ワンウェイタイプとリターナブルタイプはどう違う?比較してみます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンウェイタイプとは?

ワンウェイタイプのクリクラミオのボトル画像

ワンウェイタイプのボトルは使い捨てです。

ワンウェイタイプとは、使い捨てボトルを扱っているウォーターサーバー会社のことを言います。ボトルを宅配業者が自宅届けて、飲み終わったボトル容器はそのまま捨てることができます。このように宅配業者が自宅に届けるだけですので「ワンウェイ」ということが由来です。

リターナブルタイプとは?

リターナブルタイプとは、飲み終わったボトルを再度ウォーターサーバー会社の宅配員に返却することから返却(リターン)から、そのように言われています。それぞれの宅配員から届けられたガロンボトルは飲み終わった後も、捨てずに取って置き、次回の水の宅配時に空きボトルを返却するシステムです。

ワンウェイタイプとリターナブルタイプの違いは?

ワンウェイタイプは「使い捨てボトル」リターナブルタイプは「ガロンボトル」という違いがあります。

「使い捨てボトル」は柔らかい材質で使用に連れてボトルが潰れていく構造になっています。そのため、使い終わった後は折り畳んだり、潰して捨てることができ、大変手軽で楽チンです。

「ガロンボトル」は、ボトルが潰れることはありません。飲み終わってもあのままの大きさなので、次回の宅配員が訪問する際に返却するので、それまで自宅で保管する必要があります。特に水の消費量が多い家庭では、家の中にガロンボトルが溢れかえることもあります。この飲み終わった後のボトルの処分の仕方はワンウェイタイプと大きく違います。

水の違いについては、「ワンウェイタイプ」は天然水を使っており、「ガロンボトル」ではRO水を利用している傾向にあります。アクアクララやクリクラなどの老舗企業ではガロンボトルにRO水という組み合わせが一般的でした。しかし、最近は飲み終わった後のガロンボトルの返却という手間などから、使い捨てボトルの需要もあり、各社ワンウェイタイプのボトルを導入しています。

天然水とは採水した水をボトリングしたもので、RO水とは特殊な膜で濾過した水にミネラルを加えたものです。ワンウェイタイプ・ガロンボトルタイプともにボトルの水にも違いがあります。

また配送方法も異なります。ワンウェイタイプは「宅配業者」が配送します。一方のリターナブルタイプは「販売員(社員など)」が配送します。ワンウェイタイプでは、クロネコヤマトだったり、佐川急便のような宅配業者が宅配するため、自宅にいない時間に配送された場合は再配達になります。

リターナブルは、アクアクララやクリクラのように社員やフランチャイズの販売店が配送を担っています。みなさんも街角で「アクアクララ」「クリクラ」などのハイエースの配送車を見かけたことがあるのではないでしょうか。あれが配達を行なっている配送車です。

ワンウェイタイプのメリットとデメリットは?

ワンウェイタイプのメリットは、ボトルが水の使用に連れて潰れて行くので、ガロンボトルと異なり、ボトル内に入り込む外気を少なくしています。そのため、ボトル内に外気が入らないためボトル内は清潔です。(あくまでもボトル内は!ですよ。)

ワンウェイタイプ
メリット
  • ボトル内部が清潔ですぐに飲みきる心配は少ない
  • 天然水の種類が豊富で選べる
デメリット
  • サーバー交換を積極的に行なっていない会社が多い
  • 天然水はRO水よりも値段が高い

またワンウェイタイプは、天然水を採用している企業がほとんどです。天然水にはそれぞれ採水地があり、自分で選んだ地域の天然水を飲むことができます。これがワンウェイタイプの魅力で、特に東日本大震災の時は、関東や東北で放射性物質の騒動があったので京都や特に大分の天然水が爆発的に人気になりました。どこの水を飲んでいるのか明確であるという安心感と飲み比べができるという楽しみがワンウェイタイプにはあります。

ワンウェイタイプのデメリットは、サーバーのメンテナンスを行なっていない会社が多いことです。ワンウェイタイプのサーバーでは、メンテナンス不要といわれていますが、やはり汚れはでます。確かに以前よりはウォーターサーバー会社の衛生面に対する対策は進んでいますが、やはり人が飲む水ですから、衛生面の管理が必ず必要です。ワンウェイタイプでは、サーバーのメンテナンスがあるか、希望すれば行なわれるかなどをチェックして選ばないといけませんできれば1年に1度、または2年に1度はサーバー交換した方が良いでしょう。

また、天然水系のワンウェイタイプは「水の値段が高い」という特徴があります。500mLで換算すればRO水と比較して20円近く高いです。これは年間の水の使用分で見れば、36L(ボトル3本分)×12ヶ月で17,280円も高くなります。もちろんウォーターサーバーは水だけではなく、サーバーメンテナンス費用なども考慮したトータルコストで考える必要がありますが、「高い!」と言えます。

リターナブルタイプのメリットとデメリットは?

リターナブルのメリットは、社員や宅配員(フランチャイズ代理店など)が訪問してボトルを運んでくれるので、顔を合わせて販売をしてくれるため安心なところです。自動車のディーラーと同じで、客と会社(ウォーターサーバー)の距離が違いということが特徴です。つまり、信頼関係がうまれやすく、会社としてはサービスや新製品の案内がしやすいメリットがあり、お客としては毎月顔を合わせる配達員がいればその時にウォーターサーバーの疑問や品質についても質問できます。

リターナブルタイプ
メリット
  • 社員が宅配してくれる
  • 老舗企業が多いのでサーバー交換メンテナンスなどを行なうことは一般的
  • 製造工場が各地に分散されているため災害に強い傾向がある
  • RO水は天然水よりも安い
デメリット
  • 飲み終わったボトルは自宅に保管する必要がある

リターナブルタイプは、ワンウェイタイプと違って、配送員が宅配するので、「次回はボトルを1本多く欲しい」「追加で一本欲しい」「サーバーの調子が悪い」などの要望や意見を直接伝えることができます。これはワンウェイタイプにはない魅力で、ワンウェイタイプでは、ウォーターサーバーの本部に直接電話やメールをして伝えないといけません。直接見てもらえないので、素人の方だとちょっと心細いですね、サーバーは家庭製品ですから。

リターナブルタイプは、基本的にRO水を採用しています。RO水は天然水系のボトルよりも1Lあたり40円近く値段が安いです。経済的な面を心配される場合はRO水が1番お得です。

また、リターナブルボトルはRO水を利用していますが、RO水の製造工場は全国各地にあります。天然水系のワンウェイタイプが採水地である、静岡・山梨・京都・大分などの一部地域でしか生産されていません。全国各地に製造工場があるということは、素直に見れば「ただの水道水じゃないか」と思うはずです。しかし、別の見方をすれば「全国各地に採水地、製造工場があるので災害に強い」ということも言えます。地震や災害で製造工場に被害があれば、生産はストップします。先日の熊本地震のように工場の供給は停止してしまいますから、天然水の場合は災害リスクがあります。リターナブルはその点、供給に融通が効くのです。

デメリットとしては、リターナブルタイプは、基本的にガロンボトルを採用しています。ガロンボトルはその性質上、ボトル内の水が減少するに連れて、ボトル内に空気が入ります。このためガロンボトルの水は水道水と違って、塩素やカルキが入っていないため、ボトル内部の雑菌の繁殖が心配になります。フィルターを通しても、外気がフィルターで全てキレイになるかと言えば、疑問があるわけです。ガロンボトルの際はボトルの水の衛生面が心配です。早く飲みきることで対処はできますが、知っておきましょう。

それぞれどんな方におすすめ?

おすすめできる方 おすすめできない方
ワンウェイタイプ 安さを重視する方 衛生面が心配な方
リターナブルタイプ 清潔性を重視する方 天然水を飲みたい方

ワンウェイタイプのウォーターサーバーは『安さ』を求める方におすすめです。「天然水ってRO水より高いんじゃないの?」って思われた方がいると思いますが、ワンウェイタイプでもRO水の取り扱いをしている会社があります。ワンウェイタイプはレンタル料金・メンテナンス料金・配送料などが無料の会社が多いですから、RO水を利用すれば年間の利用料金は大変安くなります。経済的なウォーターサーバーを選びたい方はワンウェイタイプをおすすめします。

リターナブルタイプのウォーターサーバーは、サーバー交換でメンテナンスをしっかりと行なっている会社が多いですね。そのため、『清潔さ』を求める方にはおすすめです。クリクラやアクラクララもリターナブルメイカーの代表ですが、メンテナンス(サーバーを新品に交換)を有料で行なっています。ウォーターサーバーの内部はやはり利用年数が増えると増えるだけ汚れます。また、故障などのリスクも増えてきます。だからこそ、各社サーバー交換を行なうわけです。サーバー交換後は分解、薬品洗浄、消耗部品の交換を行いますが、言い換えれば、それだけの処置が必要なのです。メンテナンスを無料で行ないたいならば、クリクラミオがおすすめです。

ワンウェイタイプはほとんどメンテナンスやサーバー交換を受け付けていません。サーバーはレンタル品なので分解ができないため、内部がどれだけ汚れているかはユーザーは確認できませんね。水の貯水タンクや配管などは温水のように温度が高くないため、雑菌が繁殖することもありますから、サーバー丸ごとの交換があった方がやはり安心です。

ウォーターサーバーでの食中毒のような例はないようですが、やはり清潔な方がユーザーとしては安心ですよね。サーバー交換のメンテナンスをしっかりと明記しているリターナブル系は衛生面で考えれば、おすすめです。

ワンウェイタイプとリターナブルタイプのウォーターサーバー会社比較

以下の表はウォーターサーバーのワンウェイタイプとリターナブルタイプの比較表です。基本的にどちらかに分かれますが、一部両方を扱っている会社もあります。

ウォーターサーバー名 サーバーのタイプ ワンウェイタイプor リターナブルタイプ
コスモウォーター 京都:古都の天然水 ワンウェイ
大分:日田の誉れ
静岡:富士の響き
RO水
アクアクララ レギュラー リターナブル
スリム
クリクラミオ クリクラミオ ワンウェイ
クリクラ クリクラボトル リターナブル
クリクラキュートボトル リターナブル
フレシャス BIB ワンウェイ
フレシャス富士
フレシャス木曽
フレシャス朝霧高原
フレシャスボトルべーシック
キャリオ
サントリーウォーターサーバー 月会費プラン ワンウェイ
天然水ボックス ワンウェイ
オーケンウォーター 富士山の
銘水
ワンウェイ
大分天領の
銘水
ワンウェイ
京都丹波の
銘水
ワンウェイ
ワンウェイウォーター プラスプレミアム ワンウェイ
富士の銘水「彩(saya)」 ワンウェイ
奥京都三岳山麓「京の湧水」 ワンウェイ
九州日田「天寿の水」 ワンウェイ
プレミアムウォーター 12L基本プラン ワンウェイ
12L PREMIUMプラン ワンウェイ
7L PREMIUMプラン ワンウェイ
バッグインボックス(定期購入) ワンウェイ
バッグインボックス(都度購入) ワンウェイ
アルピナウォーター 8L ワンウェイ
12L リターナブル
18.9L
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨木
リターナブル
18.9L
栃木・群馬・福島
リターナブル
アクセセレクト 伊勢宮川8L ワンウェイ
伊勢宮川11.35L リターナブル
ネイフィールウォーター 京ほのか ワンウェイ
日田ほのか ワンウェイ
富士の希 ワンウェイ
プラスプレミア ワンウェイ
ウォーターワン 富士山12L ワンウェイ
南阿蘇12L ワンウェイ
島根12L ワンウェイ
富士山12L ワンウェイ
富士山6L ワンウェイ
南阿蘇の天然水 12L ワンウェイ
島根の天然水 12L ワンウェイ
沖縄の海洋深層水 12L ワンウェイ
富士おいしい水 富士おいしい ワンウェイ
富士おいしい
天然水
ワンウェイ
富士おいしい
天然水
PREMIUM
ワンウェイ
うるのん 富士の天然水さらり ワンウェイ
うるうるプラン富士の天然水(3年間変更不可) ワンウェイ
やわらか水 ワンウェイ
ライフスタイルウォーター 富士の清流 ワンウェイ
日田の銘水 ワンウェイ
古都の麗水 ワンウェイ

ワンウェイタイプとリターナブルタイプはボトルによって違う。会社ではない。

アクアセレクトのように、会社によってはワンウェイタイプとリターナブルの両方を扱っている場合もある。