ウォーターサーバーの温水や冷水の利用例を紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの温水と冷水の利用方法の一部を紹介します。

ウォーターサーバーの温水の利用方法

コーヒや紅茶などの温かい飲み物

ウォーターサーバーでコーヒーや緑茶、紅茶を作ると大変美味しく仕上がります。特に緑茶は旨味成分が出るためコクのある味になります。

それ以上にすぐに飲みたい時に飲むことができるというメリットがあります。コーヒーやお茶は必要な水の量が少なめです。そのためヤカンでお湯を沸かすとガス代がかかってしまいますし、使わなかったお湯はせっかく沸かしたにも関わらず、また常温の水になってしまいます。

ウォーターサーバーは基本的に稼働時は電気が入っているので、1回1回沸かす手間もなければ、こまめにガスを利用するということもありません。

赤ちゃんのミルク作り

赤ちゃんのミルク作りにもウォーターサーバーの温水が役に立ちます。赤ちゃんは子供や大人とは違い、急にミルクを欲しがることがあります。電気ケトルがあっても良いのですが、ウォーターサーバーがあればすぐに80℃近くのお湯が出るためミルクを作ることができます。

また、ウォーターサーバーの温水にはチャイルドロックが掛かっているため、乳幼児でも安心です。しかし、各企業チャイルドロックがあるから安全だと言っていますが、実は年間数件程度ですが乳幼児の火傷事故が発生しています。

当サイトでは他の実験結果などを元に安全だと思われるチャイルドロックを比較しているので、赤ちゃんがいる方は以下の記事も参考にしてください。

赤ちゃんのミルクに使えるウォーターサーバーの基礎知識」を徹底解説!
どんなウォーターサーバーが赤ちゃんのミルク作りに使えるのか、衛生面やチャイルドロックの安全な物はなにか等、ママさんが知っておきたい情報を紹介しています。

料理

料理にもウォーターサーバーの天然水を利用することができます。ご飯をウォーターサーバーの水で炊くとふっくらと美味しく炊くことができます。

また、すぐに野菜を茹でたい時や魚の下湯でをしたい時にも利用できます。どちらかと言うとウォーターサーバーの水は美味しいので捨ててしまう利用方法はもったいないですが、このような利用をすることで時間の短縮をすることも可能です。

インスタントラーメンなどの食品

ウォーターサーバーの温水はインスタントラーメンなどを作る時には大変便利です。特にインスタントラーメンはお湯の量がコーヒーなどよりも多めに必要なので、ウォーターサーバーのように温水がすぐに大量に利用できるものにピッタリです。

ヤカン等でもお湯は作れますが、インスタント食品はお湯が大量に必要なので、作ってみたけれどお湯が足りなかったり、お湯を沸かすまでの時間が待てなかったりしてしまいます。

ウォーターサーバーはそういった状況になりにくいため、非常に便利です。

その他にもお茶漬けやスープ、みそ汁などもすぐに作ることができます。

ウォーターサーバーの冷水の利用方法

そのまま飲む

冷水の水ですから、そのまま飲むという選択肢があります。ウォーターサーバーの水は5℃〜10℃前後と冷たいため、夏の暑い日に飲むと大変爽快感があります。

またお風呂上がりや運動後にも大変美味しく飲むことができます。水道水と違って塩素などが含まれていないので、臭みや飲みにくさもありません。

水出しのお茶

ウォーターサーバーの水で水出しのお茶等を作っても美味しく飲むことができます。やはり水道水で作るよりも、天然水で作る方が美味しくできあがります。

注意点は、長持ちはしないという点です。これは水道水に含まれている塩素がウォーターサーバーの天然水には含まれていないという点です。そのため雑菌等は水道水で作った時と比べて繁殖がしやすいのです。天然水で作った場合は早めに飲みきることが必要で、最低でも1ヶ月以内には飲みきりましょう。

ウォーターサーバーのしてはいけない利用方法は?

ウォーターサーバーの天然水やRO水には水道水と違う特徴があります。そのためやってはいけないこともありますので、解説しておきます。

氷を作ること

ウォーターサーバーの冷水・温水利用でしてはいけないことは、「冷蔵庫の製氷機で氷を作ること」です。その理由ですが、冷蔵庫の製氷機に限っては基本的に水道水で作らないといけません。

ウォーターサーバーの天然水には、塩素が含まれていません。そのため雑菌が繁殖しやすいという特徴があります。冷蔵庫の製氷機にウォーターサーバーの天然水を利用すると、塩素が入っていないため配管や水タンク内で雑菌が繁殖します。そのため、作った氷がカビ臭くなったり、黒カビが発生することもあります。

つまり、ウォーターサーバーの天然水やRO水は塩素が入っていない特徴があるために、雑菌の繁殖には弱いので、氷を作ることには向きません。

どうしても天然水で氷を作りたい時には製氷皿を利用して氷を作って下さい。その場合は問題なく作ることができます。