水道水がまずい、美味しくない。毎日飲むのは嫌ならウォーターサーバーにしてみては?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水道水って「まずい、美味しいない」と感じるには原因があります。

「水道水って美味しくない」「とにかくまずい」なんて思ったことはありませんか?

私も昔は「水道水は美味しくもなければ、不味くもない」と思っていたのですが、引っ越しから「なんか臭みがあるな」と感じてきました。

水道水には塩素が入っており、これが「臭い、匂いがする」と感じる人は多いようですし、地域によっても水道水の美味い不味いには大きな差があります。(コレは私も実感しました!)

月に1回行く病院が混雑していても人間は我慢できます。

しかし「毎日飲む水が不味いなんて最悪だ」人間はそう思うものです。

すでに、そう思われる方はやはり水道水以外の別の手段で飲み水を確保しています。

そこで今回は少し紹介します。

水道水が不味い理由

1つに「塩素」があります。この塩素のおかげで消毒されており、水道水を飲むことができます。

しかし、塩素はプールなどでも使われています。単純に考えれば「水道水は薄めたプール」のようなものです。小学校の水泳の授業でプールの水を間違って誤飲した方もいると思いますが、あれと同じですよ。

塩素が入っていない水は美味しいです。ペットボトルやウォーターサーバーの水はやはり飲んでみても違いますし、小さい子なんて美味しいからゴクゴク飲んでしまいます。

塩素が入っているので安全に利用できますが、やはり塩素の影響が水道水を不味くしているのかもしれません。

もう1つは地域です。

地方は比較的水道水が美味しいですが、都内は美味しくない傾向にあります。

やはり自然豊な土地の水と都会の水は違うものなのでしょう。

もしお住まいの地域の水が美味しくないならば別の手段で水を調達すべきです。

ちょっと見ておきたい動画:水道水について知っておきたいこと

特に築年数が10年を過ぎている住居に住んでいる方はこの動画をご覧下さい。

水道水からとんでもないものが出てきます。

こういった水を何気なく飲んでいるということですね。

ちょっと水道水に対する印象が変わりますし、これじゃあ学校の水道なんかも心配です。

ペットボトルの水や浄水器という選択肢もあるが…

水道水を飲みたくないという方はペットボトルで水を飲むという方法があります。これなら水道水を飲まないで済むので美味しい水を飲むことができます。

しかし、ペットボトルの水は購入量が増えれば増えるほど持ち運びが大変です。家の近くにスーパーが有っても買って運ぶのには体力が必要です。女性なんてこの作業は大変です。

さらに、捨てる時には大量のペットボトルが出てきます。24リットル飲む場合は2リットルのペットボトルでも12本、500mリットルの場合は48本も自分で処分しないといけません。

これってとても大変ですよ..

また浄水器を設置するという方法でも良いでしょう。

しかし、浄水器で飲む水も元は美味しくない水です。もちろんキレイにはなっても気分は進まない、そう思われるのではないでしょうか。

そうすると、別の方法としてはウォーターサーバーを選ぶという方法もあります。

ウォーターサーバーでは、水道水ではなく「天然水」が飲める

水道水を避ける方法としては、ウォーターサーバーがあります。

ウォーターサーバーとはこういうものですね。

自宅に水を宅配してくれる他、約10度の冷水や80度の温水がすぐに使えるようになります。

夏は気持ちが良い冷水を、冬は紅茶や緑茶、コーヒー、インスタントラーメンなども温水を使ってすぐに召し上がることもできます。

元々は水が飲めない外国で一般的ですが、実は今はこういった商品が日本に出てきているんですね。

今のウォーターサーバーはレンタルする仕組みなので購入しなくても良いんです。しかもレンタル料金が無料がほとんどです。

ただ、水の料金などが必要になりますし、一部のサーバーは早期の解約で違約金なども発生します。

ですから、「費用」と「水道水を飲まなくて良い」「水を宅配してくれる」「すぐにお茶やコーヒーが作れる」という要素を天秤にかけてどちらかにするか決められると良いと思います。

水道水より他の飲料水を探している方にとっては、ウォーターサーバーという選択肢は最適なのではと思いますね。

フレシャスやコスモウォーター、プレミアムウォーターという企業では「天然水」を採用しています。

水道水が飲みたくないと感じられる方はウォーターサーバーも検討してみてはいかがでしょう。

当サイトでは「ウォーターサーバーのおすすめ比較ランキング」も紹介していますので、参考にどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする