae/?top=fv02

サントリーウォーターサーバーは比較的手続きが簡単ですね。一応公式URLを貼っておきますので参考にどうぞ。

URL:http://www.suntoryws.com/cp/norikae/?top=fv02

クリクラの乗り換えキャンペーン(*現在はありません)

クリクラの注意点としては

・本キャンペーンによるクリクラのご契約は、契約期間を2年間とさせていただきます。 契約後2年以内にサーバーの引上げを行う場合、1台に付きサーバー回収手数料8,000円(税別) をお支払い頂きます。引用元:http://www.crecla.jp/norikaeru17/

と本来は解約違約金無料のクリクラが2年間の契約縛りになってしまいます。つまり、2年以内の解約では違約金が発生します。

これは本来は解約違約金が無料だということを考えると少し戸惑ってしまいますね。

一応URLを添付しておきます。URL:http://www.crecla.jp/norikaeru17/

アルピナウォーターの場合

アルピナウォーターも注意点が多々あります。条件としては「新規の方でWEBからのお申込みの方で他社からの乗換え場合」です。

必要なものとしては

  • 他社ウォーターサーバー会社様申込書コピー

が必要になります。

必要書類はウォーターサーバー設置後の2か月後くらいに郵送されてきますから、必要事項を記入して返送します。

以下の公式HPを参考にしてください。

URL:http://www.alpina-water.jp/campaign/norikae.html

最後に

もしユーザーの方がウォーターサーバーを解約したい時は『乗り換え』が1番お得な方法です。新しいまともな対応をしてくれる企業と契約して、解約違約金が不要になる期間まで利用してから解約するという方法を取ると良いはずです。