衛生面が心配な方へ!ウォーターサーバーのメンテナンス料金を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンテナンスで比較する読者に伝えたいことまとめ

「ウォーターサーバー メンテナンス 比較」などで検索されてこのページに来た方が多いのではないでしょうか?

メンテナンスで比較されるという方は、きっと「衛生面を重視したい」という方ですから目の付けどころが鋭いですね。

やはり飲み水なので心配なのは「衛生面」です。

大事な家族や赤ちゃんに飲ませる水なわけですからね。

ウォーターサーバーのメンテナンスは「毎年」や「2年に1回」、「サーバー丸ごと交換」や「ユーザーに任せる」ところなど様々です。

ウォーターサーバーも使用や時間の経過に連れて劣化や汚れも生じてきます。

ですから、本当は「毎年」「サーバー丸ごとの交換」をしてくれるところが理想なんですよね。

ちなみに、メンテナンスが「毎年」さらに「サーバー交換」で「無料」なら『クリクラミオ』がおすすめです。

ウォーターサーバーはメンテナンスは必要だと思った方が良い

ウォーターサーバーの中には「メンテナンス不要」としている企業が多く有りますが、『全く汚れない物がこの世の中にあるのか』という疑問があります。

汚れとはウォーターサーバーの場合、雑菌であったり、水アカ、ぬめり、臭いなどです。

ウォーターサーバーの衛生面の問題で食中毒や死亡事故があったということは聞いたことがありませんが、企業がサーバー交換をするということは少なからずメンテナンスが必要ということです。

飲料水という人間の体の内部に摂取する水の問題なので、衛生面に関しては細心の注意を払って置く方が安全で安心です。

できるかぎりメンテナンスのされるウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

メンテナンスの基本は「サーバー交換」

メンテナンスの基本はサーバーを丸ごと新しい物に交換してもらって、古いサーバーを企業に引き取ってもらう方法です。

ユーザーの方もセルフメンテナンスを行なえますが、セルフメンテナンスでは掃除できる場所がサーバーの外部などに限られています。

ウォーターサーバーの汚れや雑菌の繁殖で1番心配な場所は「水が通る部分」つまり、サーバー内部です。

基本的にサーバー内部のメンテナンスはユーザーができません。

これは利用規約でサーバーの分解は禁止されていることやメンテナンスに必要な薬品や設備・知識をユーザーが持っていないことが理由です。

ですから、メンテナンスを行なうという場合にはサーバー交換が一般的です。

老舗であるクリクラやアクアクララのような企業でもサーバー交換をしてメンテナンスをすることが一般的です。

引き取られたサーバーは企業で分解、薬品洗浄、消耗品の交換などのメンテナンスを行い、再度違うユーザーに貸し出されます。

つまり、サーバー自体は新品ではなく、メンテナンスがされたサーバーを使うという表現の方が正しいでしょう。

ユーザーからの要望がないと、メンテナンスを実施しない企業もある!

クリクラやクリクラミオ、アルピナウォーター・アクアクララなどリターナブルタイプのウォーターサーバーではメンテナンスが予定として繰り込まれています。

メンテナンスの時期になると各企業の担当者から実施予定日の連絡などの通達がありますから、利用者の方はサーバーを引き取ってもらうだけということになります。

しかし、ワンウェイタイプのウォーターサーバーに多いのですが、ユーザーから要請がないとサーバー交換を行なわない企業もあります。

これはワンウェイタイプはメンテナンス不要としているため、メンテナンス自体が必要ないという主張だと思います。

実際に利用規約を見ると、『”ユーザーからの実施の要請があった場合”』と記載されているのでユーザーの方が連絡しないとサーバー交換でのメンテナンスをしてもらえない可能性があります。

各ウォーターサーバーのメンテナンス料金を比較!

以下の画像は各ウォーターサーバー会社のメンテナンス料金(サーバー交換費用)の比較表です。

基本スペック一覧 サーバー名 メンテナンス料金
コスモウォーター らく楽スタイルウォーターサーバーSmart 利用規定期間未満(2年未満)での交換の場合
・お掃除ロボット付きの場合:9,000円(税込9,720円)
・サーバー交換手数料:5,000円(税込5,400円)
スタイルセレクトウォーターサーバースタイリッシュタイプ 利用規定期間未満(2年未満)での交換の場合:5,000円(税込5,400円)
アクアクララ アクアアドバンス 3年に1回(料金は安心サポート料(1,500円/月)に含まれる)
アクアスリム 1年に1回(料金は安心サポート料(1,000円/月)に含まれる)
アクアスリムS
クリクラミオ クリクラミオ 無料(年1回サーバー交換)
クリクラ クリクラサーバーL メンテナンス費用:5,000円/年(税別)
クリクラサーバーS
クリクラ省エネサーバーL
クリクラ省エネサーバーS
フレシャス dewo 5,000円(税込5,400円)
slat
siphon
siphon slim
carrio
サントリーウォーターサーバー ウォーターサーバー 6,000~12,000円(税抜)程度(サーバーの故障の場合は無料)
オーケンウォーター スクエアサーバーロング 2年未満の場合:サーバー交換料:5,000円(税抜)
スクエアサーバーショート
スタイリッシュロング
スタイリッシュショート
プレミアムサーバー
らく楽ウォーターサーバー
スマートウォーターサーバー
ワンウェイウォーター らく楽スタイルウォーターサーバーsmart 利用規定期間未満(2年未満)での場合:サーバー交換手数料:5,000円(税込5400円)
スタイリッシュウォーターサーバー(卓上型) 利用規定期間未満(1年未満)での場合:サーバー交換手数料:5,000円(税込5400円)
お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー Acro 利用規定期間未満(2年未満)での交換の場合
・サーバー交換手数料:9,000円(税込9,720円)
プレミアムウォーター スタンダードサーバーL 2年未満:1万円(税抜き)
2年以上3年未満:7,000円(税抜き)
3年以上:5,000円(税抜き)
スタンダードサーバーS
スリムサーバーL
スリムサーバーS
cado×PREMIUM WATER
ウォーターサーバー
“2年未満:1,5000円(税抜き)
2年以上3年未満:12,000円(税抜き)
3年以上:5,000円(税抜き)”
amadanaウォーターサーバー
アルピナウォーター 床置き型 2年に1度(無料)
*故意の場合は有料
卓上型
アクセセレクト ワンウェイL 5,400円
ワンウェイS 5,400円
ツーウェイL 5,400円
ツーウェイS 5,400円
ネイフィールウォーター らく楽スタイルセレクト 利用規定期間未満(2年未満)での場合:サーバー交換手数料:5,000円(税込5400円)
らく楽スタイルスタンダード 利用規定期間未満(6ヶ月未満)での場合:サーバー交換手数料:5,000円(税込5400円)
スタイリッシュ床置きタイプ 利用規定期間未満(1年未満)での場合:サーバー交換手数料:5,000円(税込5400円)
スタイリッシュ卓上タイプ
ウォーターワン JLサーバー 1年未満:最大12,000円(税抜き)
1年以上3年未満:最大10,000円(税抜き)
3年以上:最大7,000円
床置タイプL
卓上タイプS
富士おいしい水 床置きタイプ ユーザー実施
卓上タイプ
買い取り床置きタイプ
うるのん*1 ウォーターサーバーGrande 6年に1回無料サーバー交換
ウォーターサーバーGrande(卓上) 6年に1回無料サーバー交換
スタンダードサーバー 3年に1回無料サーバー交換
スタンダードサーバー(卓上) 3年に1回無料サーバー交換
*1.定期的なサーバー交換以外でのサーバー交換費用は5,400円(内消費税400円)

ワンウェイタイプのコスモウォーターやオーケンウォーターなどでも「利用規定期間内でのサーバー交換料金」を支払うことを求めています。

つまり、各企業が定めて利用規定期間を超えていればサーバー交換費用は無料になりますから、コスモウォーターでも2年間利用すれば無料でサーバー交換ができることになります。

メンテナンスをしたい時は連絡をする

上記で説明したように、一部の企業ではメンテナンスを実施しない場合があります。

最近は「メンテナンス不要!」とホームページで紹介している企業がありますからね。

そのような企業のウォーターサーバーを利用しているユーザーの方がメンテナンスを依頼したい時は【カスタマーセンターへ電話連絡をして、メンテナンス(サーバー交換)を依頼】する必要があります。

もちろんこれにはサーバー交換費用がかかります。

ワンウェイタイプで「メンテナンス無料!」と記載されているのは、「サーバーがメンテナンス不要な作りをしているから無料だよ。」という意味で、サーバー丸ごと新品に替える時はお金がかかります。

ちょっと誤解が生まれそうな表現ですね。

クリクラやアクアクララのように通常メンテナンスがされることが決まっている場合は、企業側から連絡があります。

または水ボトルの宅配時に社員や配送員の方からメンテナンスの予定を説明されます。

その場合は基本的にはメンテナンスの時期まで待ってサーバー交換をして下さい。

メンテナンスの時はどうすれば良い?

ユーザーの方はメンテナンスの時にはどうすれば良いのかといえば、サーバー自宅前まで運ぶ(これをやってくれる企業もある)ことくらいです。

ワンウェイタイプでは、基本的に宅配員や社員が配送していません。

そのため、サーバー交換をする時にはサーバーを玄関や玄関前などに置いておく必要があります。

コスモウォーターなどでは設置時にヤマトが配送から設置までしてくれます。

無料でサーバー交換のメンテナンスをしてくれる企業なら『クリクラミオ』が良い!

クリクラミオの画像

クリクラミオは毎年きっちりメンテナンスを無料で行ないます。

一部の他社のように「メンテナンスが不要だから無料!」というわけではなく、しっかりと新しいサーバーと交換するということでメンテナンスを行ないます。

古いサーバーは工場でメンテナンスされ、新しく自宅に届いたサーバーはすでに消耗品の交換や内部の薬品洗浄が済まされているため新品と同様のものです。

このページにはメンテナンスが気になって比較したいという方が多いと思いますが、毎年きっちりとサーバー交換メンテナンスをするウォーターサーバーは「クリクラ」「アクアクララ」「アルピナウォーター」「クリクラミオ」くらいです。

その中でも無料なのが「クリクラミオ」だけです。

ちなみに名前がクリクラに似ている理由は、実は同じ株式会社ナックが出しているウォーターサーバーであるためです。

ウォーターサーバー業界大手の老舗企業のクリクラが出した天然水型のウォーターサーバーでクリクラが実現できなかったワンウェイタイプの良いところをほぼ全て取り入れている、いわば隠れ優良物件です。

まだまだ比較サイトで紹介されないので知名度は低いのですが、実はおすすめできるウォーターサーバーです。

毎年メンテナンスをしてくれるウォーターサーバーは意外と少ないので希少ですから、衛生面が心配な方はサーバー交換を無料でしてくれるクリクラミオが良いです。

2015年に新登場したクリクラミオのお申込はこちらからどうぞ。