ウォーターサーバーは「いらない」4つの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーは「いらない」と思えるとすればその理由は何だろうか?

「ウォーターサーバーはいらない」とすればその理由はなにか考えてみました。

特に「水道水」か「ウォーターサーバー」かと比較される方が多いのでウォーターサーバーはいらないと思われる点を紹介したいと思います。

1、費用に対する効果

ウォーターサーバーを利用される方には利用する企業によって

  • 水の値段
  • 宅配料
  • メンテナンス費用
  • レンタル料金
  • 解約違約金
  • サーバー交換費用
  • その他諸費用

といった費用が発生します。

大体の平均的な価格では、年間で4万円~5万円ほどが目安になります。高い物では6万円ほどかかるものもあります。

これをウォーターサーバーを導入するメリットと比較して果たして価値として適切かという疑問があります。

ウォーターサーバーのメリットとして代表的なものは「水を宅配してくれる」「冷水がすぐ飲める」「お湯をすぐ飲める」ということですが、これらを年間の価格と比較すると「実は高いのでは?」と思われる方がいるということです。

これは個人によって異なりますから「お金がかかっても良いから時間を買いたい」と思われている方にはウォーターサーバーは向いていますし、「お金が大事だ」と思われている方には「いらない」と思われるのも仕方がないことです。

2、導入することで生じる手間

ウォーターサーバーを利用することで生じる手間があります。

例えば、

  • 週に1回は蛇口や水受け皿の掃除がある
  • 重い水ボトルをセットする必要がある
  • 電動式のサーバーではチャイルドロックの設定

などがあり、定期的な行なうことや必要があればその都度行なう必要がある作業がウォーターサーバーを利用すると付きまといます。

上記の例の作業はウォーターサーバーを利用することで必ず必要になります。

そのためウォーターサーバーを導入して上記の手間をこなすことができるかどうか、またこれだけの手間をこなしてでもウォーターサーバーを使いたいかどうかを自分に聞いて確かめないといけません。

3、そもそも水を使う機会が少ない

日本では水道水を捻ると水が利用できますから、ウォーターサーバーが不要だという家庭も多いでしょう。

水も浄水器を利用して冷やして飲めば良いし、お茶やコーヒーもその都度沸かせば良いと思われている方にとってはウォーターサーバーを導入するメリットは少ないでしょう。

また一人暮らしをしている方などは、自宅で水を利用する機会そのものが少ないでしょう。

そういった方はウォーターサーバーはなくても充分生活することができます。

4、実はペットボトルの方が安い

最後に、ウォーターサーバーよりもペットボトルの水の方が安いケースがあることです。

水500mℓではウォーターサーバーの方が安いことが一般的ですが、2ℓペットボトルであれば最近のドラッグストアなどで12ℓで450円程で販売されています。

そう考えるとウォーターサーバーは必ずしも経済的ではないことです。

ウォーターサーバーは水の宅配をしてくれることやお湯や冷水がすぐ使える、各地の天然水を飲むことができるなどのメリットがあります。

定期的な宅配はもちろん、追加で注文してもすぐに宅配されます。

しかし、やはり値段でみるとスーパーなどで特売があった場合はペットボトルの方が安くなりがちです。

そういった点を見ると「ウォーターサーバーはいらない」と思われる方がいても仕方が無いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする