硬水と軟水ってなに?違いはどこにあるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

硬水・軟水とは

硬水と軟水とは、水に含まれるミネラル分の濃度の違いで決まります。もっと詳しく言うと、マグネシウムとカルシウム濃度が水1000ml中にどれだけ溶けているかがポイントです。

世界保健機関のWHOの基準では、硬度が120mg/l以上では硬水と分類され、それ以下の場合は軟水と分類されます。以下の式で計算され、硬水か軟水に分類されます。

硬度=(カルシウムの量mg/ℓ×2.5)+(マグネシウムの量mg/ℓ×4)

硬水と軟水の違いは、単純にミネラル分の違いだけではなく、飲んだ時の口当たりの違いや用途の違い、注意しなくてはいけないことなど多岐に渡ります。

身近な例では、日本で発売されている国産水(南アルプスの天然水・いろはすなど)は軟水、海外産(エビアンやコントレックスなど)は硬水です。硬水でも軟水でも見た目は一緒の水ですが、中身の栄養価が違いますから製品の裏面表示などは詳しく確認してください。

硬水と軟水のメリットとデメリット比較表

硬水と軟水にはそれぞれメリットとデメリットがあります。以下に比較内容を掲載してみます。

軟水 硬水
メリット
  • 飲みやすい
  • 赤ちゃんのミルクなどで利用できる
  • 石鹸が泡立つ
  • 口当たりがまろやか
  • ミネラル分が豊富
  • 便秘の解消
  • 料理で煮崩れしない
  • 酒造で使われる
デメリット
  • ミネラル分が少ない
  • 赤ちゃんのミルクなどでは使えない
  • 腎臓が弱い方には向かない

軟水は基本的にどんな方でも飲むことができる水です。日本で売られている国産の水は軟水で、輸入品のコントレックスなどは硬水です。料理などには軟水で作ると美味しくなります。舌触りが良く口当たりがなめらかなため、料理と相性が良いです。

硬水は、ミネラル分が豊富なため栄養価で見ると軟水よりも高いですね。その特性を活かして酒造などでは硬水の水で辛口のお酒を造るようです。酵母はミネラル分を栄養としているため、硬水は安定した酒造りに役立ちます。

しかし、そのため腎臓が弱い方や腎臓病がある方にはおすすめできません。また赤ちゃんのミルク作りにも硬水は向きません。赤ちゃんは体が未成熟だからで体調を壊してしまうことがあります。

水の種類には、軟水と硬水によって、こういった一長一短があります。

日本の水は軟水

日本の水は主に軟水です。これは日本の豊かな自然や地理に関係してきます。

日本は河川の距離も短く、地層中の栄養素を吸収することも、海外と比べて少ないのです。日本は水道水をそのような河川から取水しており、ミネラル分の添加もしてないため軟水です。

関東地域と山梨、静岡はやや硬度が高めの傾向があり、福岡や熊本、沖縄も全国的に見て硬度が高い傾向にあります。これは北海道や東北や北陸等が雪解け水が水道水となるため硬度が低いことに対して、これらの地域は関東ローム層や火山地帯の影響を受けているため硬度の高めの軟水なのではないかと言われています。

海外の水は硬水

海外の水は主に硬水です。海外では、大陸続きのため河川が長く、石灰岩地層中のミネラル分を吸収していくのです。

しかし、海外ではミネラル分を硬水で補うことができるというメリットがあります。海外では肉食などが多いためミネラル分の摂取が必須です。そのミネラル分を水から補うことができるのです。

一方の日本では、昭和の頃等は海藻を食べることも多かったため、ミネラル分の摂取が出来ましたが、現在は欧米化しているため食生活も肉食などへ変わりつつ有ります。

日本では水が軟水なので、食生活が欧米化してしまうとミネラル分を摂取する機会が減ってしまうのです。そうなると栄養の摂取バランスも崩れてしまいます。

ウォーターサーバーの水は軟水

では、みなさんがこれから導入する日本ウォーターサーバーの水は軟水でしょうか?硬水でしょうか?

答えは、『軟水』です。当サイトで紹介しているウォーターサーバーは天然水でもRO水でも軟水ですから、料理や赤ちゃんのミルク作りなど様々な用途に利用できます。

飲み水としてもお湯としても活用用途は多いため、ウォーターサーバーライフを楽しんで下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする