ウォーターサーバーにはどんな種類があるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの種類について

初めてウォーターサーバーを選ぶ方は「ウォーターサーバーってどんな物があるの?」「どんなポイントで選べば良いの?」と思われるでしょう。

最近のウォーターサーバーは多種多様で初めてのユーザーの方が決めるには様々な要素があり、わからない言葉も沢山あります。

そのため「重要な比較ポイント」を抑えておけば、どんなポイントでご自身に合うものを選べば良いかわかりやすくなります

今回は初めてウォーターサーバーを選ぶ上で重要になるポイントや大きな比較ポイントを紹介します。

*おすすめのウォーターサーバー比較ランキングについてはトップページで紹介していますので、お申し込みの際にはご利用下さい。

ウォーターサーバーの卓上式・床置き式

ウォーターサーバーには「卓上式」と「床置き式」の2種類があります。

卓上式とは、テーブルや机などに置けるサーバーで、床置き式よりも高さが低いことが特徴です。

床置き式とは、一般的なウォーターサーバーをイメージしてもらうとわかりやすいように、高さ1メートルくらいの床に直接置くサーバーです。

下の画像はクリクラの床置きタイプ(画像の左側)と卓上タイプ(画像の右側)のサーバーです。

床置き型は高さ約1mで横幅と奥行きはA4サイズの紙が収まる()程度です。

卓上型は高さは50cm程で、床置き型とは半分近く異なります。

卓上式、床置き式による比較ポイントとしてはご自宅の配置スペースが関係してきます。

床置き式はやはりスペースを使うため、ご自宅が狭い方やスペースを取りたくないユーザーの方にはおすすめできません。

また、床置き式には、背面に転倒防止用の金具などが付けられていますが、大きな地震等の際には転倒することも予想できます。

地震の多い地域に住んでいるユーザーは卓上式を利用して、転倒しない場所に設置する等の対策を取ると良いでしょう。

小型の卓上のウォーターサーバーのオススメなところは?メリットやデメリットも紹介します!
小型の卓上型のウォーターサーバーとは? 小型の使いやすいウォーターサーバーがあることをご存知ですか? 実は卓...

ボトルの交換方法は下部(足元)か上部か

ウォーターサーバーの水ボトルの交換は昨今までサーバー上部が主流でしたが、現在はサーバー下部(足元)のものも普及してきています。

以下の画像が足元でボトル交換をできるタイプです。

ユーザーの方の比較ポイントとしては、上記の画像のようなタイプのサーバーは力の無い方や足腰が弱い方には大変貴重なサーバーです。

力があるか無いかで足元タイプかサーバー上部タイプか選択すると良いでしょう。

水ボトルは12ℓあるので意外と重いです!サーバー上部で水ボトルを交換するタイプでは、女性や高齢者の方がこのボトルを胸の高さまで持ち上げる必要があるので重労働ですから。

しかも、これを1ヶ月で2本ボトルを交換する場合は2回、水の消費量が多い家族では毎月の消費ボトル数は5本くらいですから5回も重いボトルを持ち上げないといけません。

一度、2ℓボトルが6本入ったダンボール(スーパーなどで売っているセット)を持ち上げてみて、苦にならないかどうかを試してから、どちらのタイプを選ぶか決めるとおすすめです。

足元でボトルを交換できるタイプは「コスモウォーター」「フレシャス」などがあります。

足元でボトル交換ができるウォーターサーバーを徹底比較!
ウォーターサーバーの中には足元でボトル交換できる物が増えてきました。 これはコスモウォーターのサーバーで、足元で水ボトルの交換ができま...

サーバーはレンタルまたは購入

ウォーターサーバーのサーバー部分である本体をレンタルするか、購入するかの違いです。

現在の主流は『レンタル』ですし、私もレンタルをおすすめします。

サーバー本体の値段は3万〜4万円近くしますから、購入すると非常に高額です。

また、レンタルの場合は、企業の貸与物になりますが、購入の場合はユーザーの所有物となります。

つまり、購入した場合はメンテナンスなどを自分で行なわないといけません。

専門性の高いサーバー本体を一般のユーザーがメンテナンスすることは不可能です。

企業のサーバーメンテナンスには、分解・薬品洗浄・消耗品の交換などを行ないますから、一般の方では大変です。

「『レンタル料金』を毎月取られるのが嫌だな」と思われるユーザーの方はレンタル料無料のウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

クリクラやコスモウォーターなどがレンタル料無料です。

『レンタル』の欠点は解約金です。

解約金は、契約解除の際に支払う必要がある金額で各社2年未満で9,000円ほどを設定しています。

ウォーターサーバーの各企業は水ボトルの販売で収益をあげていますから、目安として2年未満で解約された場合、利益が出ないからでしょう。

どちらにしてもユーザーの方はレンタルを選ぶ方が良いです。

ウォーターサーバーの『レンタル料金』を比較!
「ウォーターサーバーのレンタル料金っていくら?」かというと、 「無料が最も多く、最新のサーバーやオシャレなサーバーでは500円...

