衛生面を考えればウォーターサーバーは『メンテナンス不要』でも、『サーバー交換』は絶対した方がイイ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーはメンテナンスをしないで良いのか?

最近はメンテナンス不要のサーバーが数多く出ています。メンテナンスをしなければ取り替えの手間がいらない他、メンテナンス料金も不要です。

しかし、本当にサーバーメンテナンスはいらないのでしょうか?

私は『ウォーターサーバーのメンテナンスはサーバー交換』すべきだと思っています。

つまり、内部メンテナンスは利用者ができないので内部メンテナンス済みの新しいサーバーと交換してもらうべきだということです。

これは「水の衛生面」とと「消耗品の劣化」「機器の正常性」という観点からです。

  • 水の衛生面
  • 消耗品の劣化
  • 機器の正常性

水の衛生面について

水の衛生面に関しては以下のブログが勉強になります。

しかし、昨夜、水を飲もうとコップに汲んだら…、明かに水が黄色っぽい。250mlのコップ3杯、同じようでした。気持ちが悪いので、まだ水は残ってたのですが、ボトルを交換しました。
新しいボトルにして、コップに水を入れて、よーく見ると、フワフワと水垢が浮いてます。
5杯分水を汲んでみましたが、5杯目も小さな細かい水垢が浮いてます。
水を飲むのを諦めて、翌日(今朝)、問い合わせの電話をしました。

引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/matsuda_kota/33391408.html

このブログを読むとコスモウォーターを使っていたようですが、水垢のようなものが浮いていたということです。

お金を払って飲料水を買っているのだから安心な物を飲みたいと誰でも思うはずです。

またこのブログの方が企業の対応で残念に思われたことも共感できます。

ウォーターサーバーでは水垢やぬめりが発生することがあり、これらを防止するためにも定期的な内部メンテナンスは必要になります。

利用者が出来るメンテナンスは基本的に外部メンテナンスです。

埃を取ったり水を拭き取ったりと簡単なセルフメンテナンスですから、内部のメンテナンスはウォーターサーバー企業が専門的に行なう必要がありますし、その方が安心です。

消耗品の交換

また消耗品の交換という観点も必要です。メンテナンスはサーバー内部の配管やタンクの汚れや殺菌処理はもちろんですが、劣化した部品の交換という側面もあります。

ウォーターサーバーの蛇口部分であるコック(フォーセット)などは使用回数に連れて劣化してきます。これはお湯のチャイルドロックに関しても同様です。

ですから、赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭ではイタズラをしてお湯を出してしまったり、破損してお湯や冷水が漏れ出る事も考えられます。

現実問題として、火傷事故は起きています。

サーバー交換してすぐのサーバーなのか長年消耗品の交換をしていないサーバーなのかはこの資料からはわかりません。

チャイルドロックが解除されやすい問題があったのかメンテナンスの問題かどうかも公表はされていません。

しかし、もしメンテナンスをしていないことが原因と仮定すれば、企業での内部メンテナンスの際には消耗品は新しい部品に交換されるためこういった事故は防止することができたかもしれません。

幼児(1歳)が該当製品に触れていたところ、お湯が出て火傷を負っ た。現在、原因を調査中。引用元:http://www.jdsa-net.org/pdf/accident_2015.pdf

ウォーターサーバーのメンテナンスは消耗品という観点からも実は大変重要なものです。

大方の他のウォーターサーバー比較サイトやランキングサイトではこういった情報は無視されています。

機器の正常性

これはサーバーが正常に機能し、水漏れや発煙・発火・過熱などの火災を防ぐためにメンテナンスが必要ということです。

ウォーターサーバーでは火災事故が年間数件程度発生しています。

こちらの資料を見るとわかりますが、少し紹介すると以下のような火災があります。

当該製品及び周辺を焼損する火災 が発生した。当該製品に起因するの か、他の要因も含め、現在、調査中。引用元:http://www.jdsa-net.org/pdf/20170623_syouhisya.pdf

“周辺を焼損”というとサーバーだけでなく、サーバー周辺も燃えたということですね。

原因は調査中らしいですがこういった火災の事故もあります。

こうった事故を防ぐためにもメンテナンスは重要ですね。

火災については以下の記事で詳細を解説していますので参考にして下さい。

ウォーターサーバーでは年間に数件の火災事故が発生している
ウォーターサーバーは電化製品です。 コンセントに差し込み電源を取ることで、冷水や温水、その他の機能が利用できるようになります。 言い換...

セルフメンテナンスでは出来ることが限られている

ウォーターサーバーのレンタル契約では分解や改造は利用規約で禁止されています。そのため利用者の方は内部のメンテナンスができませんから、「外部のセルフメンテナンス」のみを行ないます。

セルフメンテナンスで出来ることは、「綿棒等での蛇口の掃除」「受け皿の掃除」「外面の清掃」「背面の埃取り」くらいです。

ですから、みなさんが1番気になるサーバー内部の掃除はできません。

ウォーターサーバーの水は設置した水ボトルからニードルなどを使って取水して配管を通り冷水タンクや温水タンクに貯水されます。そして蛇口から水が出てくるという仕組みです。

この仕組みを見れば「水の衛生面の管理には内部のメンテナンスが重要」ということがわかりますね。何故なら水は内部の配管内を経由するからで、サーバーの表面を掃除しても出てくる水を清潔に保つことはできません。(蛇口の清掃は重要です)

つまり、セルフメンテナンスは埃が溜まることによる火災や外部の衛生面を清潔に保つことはできますが、内部メンテナンスが飲み水の清潔さに1番影響してくるということです。

そう考えれば、内部のメンテナンスが1番重要で利用者の方の関心事項だとわかります。

1番信頼できるところはサーバー交換のメンテナンスをしてくれるところ

ウォーターサーバーのサーバー内部ですが、やはり汚れてしまいます。パソコンや家と同じで買った時は新品ですが、時間の経過とともに古くなってしまいます。ウォーターサーバーも1年、季節が1周すれば汚れてきます。

そのため内部メンテナンスが必要になりますから、この内部メンテナンスは基本的に利用者ができませんし専門的です。

内部メンテナンスでは中性電解水などの薬品での内部洗浄など専門的な洗浄や分解、組み立てを行ないますが、これを利用者にしてもらうことは難しいと思います。

ですから、内部メンテナンスを企業が実施しているところを選ぶべきです。

関連記事:

『毎年』サーバー交換のメンテナンスをしてくれるウォーターサーバーを紹介!
毎年サーバー交換のメンテナンスをしてくれるウォーターサーバーを紹介しています。

サーバー交換のメリットは『耐用年数』を気にしないで良い

レンタルのウォーターサーバーを利用する利点はサーバー交換がされるため、耐用年数を気にしないで良いということです。

1年や2年で(私はメンテナンスは早い方が良いと考えるため1年に1回を推奨しています)サーバー交換をすれば消耗品の摩耗や劣化による事故は減少することが一般的で、安全性は高くなります。

特に温水コックの取り替えは赤ちゃんのいる家庭の安全性に関わるのでサーバー交換はした方が良いです。通常のサーバー交換では消耗品が取り替えられたサーバーが新しく届けられるためサーバー交換してあればコックも交換されたと見ていいでしょう。

サーバー交換のデメリットもある

ウォーターサーバーのサーバー交換をした後に水が薬品臭の臭いがする・水漏れをしたという苦情がありますが、やはり人の手でメンテナンスを行なうためどうしてもいくつかこのような報告が出てきます。

サーバー交換をして新しく届くサーバーは基本的にメンテナンスが行なわれたもので、以前は別の誰かが利用していたものと言えば正確でしょう。

そのためどうしても不具合が生じるサーバーがあることを覚えておきましょう。

不具合が生じた場合は再度サーバー交換をするためにウォーターサーバーの本部に連絡を入れて下さい。

特におすすめはクリクラ、クリクラミオ、アクアクララ、アルピナ

特におすすめのウォーターサーバーは『クリクラ』『クリクラミオ』『アクアクララ』です。これらのウォーターサーバーは1年に1度のメンテナンスを実施しています。

特にウォーターサーバーの衛生面や清潔さにこだわるのであればこういった企業を選ばれると良いでしょう。(アクアクララでは一部のサーバーでメンテナンス周期が異なる(3年に1度)ため出来るだけ早めのサーバーの方が良いはずです。)

特に「違いが分かりにくい」サーバーについては以下で解説しています。

クリクラとクリクラミオについては以下の記事で比較をしています。

【分かりやすい!】「クリクラ」vs「クリクラミオ」の違いを徹底比較!
クリクラとクリクラミオを比較して、どちらがどんな方におすすめなのか、どんな使い方をすればお得なのかを両者の比較で書いて行きます。クリクラとク...

またアクアクララとクリクラについては以下の記事で比較をして紹介しています。

「クリクラ」vs「アクアクララ」ならどっちが良い?両社の違いを徹底比較!
クリクラとアクアクララはウォーターサーバー業界のトップ2社です。 両社とも業界では昔からの老舗でシェアも1位、2位のトップクラ...

もしワンウェイタイプを利用するならば1年〜2年の間に「サーバー交換」をすること!

もし今このページの読者の方でワンウェイタイプ(コスモウォーター・フレシャス・サントリーなど)を利用される予定の方であれば『1年〜2年に1回サーバー交換をされること』をおすすめします。

特にワンウェイタイプは年間のスケジュールにメンテナンスのためのサーバー交換が含まれていません。そのため利用者の方が自発的にサーバー交換の申請をして新しいサーバーと交換してもらう方が衛生面では安心です。

ワンウェイタイプでは「メンテナンス不要」を謳っている企業が多いですが、上記で引用した水垢のブログのように問題に繋がることがあります。それを考えればメンテナンスに消極的なワンウェイタイプでも積極的にサーバー交換をして衛生面を整えましょう。

赤ちゃんのいる方で衛生面にも興味がある方は以下の記事もご参考にどうぞ。

《ポリシー》私のウォーターサーバーを紹介する基準は「衛生面(安全性)」と「価格」です。
当サイトで強くおすすめしているウォーターサーバーは「年間価格」と「衛生面(安全性)」で決めています。 ウォーターサーバーと調べてみても有名...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする