宅配業者の値上げの影響は「ウォーターサーバー業界」にも大きな影響が及びそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅配業者が人不足でワンウェイタイプのウォーターサーバーの価格に影響が出そうです!

2017年はニュースで「宅配業者」の値上げが様々なところで報道されています。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170921-00000001-pseven-bus_all

このニュースは、宅配便の人手不足と昨今の通販サイトの荷物の急増により宅配業界がパンク状態になってしまっていることが理由のようです。

このところ通販業界は右肩上がりの成長を続けており、それに伴い配達業者の忙しさはピークに達しています。

これがウォーターサーバーの方にどのような影響があるのかと言うと、「値上げ」や「サービス内容の変更」などがあるということです。

ウォーターサーバー企業は宅配業者に対して「配送料金」を支払っており、今回それが値上げになります。

現在ウォーターサーバーを使われている方も、現在検討中の方も必須の内容なので参考にして下さい。

特に水の値段が値上される可能生が高い

ウォーターサーバー業界としては「水の値段」が値上げされる可能生があります

宅配料が上がることはないと思います。それは各社とも配達料金は無料にしていることが多いからです。

ウォーターサーバー各社は水の料金を徴収しているので、配達料金までも徴収してしまうと利用者や検討中の方にとっては「2重徴収」のように思えてしまいます。

そのため各社とも「水の値段」に配達料金やサーバーレンタル料金などを含めることで「宅配料無料」「レンタル料金無料」を実現しています。

現在、配達料金無料のウォーターサーバーが今回の値上げで急遽配達料金を徴収することは考えられません。

そのため水の値段を上げることで、昨今の宅配業者の値上げに対応するのではと予想できます。

または値上げに対応するためのサービス内容の変更

または宅配料金の値上げに対して、サービス内容を変更することで対応する企業も出るはずです。

例えば、コスモウォーターは天然水の配送地域を変更しました。

これまでは各地の天然水を選べましたが、2017年10月以降は最寄りの天然水しか選べなくなりました。

これは私の予想では、表向きは「最寄りの新鮮な天然水を選んで欲しい」とされていますが、実際は配送距離を短縮することで配送業者に支払う宅配料金を減らしているのではないかと考えています。

このようにサービス内容を変更することで、今回の宅配業者の値上げに対処しようとする企業もいくつか出てくると思います。

利用者としては値上げやサービス内容の変更を了解できるかどうか確認しましょう!

利用者の方としてできることは「値上げ」や「サービス内容の変更」が了承できる内容かどうか確かめることです。

やはり企業によって値上げをするのか、サービス内容を変更することで対処するのか異なります。

利用者の方が使っているウォーターサーバー企業の対応が理解できるものかどうか確認して下さい。

値上げやサービス内容の変更を受け入れられないならば、乗り換える

残念ですが、ウォーターサーバー企業の値上げやサービス内容の変更を了承できない場合は解約や別のウォーターサーバーに乗り換えることをおすすめします。

その際には他の興味を持っている企業が「値上げ」をしたのか「サービス内容を変更」したのかを確認してみましょう。

「値上げ」が嫌で乗り換える方は、やはり安いウォーターサーバーがおすすめです。

ですから、次に選ばれる企業は「経済的で財布に優しいウォーターサーバー」を選ぶと良いでしょう。

また「サービス内容の変更」が嫌で乗り換えを考える方は、ご自身の好きな企業を選ぶようにしましょう。

乗り換えの時には「なぜ自分が乗り換えるのか」という理由を知っておくと次のウォーターサーバーが選びやすくなります

ウォーターサーバーの乗り換え割りキャンペーン》についてはこちら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする