ウォーターサーバーではなく、あえてペットボトルでの購入を考えた人に理由を聞いてみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜウォーターサーバーではなく、ペットボトルを選んだのか?選んだ人に聞いてみました。

町並みの画像

このwebサイトはウォーターサーバーを紹介するサイトですが、今回はウォーターサーバーを選ばなかった人に理由を聞いてみたいと思います。

そうすることでウォーターサーバーの別の側面が見えてきます。

これはウォーターサーバーの導入を迷っている方にとってとても参考になる情報です。

今回はウォーターサーバーを使わない「Aさん」にお話を聞いてみました。

車でドラッグストアやスーパーで買い物をする習慣があるから

車の運転が苦労でない方やドラッグストアやスーパーなど2ℓペットボトルが安く変える環境にある方にとってはウォーターサーバーはあまり必要では無いようです。

理由を聞いてみると「2ℓペットボトル×6本の段ボール(合計12ℓ)を500円前後」で購入できるため、経済的だということです。

ウォーターサーバーや浄水器も検討したが、これが1番安いとわかったため毎週ドラッグストアで水を買っているようです。

Aさんも水を宅配してくれるウォーターサーバーは手間がかからないため魅力だと感じていたようですが、Aさんは力持ちの男性でもあり水を運ぶことはそれほど苦ではないため結局は自分で購入することを選ばれたようです。

お湯を沸かす時間や手間に苦労を感じない

お湯を沸かす時間や手間に苦労を感じないこともウォーターサーバーの導入をしない理由になったようです。

Aさんは日中は働いている方なので、そもそも「お湯を沸かす」という機会が少ないようです。

使う機会があれば休日に飲むお茶と料理くらいであるため、そこまでウォーターサーバーの温水についてメリットを感じていません。

こういったライフスタイルから水やお湯の利用が少ない方はウォーターサーバーの魅力を感じない方が多くいます。

そもそもウォーターサーバーに魅力を感じない

Aさんは「ウォーターサーバーって電気ケトルと浄水器がくっ付いた物だろう?」「別になくても良いんだよね」といっていました。

つまり、ウォーターサーバーに魅力を感じていないということですね。

Aさんのように思われる方は中にはいます。

これはつまりウォーターサーバーが生活必需品ではなく、嗜好品や贅沢品の分類に入るということでしょう。

どちらかというと「好きな人が使えば良い商品」と言えるのかもしれません。

ですから、ウォーターサーバーは多くの人が導入するものというよりも少数の好む人が選ばれる物ということが本来の正しい姿なのかもしれません。

ウォーターサーバーの利用者数は数%と低めであることも、ウォーターサーバーが生活必需品でないことが関係しているのかもしれません。

ウォーターサーバーが普及してきている理由とは?
日本宅配水&サーバー協会の調査によると、2007年にはリターナブルタイプのウォーターサーバーで普及台数が67万台でしたが、2015年...

まとめ

やはり人によってウォーターサーバーが魅力的に感じられるかどうかということは異なるようです。

つまり、ウォーターサーバーは生活必需品というわけではなく、贅沢品や嗜好品の分類に入るのかもしれません。

どちらにせよウォーターサーバーは利用したい人、別にいらない人に分かれます。

ご自身がどちらに当てはまるのかをよくお考えになってウォーターサーバーを選ばれることをおすすめします。

当サイトでは各社の月額料金や年間価格をシュミレーションした「ウォーターサーバーのおすすめ比較ランキング」も紹介していますので、必要な方は参考にどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする