ウォーターサーバーは停電や地震、自然災害の時はどうする?災害に強いのはどれかも徹底比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーの災害について

ウォーターサーバーは電化製品で災害には弱いです。

特に停電を起こした時や天然水の採水地が地震災害に遭った時でもウォーターサーバーに影響が出ることがあります。

ウォーターサーバーの災害の弱さ!

冷水・温水が使えなくなる

ウォーターサーバーは、電力によってサーバー内部の調整を行なっています。

停電すれば冷水タンクや温水タンクの作動はしませんから、徐々に温水の温度が下がり、冷水も温度が上がってくるので常温になってきます。

つまり、ウォーターサーバーの売りである「冷水温水」が使えなくなるんですね。

サーバー内部の衛生面が悪化

長期の停電になれば一部のサーバーに導入されているクリーンエアシステムなどのサーバー内部の衛生面を保つ機能が停止されます。

各社雑菌の繁殖を防ぐために導入したオートメンテナンス機能が停止するため、雑菌は繁殖するでしょう。

1日くらいなら大丈夫ですが、長期になればやはり心配ですね。

ウォーターサーバーのメリットは塩素が入っていないことですが、これが停電時などは裏目に出ます。

塩素が入っていないので美味しい替わりに常温では菌が繁殖しやすいです。

地震や災害にも弱い

ウォーターサーバーは地震にも弱いです。

まず1つ目は転倒などの理由です。ウォーターサーバーは10kg〜20kg近い重さがあります。横揺れの地震や震度の強い地震、また高層階に住んでいる方の場合はウォーターサーバーが転倒することもあります。

最近のウォーターサーバーには背面にワイヤーが付いており、これを壁に取り付けることなどで転倒を防止することはできます。必ず付けるようにしてください。

宅配網が断絶すると水が届かない

もう1つの理由は宅配網の断絶です。

道路の断絶などで水が届かなくなることもあります。

2016年の熊本地震では佐川急便の配送に遅延が発生する可能性があると発表されています。

佐川急便は4月15日、14日に九州熊本エリアを中心に発生した地震による影響で、荷物の集荷・配達に遅延が発生する可能性があると発表した。出典:http://lnews.jp/2016/04/i041509.html

特にワンウェイタイプは宅配業者の宅配ですから、この災害時の配達が弱いです。

この点はクリクラやアクアクララなどの社員が宅配するリターナブルの方が強いかもしれません。

実際に熊本地震の時にコスモウォーターやサントリーは配送遅延が発生しましたが、クリクラでは早く災害支援に取り組み始めました。

これはRO水を扱い、社員が宅配していることが理由です。

天然水系が宅配業者を利用するため影響を受けるのに対して、RO水系は社員宅配なので道が繋がっていれば影響は受けにくいのです。

水ボトルの採水地の影響も受ける

また水ボトルの採水地も大きく影響します。

地震や災害で採水工場の倒壊や停止があれば天然水の生産にも影響します。

ウォーターサーバーはOEM供給といって、1つの工場でたくさんの企業の天然水ボトルを生産していますから、天然水が作れなくなった工場から水を買っていたユーザーは天然水が宅配されず、別の天然水を利用する必要があります。

企業が別の天然水を用意できれば良いですが、天然水の契約者数は全部で50万人以上いますから、大規模災害で地域の全域が被災した場合は、他の天然水で代替できるかどうか怪しいのです。

最悪の場合、ユーザーに水の供給が行かないことも有り得ます。

天然水はRO水と違って採水地が限られているので、大規模災害や複合災害は弱点になる可能性があります。

停電の時の処理は?

電化製品全般に言えることですが、停電が復旧した際に電力が流れてサーバー故障を起こすことがあります。

そのため停電が発生したらウォーターサーバーの電源を切ってコンセントを抜くことが必要です。

停電が復旧したら、コンセントを入れて電源を入れます。

また停電によって温水や冷水機能が停止することで雑菌が繁殖することもありますから、災害等で長期に渡って使用ができないときは水ボトルごと変えてしまう方が良いかもしれません。

特に夏のように気温が高い場合は雑菌の繁殖力も高くなりますから、注意が必要です。

ウォーターサーバーの水は水道水と違って塩素やカルキが含まれていませんので、長期の保存には向いていないため、こういった措置をとる必要があります。

特に「電子制御型」「足元でボトル交換するタイプ」のウォーターサーバーは停電に弱い

最近では『電子制御型』『足元でボトル交換するタイプ』のウォーターサーバーが出てきていますが、これらは停電や災害時にはやはり弱いです。

電子制御型は予想が付くと思いますが、電力で動いています。

押しボタンで冷水や温水が出るようなサーバーで、これは停電時は動かなくなります。それもそのはずで元の電力がないため、全て作動しなくなります。この種のサーバーはまず停電時は使えません。

また『足元でボトル交換するタイプ』のサーバーは足元の水ボトルから冷水タンクや温水タンクに水を汲み上げられなくなるので次第に利用できなくなります。

次第にというのは、冷水タンクや温水タンクにすでに入っている分に関しては利用できます。ウォーターサーバーの内部は水ボトルから一度、冷水や温水のタンクに貯蔵する仕組みになっています。

この足元交換タイプでは、新たに水ボトルから冷水・温水タンクに水は補充されないので、タンク内の水が尽きた時に利用ができなくなります。

停電に強いウォーターサーバー比較

停電に強いウォーターサーバーの特徴は『ボトルがサーバー上部にある』ものです。

水ボトルから重力によって内部タンクに貯蔵しているサーバーです。

これらは上記の2種類のサーバーよりも災害には役立ちます。

しかし、電力が切れているため、冷水や温水の温度調整が利用できず、常温の水になります。

災害に強いウォーターサーバー比較

災害に強いウォーターサーバーは以下の2つの視点が重要です。

  1. サーバー上部に水ボトルがあること
  2. 工場での採水から宅配まで過程で地震災害に強いこと

1番は停電について強いタイプの特徴です。

こちらに関してはサーバー上部でボトル交換をするものであれば良いです。

ただし、電子制御系のウォーターサーバーを除いてです。

2番は災害時の宅配に影響が出るかと言う観点です。

天然水系は生産工場が限られています。

そのため工場が被害にあると復旧まで大変な時間が必要になりますし、場合によっては宅配不可状況になり得ます。

その可能性があるのでRO水の方が災害時には安心です。

また宅配に関しても上記で述べたように、社員が宅配するRO水の方が安心です。

天然水系と違って宅配業者の影響を受けないためです。

ヤマトや佐川は災害時に配達遅延などが発生することがあります。

以下のウォーターサーバーのサーバーのボトル交換場所と配送システムの比較表です。

背景色が黄色のウォーターサーバーはボトル上部交換で非電子制御式のRO水です。

ウォーターサーバー名 サーバーのタイプ ボトル交換方法
コスモウォーター Smartプラス 足元
スタイルセレクトウォーターサーバースタイリッシュタイプ 上部
アクアクララ アクアアドバンス 上部
アクアスリム 上部
アクアスリムS 上部
クリクラミオ クリクラミオ 上部
クリクラ クリクラサーバーL 上部
クリクラサーバーS 上部
クリクラ省エネサーバーL 上部
クリクラ省エネサーバーS 上部
フレシャス dewo 上部
slat 足元
siphon 上部
siphon slim 上部
carrio 上部
FRECIOUS
BOTTLE
basic
上部
サントリーウォーターサーバー ウォーターサーバー 上部
オーケンウォーター スクエアサーバーロング 上部
スクエアサーバーショート 上部
スタイリッシュロング 上部
スタイリッシュショート 上部
プレミアムサーバー 上部
らく楽ウォーターサーバー 足元
スマートウォーターサーバー 足元
ワンウェイウォーター らく楽スタイルウォーターサーバーsmart 足元
スタイリッシュウォーターサーバー(卓上型) 上部
お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー Acro 上部
プレミアムウォーター スタンダードサーバーL 上部
スタンダードサーバーS 上部
スリムサーバーL 上部
スリムサーバーS 上部
cado×PREMIUM WATER
ウォーターサーバー
下部
amadanaウォーターサーバー 上部
プレミアムウォーター
バッグインボックス
アルピナウォーター 床置き型 上部
卓上型 上部
アクセセレクト ワンウェイL 上部
ワンウェイS 上部
ツーウェイL 上部
ツーウェイS 上部
ネイフィールウォーター らく楽スタイルセレクト 下部
らく楽スタイルスタンダード 下部
スタイリッシュ床置きタイプ 上部
スタイリッシュ卓上タイプ 上部
ウォーターワン JLサーバー 上部
床置タイプL 上部
卓上タイプS 上部
富士おいしい水 床置きタイプ 上部
卓上タイプ 上部
買い取り床置きタイプ 上部
うるのん ウォーターサーバーGrande 上部
ウォーターサーバーGrande(卓上) 上部
スタンダードサーバー 上部
スタンダードサーバー(卓上) 上部
スタイリッシュサーバー 上部
ライフスタイルウォーター スタイリッシュ床置き 上部
スタイリッシュ卓上 上部
アメリカン 上部
らく楽スタイルウォーターサーバー 足元

RO水を扱うガロンボトル型はほとんど上部交換タイプで非電子制御式(アクアアドバンズを除いて)すから、停電時には安心です。

またこれらのウォーターサーバーはRO水の宅配システム(ツーウェイ)ですから、災害による配送遅延なども安心だといえます。

BIBや非常用コックを検討しよう!

災害時に備えておきたいものとして、BIBというものがあります。

プレミアムウォーターBIB

出典:https://premium-water.net/products/premium_bib

これはバッグインボックスの略で、段ボールに入った水ボトルのことです。

段ボールに入っているの保存も簡単ですし、持ち運びもできるのでアウトドア時にも持って行くことができます。

ウォーターサーバーを注文している方はウォーターサーバー会社から購入することができますから、こういったアイテムを使って災害時に備えておくことも大事です。

大規模災害の際は電力が供給されなくなりますから、サーバーが利用不可になることもあります。

BIBは常温の水しか出ませんが、電気が無い環境でも水が飲めるというアイテムです。

以下の画像はサントリーの非常用コックです。

サントリーは宅配水のボトルがBIBの状態で配送されてきますから、専用コックを取り付けるだけでどこでも利用できるようになります。

以下ではBIBの紹介、解説をしているリンクです。興味がある方は合わせてご覧ください。

災害に備えたい!キャンプで使いたい!そんな方にはウォーターサーバーのバッグインボックス(BIB)がおすすめ!
BIBとは、災害やアウトドアで役立つ!水ボトルのみで保管や持ち運びが便利なボトル! BIBはウォーターサーバーを頼んでいる...

ウォーターサーバーのおすすめについてはトップページでも紹介しています。

これからウォーターサーバーを選ばれる方は参考にどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする