ウォーターサーバーのデメリットは「解約金」「お湯での火傷」「ボトルの消費期限」など!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーは実はデメリットもたくさんあり、導入してから初めて気がついたことやトラブルになりやすいこともあります。

以下は問題になりやすいデメリットを紹介していますので、参考にしてください。

【無駄金】ウォーターサーバーの解約違約金が必要な会社がある。無料〜数万円と幅広い。

ウォーターサーバーの解約トラブルで最も多い事例と言えます。

ウォーターサーバー会社のホームページを見ると、小さな字で「2年未満の解約では違約金○○円を頂戴します」のような文言が記載されていることがあります。

こういうのを『解約違約金』と言います。

「こんな小さい字じゃわからないじゃないか!」と思う方、仰る通りです。

あれはちょっと業界としてヒドいですね。ほとんどのユーザーは細かなところを読まないで契約してしまうこともありますから、後の祭り状態になってしまいます。

また、解約についてもあり、何年未満ではなく、更新月という制度を取っているところもあります。

契約した月を「更新月」として「更新月」に解約をした場合は、解約金が不要ですが、それ以降は解約金が必要になり、更新月まで待たないと解約違約金が発生するという仕組みです。

ユーザーとしては、「更新月」って忘れやすいんですよね、ですから、「解約金が必要ならまだ使うか」とズルズルと使ってしまう傾向にあります。

しかし、現在、ウォーターサーバーには『解約違約金』を設定していない会社があります。

例えば、クリクラは解約金がないウォーターサーバー会社です。

ユーザーの方はウォーターサーバー業界がこういったトラブルが多いことと、できるだけユーザーに優しい優良なウォーターサーバー会社を選ぶようにして下さい。

解約違約金については『利用規約』や『ホームページのよくある質問』などで記載されています。

注文したいウォーターサーバー会社があれば、解約金があるのかを確かめて下さい。

特に初めてウォーターサーバーを注文する方は、解約してしまう方も多くいらっしゃいます。

解約金が必要になる期間とその金額が払っても良い金額かチェックして下さい。

ウォーターサーバーの解約金を比較!解約金なしのオススメも解説!
ウォーターサーバーには解約違約金があることを知っておきましょう! ウォーターサーバーを解約する時には「解約違約金」が必要です。 これ...

また「ちょっと裏技」ですが、ウォーターサーバーの解約違約金を0円にする方法もあります。

ウォーターサーバーを乗り換えるという方法で乗り換え先の企業が解約違約金をキャッシュバックしてくれるというものです。

すでに契約されている方は「ウォーターサーバーの乗り換え」も検討してみてはいかがでしょう。

【手間】長期不在の場合、ウォーターサーバー会社に届け出をすることが必要

長期の旅行等で自宅にいない場合、ウォーターサーバー会社に届け出をすることが必要です。

届け出をしないと水の配達はされるので、宅配業者・リターナブルタイプ(ガロンボトルタイプ)の両方でも代金を支払うことになります。

実は他にも注意して欲しいことは、届け出をしないと違約金を取る会社もあることです。

ホームページのはじっこの誰も見ない所に小さな字で記載されていることもありますから、気がつかない人もいるはずです。

例えば、サントリーでは直近2カ月の間に水の購入が無い場合はサーバー1台あたり月額1,000円が必要になることがホームページのよくある質問ページに明記されています。

このようにウォーターサーバー会社によっては一時停止や休止の連絡をしないといけませんし、連絡をしても期間によっては代金を支払う必要がある会社もあります。

そのため仕事で長期出張が多い方や自宅を空ける機会の多い方にはメリットよりもデメリットの方がより強く感じられるかと思います。

【火傷】子供がチャイルドロックを解除すると、火傷をする可能性がある

ウォーターサーバーにはチャイルドロックが付いていますが、毎年数件の児童や乳幼児の火傷事故が起きています。

火傷事故の原因も様々で、乳幼児のイタズラが原因であったり、サーバーの構造上の問題であったりと様々です。

こういった事故が有ったことで、経済産業省は事故防止予防へ調査・対策を進めています。

興味が有る方は以下のURLもどうぞ。

URL:ウォーターサーバーのチャイルドロックに関する事故防止策の検討及び取りまとめ 平成27年4月 経済産業省製品安全課

小さなお子さんがいる家庭では、安全な利用をしないと火傷をしてしまう可能性があります。

赤ちゃんや小さなお子さんがいる家庭では、ウォーターサーバーを設置した際に赤ちゃんが近づかないように火傷対策をしておきましょう。

こちらで簡単にいくつか紹介しています。

赤ちゃんのミルクに使えるウォーターサーバーの基礎知識」を徹底解説!
どんなウォーターサーバーが赤ちゃんのミルク作りに使えるのか、衛生面やチャイルドロックの安全な物はなにか等、ママさんが知っておきたい情報を紹介しています。

各ウォーターサーバー会社それぞれのチャイルドロックを採用しているため、解除の容易性や仕組みも様々です。

小さい子がいる家庭では安全な仕組みを採用している会社を選ぶと良いでしょう。

赤ちゃんのいる家庭が知りたい、ウォーターサーバー各社のチャイルドロックを比較!
実はチャイルドロックはかなり大事です。 ウォーターサーバーは年間で数件の火傷事故の報告があります。例えば、2016年度の消費者庁の...

【費用】年間でのコストがかかる(約4万円〜)

ウォーターサーバーの比較サイトなどではあまり紹介していませんが、年間コストがかかります。

家庭での年間トータル利用金額では年間3万円~5万円前後が多く、企業等の社員数や水消費量の多い契約では10万円ほどすることもあります。

ウォーターサーバーは料金項目が多く、以下のような料金体系があります。

  • 「水の値段」
  • 「最低注文本数」
  • 「レンタル料」
  • 「配送料」
  • 「メンテナンス料」
  • 「解約違約金」
  • 「電気代(家庭によって異なる)」

これらをトータルで見ないと本当に安いウォーターサーバーというのはわかりません。

1つ1つの項目を見て行くことは必要ですが、1番重要なのは年間トータルコストです。

そのため、一般の方がウォーターサーバーを比較するのは意外と難しいのが実情です。

比較サイトなどでは広告費で運営されているため、良いところしか紹介しない傾向にあります。

ウォーターサーバーを利用すれば、安心な水が飲めることやお湯がすぐ使えることなどのメリットがありますが、家庭では年間4万円〜5万円くらい必要になることも覚えておきましょう。

【年間ランニングコスト】が安いウォーターサーバーを徹底比較!
ウォーターサーバーの年間ランニングコストが「安い!」ものを比較・ランキング紹介しています。

【開封後の消費期限】開封後のボトルは早めに飲みきる必要がある

ウォーターサーバーのボトルの水は水道水と違って、塩素が入っていないので日持ちがしません。

天然水やRO水であっても、塩素が入っていないので、開封後は水道水よりも雑菌が繁殖しやすい傾向にあります。

特にサーバーから外して利用する場合(災害時など)では、長期に渡って飲むよりも早めに飲むことが衛生面では安心です。

サーバーを使って水を飲む場合、温水の方は温度が80℃〜90℃なので雑菌の繁殖はそれほど心配いらないと言えます。

なぜなら、病原性大腸菌・サルモネラ菌・カンピロバクターは75℃以上で1分以上で死滅するとされているからです。

ウォーターサーバーの温水は専用のタンクがサーバーに内蔵されており、そこに蓄えられています。

つまり、瞬間的に高温にするというよりも、常時温かいお湯があるわけです。

その内部は一定の温度を保っているので雑菌の繁殖は安心ができます。

問題は、冷水の方でウォーターサーバーはボトルの水を冷水タンクに蓄えて供給しますので、冷水の温度では雑菌が死滅するには低いことやサーバー内で水を貯水するという仕組み上、雑菌の繁殖が心配です。

水道水と違って殺菌作用のあるカルキなどが含まれていないので、ウォーターサーバーの天然水やRO水は殺菌作用が低いのです。

長期間利用しないという状況は避けるようにしてください。

ウォーターサーバーの天然水の賞味期限はどれくらい?
ウォーターサーバーの水はどれくらいの賞味期限なのかを解説します。 未開封の場合 未開封の場合は水ボトルを正しく保存してい...

ウォーターサーバーは選び方を間違えると失敗する

ウォーターサーバーは各社それぞれの特徴があり、その特徴とライフスタイルがピッタリ合うことが理想です。

パズルと同じでご自身の欲しい機能や生活上での足りない部分を補えれば最高の組み合わせ(最高の相性)になります。

例えば、ウォーターサーバーを検討している方がどのような方なのかで『選ぶ基準』が異なります。

  • 夫婦や独身の家庭ならば水の量よりも部屋のインテリアや利便性を考えて選ぶ
  • 子供が小さい家族ならばチャイルドロックの付いた衛生面が安心なウォーターサーバーを選ぶこと
  • 会社内に導入する場合は社員数を考えて、水の量が多いことや昼食時や午後にカップ麺やスープ、コーヒーを作れるようにお湯が出る機能が付いたものを選ぶ
  • 美容院や事務所、店舗ならば小型でお店のイメージを崩さないものを選ぶ

その一方で、相性が合わない場合はウォーターサーバーを使っていても『イマイチしっくりこない』という状況になりがちです。

その場合は「選んだものが合っていない」という状態といえます。以下がその例です。

  • 独身でウォーターサーバーの利用は少ないのに、水を頻繁に変える必要があり、手間がかかり面倒くさい
  • 子供が水をたくさん飲むので、使用済みボトルがキッチンや玄関に溢れて家事に支障が出る
  • ウォーターサーバーがあるのにコーヒーやお茶のお湯を給湯器を使用して沸かしている
  • お店のイメージに合わないデザインで浮いてしまう

こうなる原因はウォーターサーバーの比較を購入前にしっかりと行なわなかったこと、または比較サイトが嘘を言っていたことがあります。

購入前に正しい情報で、それぞれにあったウォーターサーバーを選べば、上記のようなことにはなりません。

これからウォーターサーバーを導入する方は【無料お試し】で1度使ってみた方がベスト!

ウォーターサーバーは生活必需品ではありません。

そのため契約後に「やっぱり不要だな〜」と解約してしまうユーザーの方もいます。

ウォーターサーバー会社は解約違約金を設定している会社が多く、解約違約金としては5,000円〜2万円ほどかかります。

だからこそ、お試しをして本当に必要かどうか決めるという方法があります!

ネットで検索してもウォーターサーバーの比較サイトなどでは無料お試しは紹介していないサイトばかりです。

実は不安のあるユーザーの方のために無料お試しの制度がありますから、1度使ってみることをおすすめします。

『無料お試し』ができるウォーターサーバー会社(クリクラとアクアクララ)を比較します!
このサイトに訪問された方は『ウォーターサーバー 無料お試し』と検索された方だと思います。 ウォーターサーバーはやはり無...

もちろん、無料お試しよりもすぐに注文されたいという方は申し込みされると良いと思います。

トップページの「ウォーターサーバーのおすすめ比較ランキング」では、シェアを占めている大手のメーカーなどを紹介しているので参考にして下さい。

タイプ別に向いているウォーターサーバーなども紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする