ウォーターサーバーで失敗した人の選び方とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しやすい購入パターンとは?

失敗した画像

「ウォーターサーバーを選んで失敗した!」という方には、「選び方」に共通点があります。

今回は失敗しやすい選び方をいくつか紹介します。

ショッピングモールの展示会で購入する

ショッピングモールの展示会で購入すると失敗することが多くあります。

なぜなら屋外で契約すると「利用規約」「契約書」などを読むことに集中できないからです。

利用規約や契約書には、「どんな時にウォーターサーバーを弁償するか」「解約違約金はいくらか」「解約違約金を支払う対象期間はいつまでか」ということを確認しないで契約してしまいがちです。

これらの項目は結構トラブルにも繋がりやすく、口コミなどを見ても「解約違約金を知らなかった」という声も多くあります。

ショッピングモールなどの展示会などでは押しも強いので契約してしまう方も多くいますが、最低でも上記の項目については確認しておかれることをおすすめします。

できれば自宅にパンフレットなどを持ち帰って、ホームページと利用規約などを確認してから選ばれると良いでしょう。

ネットの比較サイトの情報を鵜呑みにする

ネットの比較サイトなどランキングが紹介されていることがあります。

この中には、広告費の多い順番(利益が1番出る)で掲載されていることがあります。

これは必ずしも「利用者を第一に考えたランキング」ではありません

そのため「ランキング1位だからこれにするか…」と選ぶと失敗しやすいことがあります。

ウォーターサーバーはやはり「年間の価格」と「メンテナンス」が大事だと私は思いますから、この2条件を元に考えると比較サイトで紹介されているランキングとは全く別のランキングが完成します。

つまり、ランキングというのは「何をもとにランキングするか」で大きく順位が変わってしまいます。

大事なことは「ランキングの順位」ではなく、「これが良い!」と思えるものを利用者の方が選ぶことが重要です。

そうすることで納得して利用することができます。

もちろん、何を基準に選ばれるかは利用者の方が決めれば良いわけですが、比較サイトの仕組みを知っておかれると損はないでしょう。

auショップなどのウォーターサーバーに関係ないところで申し込みをしてしまう

ウォーターサーバー以外にもよくありますね。家電量販店などでは、iPadが無料で貰えるということでポケットwifiを契約させたりしていましたね。

最近はauショップでフレシャスというウォーターサーバーの契約をされた方がいるかもしれませんが、後からやっぱり解約したいという声がいくらか聞こえてきます

やはりウォーターサーバーのように毎月のコストがかかるものは、その場で決めてしまうよりもじっくり比較されることをおすすめします。

その場の雰囲気や流れで決めてしまうと後から解約しやすく、またauショップなどではウォーターサーバーの全ての説明を聞くことも、実際に詳しい質問をすることも難しいわけです。

できるだけ、比較などを行なって検討をするようにしましょう。

当サイトでは各社の月額料金や年間価格をシュミレーションした「ウォーターサーバーのおすすめ比較ランキング」も紹介していますので、これから選ばれる方は参考にどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする