天然水とRO水の違いは?どっちが良い?扱っているウォーターサーバーも比較します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそもRO水ってなに?天然水との違いは?

RO水と天然水ってどんな違いがあるのでしょうか。以下の比較表に違いをまとめてみました。

天然水 RO水
採水地 各採水地の地下水を採水 水道水(一部ウォーターサーバーでは(アルピナウォーター)では天然水を使用している)
濾過・製造方法の違い 採水した天然水を加熱または非加熱処理する 逆浸透膜という0.0001ミクロンの膜で水を濾過する。この過程でカルキや環境ホルモン、ダイオキシンやミネラル分は除去される。
ミネラル分 ミネラル分の人工的な添加などはない。 逆浸透膜でミネラル分(カルシウムやマグネシウムなど)が除去されてしまうので、濾過後にミネラル分を添加している。
ボトルタイプ ワンウェイタイプの使い捨てボトルが多い。 リターナブルタイプのガロンボトルが多い。

コスモウォーターなどではワンウェイタイプの使い捨てボトルで『プラスプレミア』というRO水を発売している。

採用しているメーカー
  • コスモウォーター
  • クリクラミオ
  • フレシャス
  • プレミアムウォーター
  • クリクラ
  • アクアクララ
  • アルピナウォーター

ワンウェイタイプが天然水を売りにする理由は、元々クリクラやアクアクララがRO水を売っていました。そこにワンウェイタイプが参入する上で、天然水にして使い捨てボトルにすることで差別化して参入したのです。

結果的に、ワンウェイタイプは日本宅配水&サーバー協会のデータによると、2010年の製造量が100,800Kgでしたが、2011年には275,000Kgとなっており、前年比272.8%成長となっています。

味の違いは?

味の違いですが、ほとんどありません。実際に飲み比べてみてもわかりません。

値段の違いは?

天然水とRO水の値段の違いとしては、RO水の方が安く天然水が高い傾向にあります。500mリットルあたりではRO水が50円台、天然水が70円〜90円台と最大で40円前後の値段の差があります。

これは500mリットルでの値段差ですから、1ℓや12ℓボトルでの値段差で見れば、さらに大きくなります。年間では1万円近く値段の差が出てくるでしょう。

安全面の違いは?

安全性の違いについては、どちらも安全です。しかし、なぜ安全かという観点は異なります。

RO水は水道水を濾過してミネラル分を添加した水です。つまり、余分な物質を除去した後の水です。一方の天然水は安全な地下水を利用した水です。つまり、安全な水を採水しています。

この両者は安全と言う点は同じですが、RO水が既にある成分を取り除いた水であることに対して、天然水は悪い成分が含まれていない水という点です。

つまり、RO水は悪い成分が入っていてもそれを取り除くことができますが、一方の天然水はもともとそういった成分が含まれていないので、何か悪い物質が混入した際にそれを取り除くことができません。

天然水は水の成分検査等を行なっていますから、その際には天然水の出荷停止・製造の中止・原因の調査などを行ないます。

RO水と天然水では、こういった違いがあります。どちらが良いかはユーザーの方が選べば良いですが、天然水の場合は出荷が止まることがある(今まではありません)ことを覚えておきましょう。

各ウォーターサーバー会社別!RO水と天然水の比較!

以下の表は各ウォーターサーバー会社の水ボトルが天然水かRO水かを比較した表です。新しいワンウェイタイプのウォーターサーバー企業では天然水の取り扱いが多く、老舗であるクリクラやアクアクララではRO水を中心に取り扱っていることがわかります。

ウォーターサーバー名 サーバーのタイプ 水の種類
コスモウォーター 京都:古都の天然水 天然水
大分:日田の誉れ 天然水
静岡:富士の響き 天然水
RO水 RO水
アクアクララ レギュラー RO水
スリム RO水
クリクラ クリクラミオ 天然水
クリクラボトル RO水
クリクラキュートボトル RO水
フレシャス BIB 天然水
フレシャス富士 天然水
フレシャス木曽 天然水
フレシャス朝霧高原 天然水
フレシャスボトルべーシック 天然水
キャリオ 天然水
サントリーウォーターサーバー 月会費プラン 天然水
天然水ボックス 天然水
オーケンウォーター 富士山の
銘水
天然水
大分天領の
銘水
天然水
京都丹波の
銘水
天然水
ワンウェイウォーター プラスプレミアム RO水
富士の銘水「彩(saya)」 天然水
奥京都三岳山麓「京の湧水」 天然水
九州日田「天寿の水」 天然水
プレミアムウォーター 12L基本プラン 天然水
12L PREMIUMプラン 天然水
7L PREMIUMプラン 天然水
バッグインボックス(定期購入) 天然水
バッグインボックス(都度購入) 天然水
アルピナウォーター 8L 天然水
12L 天然水
18.9L
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨木
天然水
18.9L
栃木・群馬・福島
天然水
アクセセレクト 伊勢宮川8L 天然水
伊勢宮川11.35L 天然水
ネイフィールウォーター 京ほのか 天然水
日田ほのか 天然水
富士の希 天然水
プラスプレミア RO水
ウォーターワン 富士山12L 天然水
南阿蘇12L 天然水
島根12L 天然水
富士山12L 天然水
富士山6L 天然水
南阿蘇の天然水 12L 天然水
島根の天然水 12L 天然水
沖縄の海洋深層水 12L 天然水
富士おいしい水 富士おいしい 天然水
富士おいしい
天然水
天然水
富士おいしい
天然水
PREMIUM
天然水
うるのん 富士の天然水さらり 天然水
うるうるプラン富士の天然水(3年間変更不可) 天然水
やわらか水 天然水
ライフスタイルウォーター 富士の清流 天然水
日田の銘水 天然水
古都の麗水 天然水

なんでこんなに天然水を扱っている企業が多いのか?ということについては、実はウォーターサーバー業界ではOEM供給が盛んであることも関係しています。

天然水の採水地が似ているのはOEM供給によるものですね。以下の記事でOEM供給について説明しています。

ウォーターサーバーのデザインや天然水が似ている!?この理由はなに?
ウォーターサーバーのデザインが似ている理由は? ウォーターサーバーの比較をしているユーザーの方は既に気づかれていると思いますが、一部の企業...

RO水と天然水どっちが良い?

ユーザーの方には天然水が圧倒的に人気です。天然水の方がイメージや響きが良いため、こちらを選ばれる方が多いようです。

しかし、上記で比較したように天然水の値段は使い捨てボトルが多く、RO水よりも高いです!一方のRO水は値段は安いですが、ガロンボトルが多く水ボトルの返却の必要があります。つまり、経済性を選びたい方はRO水を選ぶと良いですし、水ボトルの返却までボトルを保存しておくことが面倒くさい方は天然水を選ぶと良いはずです。

どちらにせよ、ここはユーザーの方の好きな方で良いと思います。

天然水のウォーターサーバーで【安い】のはどれ?徹底比較します!
天然水のウォーターサーバーで安いものを比較して紹介します。
RO水とは何?どこがお得で安い?各ウォーターサーバーを徹底比較
ウォーターサーバーを調べていると「RO水」という言葉が出てきます。今回は初めてウォーターサーバーを導入しようと考えている方のためにRO水につ...