ウォーターサーバーのよくある質問!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーのよくある質問

ウォーターサーバーのよくある質問

ウォーターサーバーを利用する上で様々な疑問が生じてきます。ここではそのウォーターサーバーのよくある質問を少し掲載していきます。

そもそも本当にウォーターサーバーの水は美味しいの?

「美味しい」です。私も飲みますが、水道水とは少し味が異なります。

ウォーターサーバー同士では味の違いは分かりにくいのですが、水道水と比べると「臭み」のようなものがありません。

ウォーターサーバーの水も冷水ですし、味も良いため飲みやすいです。

その理由は、ウォーターサーバーの天然水には消毒用の「塩素」が入っていないため水道水と違って臭みを感じにくいのです。

水の消費期限はどれくらい?

水の消費期限は各社によって見解は分かれますが、未開封なら6ヶ月で開封後は2週間〜1ヶ月以内が多いです。

未開封でも直射日光や温度や湿度の高い室内に保存をすると水が劣化しやすいため、涼しく日の当たらない場所に保管すると良いでしょう。

ウォーターサーバーでコーヒーやお茶、料理は作れる?

ウォーターサーバーの水を利用してコーヒーやお茶、料理やインスタント食品等を作ることができます。

ウォーターサーバーの温水は80℃前後で水ボトルをセットしている状態であればすぐにお湯が出てきます。水を沸騰させるのに5分かかるとすれば、ウォーターサーバーがあれば5分間時間を節約できるといえます。

また水出しのお茶や紅茶も作れます。特にウォーターサーバーの水は8〜12℃と冷たいため夏場などは冷蔵庫で冷やす時間が減り大変重宝されます。

ウォーターサーバーの水は軟水?

ほとんどのウォーターサーバーの水は軟水です。私が見たところでは硬水のウォーターサーバーは見た事がありません。

多少の硬度の違いはありますが、日本の基準やWHOの基準に照らしても軟水である水が私用されています。

水を「軟水」「硬水」に分ける基準は2つあります。

日本 WHO基準
硬度~100 軟水 軟水
硬度100~300 中硬水 硬水
硬度300~ 硬水

例えば、クリクラミオの富士の天然水は硬度49、コスモウォーターの日田の誉れは硬度62、フレシャスの富士の天然水は硬度21、プレミアムウォーターの島根金城が83です。

これら全て軟水に分類されます。

特に硬度の違いによって口当たりが変わります。爽やかで飲みやすい水は軟水で、まろやかで飲み応えがある水が硬水だと覚えておくといいでしょう。

赤ちゃんのいる家庭では軟水が推奨されます。その点ではウォーターサーバーのほとんどが軟水であるため心配はいらないでしょう。

RO水とは?

RO水とはRO膜という0.0001ミクロンの特殊な膜で処理をした水のことをいいます。ROはReverse Osmosisの略です。

このRO膜処理では、理論上は不純物はもちろん環境ホルモンや有害物質、さらにミネラル分までも濾過してしまうため水イオンしか通さないと言われています。

これをRO水やピュアウォーターと良い、このRO水にカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を添加したものが一般的にウォーターサーバーで飲まれているRO水(ROミネラルウォーター)です。

ミネラル分を添加する理由は口当たりや飲みやすさ、美味しさの観点からです。ピュアウォーターは飲みやすいのですが、ミネラル分ないため味気ない水になってしまいます。やはり人間が飲むため多少は味が欲しいと思うのでしょう。そのため各社ミネラル分を添加することで飲みやすい仕様にしています。

RO膜は逆浸透膜とも言われており、その目の大きさは非常に細かいです。0.0001mm=1ミクロンなので、0.0001ミクロンは0.00000001ミリという細かさですからもうわけがわかりませんね。

通常はRO水(ミネラルが添加してある)と言えば「クリクラ」「アクアクララ」「ワンウェイタイプのRO水」で、ピュアウォーター(RO水にミネラル添加なし)は「アルピナウォーター」などが扱っています。

1ヶ月の電気代はどのくらい

各社のサーバーによって電気代は異なりますが、一般のウォーターサーバーならば毎月1,000円前後の電気代と考えていいでしょう。最新式のウォーターサーバーなら毎月500円前後という省エネサーバーも出てきています。

すぐに冷水や温水が利用できるの?

すぐには利用できません。正確には「水ボトルを設置後の15分〜25分後」というと正しいです。

なぜすぐに利用できない理由はウォーターサーバーの構造上の問題です。

ウォーターサーバーは水ボトルの水をサーバー内部にある「冷水タンク」と「温水タンク」の二カ所に溜める構造になっています。

冷水タンクも水ボトルから供給された水を電気を使って冷やしますが、その際にもやはり時間が必要になります。

また温水タンクも電気を使って加熱処理をするため水が温水の設定温度である80℃前後になるまで時間が必要なのです。

停電したらウォーターサーバーは使えるか?

コック式のウォーターサーバーは利用できます。利用できないウォーターサーバーとしては「電気制御式」「汲み上げ式(足元に水ボトルを入れるタイプ)」です。

後者の2タイプのサーバーは電源を動力として水を出す仕組みをしています。特に汲み上げ式は電気で水を上部に運ぶため原動力である電力がないと水が出ません。

そのためこれら2種類は電気がないと使用が不可能になってしまいます。

停電した時のウォーターサーバーの水は飲める?

停電してもウォーターサーバーの水は飲む事ができます。しかし、これは1日以内が目安です。

この理由は、停電をすると「冷水タンク」「温水タンク」の温度は常温に近づくため雑菌が繁殖しやすくなることがあるからです。

これは各タンク内の水温調整をするための電力が停電によって供給されないため、冷やす事も温める事もできなくなるなります。

つまり、時間の経過とともに冷水は温まり、温水は冷えていきます。

そうなると塩素などによって雑菌処理をしていないウォーターサーバーの水は雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

だから、停電した場合は早めに飲むか、時間が立っている場合は水を捨てるという選択が良いはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする