ウォーターサーバーの天然水の採水地「奥京都」ってどんなとこ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奥京都の画像

天然水を用意しているウォーターサーバーに多い奥京都の天然水の紹介です。

奥京都は京都北部の山間部で福知山や丹後地方が奥京都と言っていいかもしれません。

今回はその奥京都について解説します。

奥京都ってどんなとこ?

奥京都は外国人や日本人観光客が訪れる京都盆地付近ではなく、さらに北部の山間に採水地があります。福知山城がある京都北部あたりを差しており、この周辺ではウォーターサーバーの採水地があります。

奥京都の福知山城

奥京都は標高の高い山はありませんが、小高い山が何十にも連なっている自然が豊かな土地です。私達が京都と聞いてイメージするような神社やお寺等の建物もほとんどありません。

京都の画像

福知山周辺はのどかな地域で里山というとピッタリかも知れません。水が豊かな地域で黒豆の生産も豊富です。この地域は田畑や稲作地帯で広がっており、この風景自体が水資源の豊富さを表しています。

奥京都の天然水を扱っているウォーターサーバーは?

奥京都の天然水を扱っているウォーターサーバーを比較してみます。

ウォーターサーバー名 天然水名 1ボトルのあたりの値段(税込み) 水の価格(500ml換算税込み) 毎月の最低購入ノルマ 1年間の水ボトル購入価格
コスモウォーター 京都:古都の天然水(12ℓ) 1900 79.16666667 2 45600
オーケンウォーター 京都丹波の(12ℓ)
銘水
1908.9 79.5375 2 45813.6
ワンウェイウォーター 奥京都三岳山麓「京の湧水」(12ℓ) 1900 79.16666667 2 45600
ネイフィールウォーター 京ほのか(12ℓ) 1,900 79.16666667 2 45600
ライフスタイルウォーター 古都の麗水(12ℓ) 1901 79.20833333 2 45624

奥京都の天然水は採用している企業が多いですね!やはり富士・京都・大分は特にワンウェイタイプのウォーターサーバーが中心に採用しているため間違いなく飲むことができます。

京都の天然水の価格については各社1,900円前後です。天然水の価格としてはやや高めです。上記の企業からウォーターサーバーを選ぶなら「コスモウォーター」が良いと思います。

値段も一緒ですから、それなら実績とCMなどの知名度がある方が安心だからです。コスモウォーターは2015年にオリックスの傘下に入りましたので運営も安定してきています。

なぜ京都の天然水の価格が同じなのかについてはOEMが関係するかもしれません。つまり、自社の天然水の生産を他社の工場に委託しているということです。

そうすると企業は自分で採水工場を建設する費用もありません。また天然水が売れず撤退する時も簡単です。

話はそれましたが、京都の天然水なら各社取り扱いがあるため「飲めない」という心配は少ないでしょう。そして京都の天然水なら「コスモウォーター」を選ばれる事をおすすめします。

子供のいるご家庭に特におすすめ!コスモウォーターのメリットとデメリットを紹介!
一時期テレビCMなどで一気に知名度を上げたコスモウォーター。現在でもお子さんのいる子育て世代には特に人気があるおすすめのウォ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする