ウォーターサーバーの解約金を比較!解約金なしのオススメも解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーには解約違約金があることを知っておこう!

ウォーターサーバーには解約金が必要です。これはユーザーの方が各企業が定めた期間または指定月以外にウォーターサーバーの利用契約を解約、破棄する場合に支払う必要がある金額です。

大体3,000円〜15,000円くらいで、家庭としては負担が多いですね。私もできればこれは払いたくない!(笑)

では、今回はこの解約金について比較、解説していきます。

ウォーターサーバー各社の解約違約金を徹底比較!

以下の表はウォーターサーバー各社の解約違約金の比較表です。

ウォーターサーバー名 サーバーのタイプ 解約違約金
コスモウォーター らく楽スタイルウォーターサーバーSmart 2年未満での解約:9,000円(税込9,720円)
スタイルセレクトウォーターサーバースタイリッシュタイプ
アクアクララ アクアアドバンス 180日以内の場合、3,000円+消費税
アクアスリム 180日以内の場合、3,000円+消費税
アクアスリムS 180日以内の場合、3,000円+消費税
クリクラミオ クリクラミオ 2年未満の場合、8,000円(税抜)
クリクラ クリクラサーバーL 無料
クリクラサーバーS 無料
クリクラ省エネサーバーL 無料
クリクラ省エネサーバーS 無料
フレシャス dewo 契約後またはサーバー交換後9ヶ月未満では、15,000円(税込16,200円)

契約後またはサーバー交換後9ヶ月経過後2年未満では、9,000円(税込9,720円)

3年プランの場合、契約後3年未満またはサーバー交換後3年未満は17,000円(税込18,360円)

slat
siphon
siphon slim
carrio
FRECIOUS
BOTTLE
basic
サントリーウォーターサーバー ウォーターサーバー 更新月以外の契約期間内に解約:7,000円(税抜)
1度契約更新をした場合で更新月以外に解約:3,000円(税抜)
オーケンウォーター スクエアサーバーロング ・利用開始から1年未満で天然水の購入回数が12回未満の場合:サーバー引取料:5,000円(税抜)/サーバー交換料:5,000円(税抜)
スクエアサーバーショート ・利用開始から1年未満で天然水の購入回数が12回未満の場合:サーバー引取料:5,000円(税抜)/サーバー交換料:5,000円(税抜)
スタイリッシュロング ・利用開始から1年未満で天然水の購入回数が12回未満の場合:サーバー引取料:5,000円(税抜)/サーバー交換料:5,000円(税抜)
スタイリッシュショート ・利用開始から1年未満で天然水の購入回数が12回未満の場合:サーバー引取料:5,000円(税抜)/サーバー交換料:5,000円(税抜)
プレミアムサーバー ・利用開始から1年未満で天然水の購入回数が12回未満の場合:サーバー引取料:5,000円(税抜)/サーバー交換料:5,000円(税抜)
らく楽ウォーターサーバー ・利用開始から2年未満で天然水のご購入回数が24回未満の場合:サーバー引取料:9,000円(税抜)/サーバー交換料:5,000円(税抜)
スマートウォーターサーバー ・利用開始から2年未満で天然水のご購入回数が24回未満の場合:サーバー引取料:9,000円(税抜)/サーバー交換料:5,000円(税抜)
ワンウェイウォーター らく楽スタイルウォーターサーバーsmart ・2年未満:9,000円(税込9,720円)
・サーバー交換手数料:5,000円(税込5,400円)
スタイリッシュウォーターサーバー(卓上型) ・2年未満:5,000円(税込5,400円)
・サーバー交換手数料:5,000円(税込5,400円)
お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー Acro ・2年未満:14,000円(税込15,120円)
・サーバー交換手数料:9,000円(税込9,720円)
プレミアムウォーター スタンダードサーバーL ・基本プランの場合:2年未満で10,000円(税抜)
・PREMIUM3年パックの場合:3年未満で15,000円(税抜)
スタンダードサーバーS
スリムサーバーL
スリムサーバーS
cado×PREMIUM WATER
ウォーターサーバー
・基本プランの場合:2年未満で20,000円(税抜)
・PREMIUM3年パックの場合:3年未満で20,000円(税抜)
amadanaウォーターサーバー
アルピナウォーター 床置き型 1年未満の場合、サーバー1台あたり4,762円(税別)
卓上型 1年未満の場合、サーバー1台あたり4,762円(税別)
アクセセレクト ワンウェイL ・1年以内:5,560円
・サーバー返送費用が必要
ワンウェイS ・1年以内:5,560円
・サーバー返送費用が必要
ツーウェイL ・1年以内:5,560円
・サーバー返送費用が必要
ツーウェイS ・1年以内:5,560円
・サーバー返送費用が必要
ネイフィールウォーター らく楽スタイルセレクト 2年未満:サーバー引取料:9,720円(税込)/サーバー交換料:5,400円(税込)
らく楽スタイルスタンダード 6ヶ月未満:サーバー引取料:9,720円(税込)/サーバー交換料:5,400円(税込)
スタイリッシュ床置きタイプ 1年未満:サーバー引取料:5,400円(税込)/サーバー交換料:5,400円(税込)
スタイリッシュ卓上タイプ 1年未満:サーバー引取料:5,400円(税込)/サーバー交換料:5,400円(税込)
ウォーターワン JLサーバー 基本プランの場合:5,000円(税別)
床置タイプL 基本プランの場合:5,000円(税別)
卓上タイプS 基本プランの場合:5,000円(税別)
富士おいしい水 床置きタイプ 3,000円(税抜き)
卓上タイプ 3,000円(税抜き)
買い取り床置きタイプ 0円
うるのん ウォーターサーバーGrande 1年未満:1万円(税抜き)
1年以上2年未満:5,000円(税抜き)
ウォーターサーバーGrande(卓上) 1年未満:1万円(税抜き)
1年以上2年未満:5,000円(税抜き)
スタンダードサーバー 1年未満:1万円(税抜き)
1年以上2年未満:5,000円(税抜き)
スタンダードサーバー(卓上) 1年未満:1万円(税抜き)
1年以上2年未満:5,000円(税抜き)
スタイリッシュサーバー 1年未満:1万円(税抜き)
1年以上2年未満:5,000円(税抜き)
ライフスタイルウォーター スタイリッシュ床置き 1年未満:1万円(税抜き)
1年以上2年未満:5,000円(税抜き)
スタイリッシュ卓上 1年未満:9,500円(税別)
アメリカン 1年未満:9,500円(税別)
らく楽スタイルウォーターサーバー 1年未満:9,500円(税別)

上記のようになっています。サントリーは更新月という制度をとっていることやウォーターワンは利用期間の規定がないこと、つまり利用期間に限らず解約金が必要ということを覚えていてください。

解約違約金の設定の有無でユーザーが判断することは?

解約違約金があるということは、初めて利用する方は解約金が無料の方がお得ですし、何度もウォーターサーバーの乗り換えをしている方は、規定利用期間が短期であるものが良いですし、いつか乗り換えをしたい方は好きな時に解約できるものがおすすめです。

つまり、「ユーザーの方はいつ自分が解約する可能性があるのか」を考えて決める必要があるというこです。

ウォーターサーバーの利用 選ぶべき解約違約金 ウォーターサーバー会社
初めてウォーターサーバーを利用する方 無料 クリクラ
乗り換えを頻繁にする方 解約違約金の支払い対象期間が短期である、または無料 アクアクララ、クリクラ
いつか乗り換えを考えている方
  • 好きな時に解約できる
  • 利用期間で解約金が設定されているところ
  • サントリー

上記はおすすめできない。

初めてウォーターサーバーを導入する方は「いつでも解約できるウォーターサーバー」がおすすめです。ウォーターサーバーを初めて導入する方は、使ってみて初めて今まで想像していたものと違うと感じる方もいます。その時に解約金があると解約することを迷ってしまい、解約することはできません。お金が必要なら使ってみるかと多くのユーザーの方は思ってしまい、企業の思うつぼです。

だからこそ、初めて導入するユーザーの方は『解約違約金無料』のクリクラがおすすめなんですね!ちなみに解約金無料なのはクリクラくらいしかありません。

乗り換えを頻繁にするユーザーの方はアクアクララがおすすめです。アクアクララは半年以上利用すれば解約金はかかりません。

いつか乗り換えをするかもしれないユーザーの方は「サントリー」以外であればおすすめできます。

サントリーは更新月設定がされているため、毎年1回ある更新月に解約申請をしないと解約金がかかってしまう面倒くさい制度だからです。

ユーザーに多いのは、解約違約金を知らなかったことによる金銭トラブル

ユーザーの方の苦情で多いことは「解約金」を知らなかったというトラブルです。ウォーターサーバーの解約金は利用規約の最後の方に明記されていることも多く、契約書類を確認しないで申し込みされる方が、解約をする時に違約金を請求されてトラブルになるケースが多くあります。

ショッピングモールなどでの展示販売や一部web比較サイトなどでは解約金を明記していないことによるトラブルがあります。当webサイトでは、解約金があることをユーザーにしっかりと提示していますから、安心して下さい。

ユーザーが支払う解約違約金が高い理由

ウォーターサーバーはストックビジネスという仕組みを取っています。これは、最初は赤字ですが、ユーザーの方が長く利用してくれることで(水ボトルを定期的に長期に渡って購入)黒字へと転換していくビジネスです。身近なところでは携帯電話などがこのビジネスにあたりますね。

このため、ウォーターサーバー会社はユーザーの短気での解約は損失になってしまいます。赤字になる原因は、人件費や配送費、広告宣伝費、水ボトルの生産プラント建設費、維持費などがあるためです。途中解約すると赤字分をユーザーから回収できません。だから、解約金を設定して回収しています。

また解約金はストックビジネスにおいて、企業にプラスに働きます。解約金があるとそれを払いたくないユーザーが契約を更新してくれるのですね、お金を払うなら続けようと思うわけです。ユーザーの方はそういった側面があることを覚えておくと良いですよ。

こういった赤字を埋め合わせないとウォーターサーバー会社もやっていけないという裏事情があります。

リターナブルタイプのクリクラやアクアクララは解約金が安いですが、これは社員が宅配しているため、コストが安く済むことが理由でしょう。ワンウェイタイプは普段宅配業者が配送するので、社員のルーティンワークにサーバー回収業務を組み込めない場合、コストが掛かってしまうからです。

初めてウォーターサーバーを契約する方や解約する可能性がある方はクリクラがおすすめ!

ウォーターサーバー各社とも解約金を設定している中、クリクラだけ解約金無料というのは驚きですね。シェアも上位で解約違約金が無料な良心的な企業です。

その理由はもしかしたら、解約金を設定している企業が多いため、初心者ユーザーを囲い込もうとするクリクラの戦略なのかもしれません。

どうであれクリクラが初心者のユーザーに優しいことには変わりませんから初めての方や解約違約金が気になる方はクリクラを利用されると良いはずです。

「解約金なし」のクリクラは初心者でも使いやすい、言い換えれば「乗り換えしても無料」といえます。

つまり、解約違約金が無料なので「コスモウォーターを導入したいがまずはクリクラで1年くらい使いたい方」でもおすすめです。

初めてウォーターサーバーを利用する方は不安がありますから、こういった方法も覚えておいて下さい。

クリクラの無料お試しをされたい方は宅配水『12Lボトル無料お試しキャンペーン』実施中! さらに送料無料!からどうぞ。

または無料お試しを利用すると言う方法もあります。

無料お試しについては以下の記事で解説しています。

『無料お試し』ができるおすすめのウォーターサーバー会社を比較します!
このサイトに訪問された方は『ウォーターサーバー 無料お試し』と検索された方だと思います。 このページに来た方は正解です。(笑)...