サーバー交換やメンテナンスは実施しているか

ウォーターサーバーを選ぶうえでポイントになることは『メンテナンス』をしているかです。

ウォーターサーバーは水を扱っていますから、サーバー内部は汚れます。

セルフメンテナンスでは外部の掃除くらいしか出来ることが限られています。

サーバー内部の衛生面を清潔に保つことが必要です。

だからこそ、定期的なサーバー交換メンテナンスが必要です。

サーバー交換メンテナンスが無料のメーカーは『クリクラミオ』くらいしかありません。

コスモウォーターもフレシャスもサーバー交換を行なうと1回5,000円ほど必要になります。

特にサーバー交換のメンテナンスは企業としてコストが掛かりますから、各社やりたくないか有料で行なうところがほとんどです。

クリクラミオの基本情報やメリット・デメリットを紹介!
2015年にクリクラミオが新登場しました。 クリクラを運営する株式会社ナックが提供するサービスで『クリ...

ワンウェイタイプ(使い捨て)かリターナブルタイプ(返却・回収)か

ワンウェイタイプとリターナブルタイプの違いは大きく3つほどあります。

  1. ワンウェイタイプは返却不要の使い捨てボトル、リターナブルは返却が必要。
  2. ワンウェイタイプは宅配業者が宅配、リターナブルタイプは社員が宅配する。

ワンウェイタイプは返却が不要なウォーターサーバーの仕組みです。

以下のようにリターナブルタイプと違って、ボトルの返却がありません。

ワンウェイタイプのシステム解説

ワンウェイタイプの水ボトルは水の使用につれてボトルが潰れていくので、返却の必要がありません。

こういったボトルがワンウェイタイプの使い捨てボトルで、柔らかく潰しやすい素材で出来ています。

ワンウェイボトル(使い捨てボトル)の大きさ解説画像

こちらは佐川急便などの宅配業者が宅配します。

どちらかというと、対応が苦手な方や水だけ欲しい方におすすめです。

営業マンや社員との関わりを出来る限りしたくない方にはワンウェイタイプが適しています。

リターナブルタイプはガロンボトルですから、使い回しです。

次回の水ボトル宅配時に返却する必要があります。こちらは社員や代理店の宅配員が配送します。

仕組みは以下のようになっており、ボトルの利用後に返却が必要になります。

リターナブルシステムの解説

どちらかと言うと、安心してウォーターサーバーを利用したいユーザーにおすすめです。

その理由は、やはり顔が見える商売だから安心感があります。

クリクラの○○さん、アクアクララの○○さんなど親しみもありますし、サーバーの疑問や故障などがあった時には宅配時に相談することもできます。

ワンウェイタイプは問題があった際には本部のコールセンターに電話しないといけません。

ワンウェイタイプは、実際に顔を合わせないからか別の理由があるのかわかりませんが、コールセンターの対応が悪いと言われています。

ワンウェイタイプは元々現場に営業マンをおいて業務を行なっていたリターナブルタイプから営業や現場業務を省いたものですから、現場の対応力は悪いです。

ワンウェイタイプとリターナブルタイプはどう違う?比較してみます!
ワンウェイタイプとリターナブルタイプの違いを比較します! ウォーターサーバーを選ぶ時には「ワンウェイタイプ」と「リターナブルタイプ」という...

RO水か天然水か

初めてウォーターサーバーを選ぶ方は「RO水」「天然水」の違いは覚えておくべきです。

ワンウェイタイプとリターナブルタイプの違い比較

RO水はまずウォーターサーバーを利用した方ぐらいしか聞くことはない言葉です。

RO水とは、特殊な膜である逆浸透膜で濾過した水にミネラル分を添加した水で、原料は水道水で生産されています。

カルキや雑菌、ミネラル分なども逆浸透膜を通さないため、安全性は高いです。

RO水は人工的なイメージがあり、またお金を払って安全な水道水を飲むということから躊躇される方もいます。

天然水は、人気があります。

やはり名前が自然らしいイメージがあるからか、原発事故以降西日本の水を飲みたいという方が多いためかRO水よりも天然水を選ばれるユーザーが多くいます。

天然水とRO水では、味の違いはほとんどなく、値段で言うとRO水の方が安いです。

これに関してはユーザーの方のお好みで選ばれると良いでしょう。ちなみに天然水とRO水のどちらも利用できるウォーターサーバーもあります。そういったメーカーを選んで飲み比べをするのも良いでしょう。

RO水とは何?どこがお得で安い?各ウォーターサーバーを徹底比較
ウォーターサーバーを調べていると「RO水」という言葉が出てきます。 今回は初めてウォーターサーバーを導入しようと考えている方のためにR...

ボトルのサイズは12ℓ(ガロン)かそれ以外か

最後に、ユーザーの方が注意して欲しいことは、『ボトルのサイズ』です。

ウォーターサーバーのボトルの大きさは「12ℓ」が基本ですが、最近は4.5ℓや6ℓ、7ℓ、8ℓ、18.9ℓなど様々ものがあります。

これが標準的な12ℓボトルです。

12ℓ使い捨て水ボトル

またこちらはフレシャスというメーカーの7.2ℓ水パックです。

フレシャスの水パック

水パックはボトルよりも潰れやすく捨てやすいという特徴があります。

水ボトルについては覚えてもらいたいことは、ウォーターサーバーの水のボトルは「重い」です。

ですから、女性や高齢者の方が重いボトルを選ぶと宅配の時やボトル交換の際に苦労します。

あれは胸の高さまで上げるのには力がいります。

もし女性の方や妊婦の方が選ぶ場合は、クリクラミオのような軽いパックを利用できる会社を選んだり、また男性がこのページを見ている場合はボトル交換は自分が行なうのか、奥さんが行なうのかでボトルのサイズを決めることも重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする