災害に備えたい!キャンプで使いたい!そんな方にはウォーターサーバーのバッグインボックス(BIB)がおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BIBとは、災害やアウトドアで役立つ!水ボトルのみで保管や持ち運びが便利なボトル!

BIBはウォーターサーバーを頼んでいる方だからこそ、活用できる水ボトルのことです。BIBとは、バッグインボックスの略で段ボールに入っている水ボトルのことを言います。

ボトルはワンウェイタイプが主流で返却の必要はなく、また四角の段ボールに入っているため、通常の使い捨てボトルと違って丈夫で保管がしやすい特徴があります。車のトランクや自宅の納戸などにも収納しやすい形をしています。

コックを取り付けるだけで天然水を飲むことができるので「アウトドア」への持ち運びや「災害時の備蓄水」など利用用途が多いことも特徴ですね。以下の画像はフレシャスのBIBです。

フレシャスbibの画像

これがフレシャスのBIBです。

そして以下の画像はプレミアムウォーターのBIBです。フレシャスと同じく基本的な形状は一緒です。

プレミアムウォーターのBIB画像

プレミアムウォーターのBIBは定期購入も可能!

常温の水であれば、これだけで飲むことができます。停電や地震、気象災害などでウォーターサーバーが止まっても、BIBがあれば水に困ることはありません。ちなみにBIBには冷水機能も温水機能もありませんので、常温しか利用できません。

残念ながら、BIBはウォーターサーバー契約者しか利用できない

BIBは誰でも注文できるかといえば、そんなことはありません。実はウォーターサーバー契約者しか契約できません。BIBだけ利用したいという注文はできないんですね。

つまり、ウォーターサーバー契約者だけの購入ができるサービスになっています。「じゃあ、BIBが欲しいならわざわざウォーターサーバーも契約しなくちゃいけないの?」と言えば、そんなこともありません。

一部だけウォーターサーバー契約者以外でもBIBを入手する方法があります。それはamazonでBIBを購入する方法です。サントリーなどのBIBはamazonでも購入できます。

amazonなどの通販でも取り扱いはあります。しかし、フレシャスやプレミアムウォーターなどのウォーターサーバー企業の水は取り扱いが少ないため購入は難しいでしょう。

絶対に○○のBIBが飲みたい!という希望があれば別ですが、それ以外なら通販でBIBを注文した方が良いと思います。

BIBを扱っているウォーターサーバー会社を比較

BIBを扱っているウォーターサーバー会社はまだまだ少ないです。以下は当サイトで紹介しているウォーターサーバーのBIB取り扱い企業の比較です。

フレシャス プレミアムウォーター サントリーウォーターサーバー
ボトル名 BIB バッグインボックス(定期購入) バッグインボックス(都度購入) 天然水ボックス
ボトルタイプ(使い捨てor返却) 使い捨て 使い捨て 使い捨て 使い捨て
1ボトルのあたりの容量 10 10 10 7.8
1ボトルのあたりの値段(税込み) 1404 1382 1598 1242
水の価格(500ml換算税込み) 70.2 69.1 79.9 79.61538462
最低購入数 2 2 2 3
最低購入料金 2808 2764 3196 3726

サントリーに関しては通常ボトルと同様です。サントリーの水ボトルは段ボールに入った状態で宅配されるため、専用コックを取り付けることでいつでも利用できます。

一方のフレシャスやプレミアムウォーターは通常は水パックの宅配なので、BIBを利用したい方は専用のBIBを購入しないといけません。

サントリーの水ボトル専用コックの画像

サントリーの水ボトル専用コックは取りつけるだけで利用可能!

比較表をみるとサントリーのウォーターサーバー利用者が、コックを取り付けるだけなのでBIB利用では1番楽ですね。ボトルが必要な時に宅配するフレシャスやプレミアムウォーターではなく、サントリーの水ボトルの方が「すぐに非常用の飲み水として準備できる」での汎用性が高いと言えます。

サントリーウォーターサーバーのメリットとデメリットを紹介!
「南アルプスの天然水」で有名なサントリーがウォーターサーバー業界に参入していることを知っていますか?飲めるお水は「南アルプスの天然水...

値段に関しては、天然水なのでこれくらいが妥当です。RO水であれば50円台もありえますが、各社天然水を扱っているのでこの値段が一般的です。

サントリーの専用コックについてはオプションのため、利用申請が必要です。ウォーターサーバーの契約だけでは付いてこないため、コールセンターへ連絡する必要があります。

今回はウォーターサーバーのBIBについて解説しました。BIBは災害の多い日本では大変役立ちますので、ウォーターサーバーユーザーは覚えておいて損はありません!