ウォーターサーバーの『レンタル料金』を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ウォーターサーバーのレンタル料金っていくら?」かというと、

「無料が最も多く、最新のサーバーやオシャレなサーバーでは500円~1,000円」というところです。

では、1番気になるのは「どれを選べば良いの?」ということです。

レンタル料金を比較するとこういった傾向が出てきます。

レンタル料金とサーバーの傾向
  • レンタル料金無料 → 一般的なサーバーが多い
  • レンタル料金が高い → デザイン性やオシャレなサーバーが多い

つまり、「デザイン性の高いサーバーを選びたい方」はどうしてもレンタル料金が発生します。

やはりオシャレなサーバーや新しいサーバーはレンタル料金がかかって高くなる傾向があります。

今回はウォーターサーバーのレンタルとその料金について解説していきます。

ウォーターサーバーは基本に「レンタル」であることを知っていますか?

ウォーターサーバーを家庭や企業、事務所に導入される方でも知らない方が多いのですが、あれ実は『レンタル』なんですね。

ほとんどの方は購入するものだと思っていますね。私も最初はそうでした。

現在、ネット通販などで販売されているもの以外はレンタルが多くなっています。

購入をするとサーバーの廃棄まで自分で行なわないといけないため、購入とレンタルならば「レンタル」の方をおすすめします。

レンタルする上で注意すること

レンタルしたウォーターサーバーで禁止されていることや注意すべきことを一部紹介します。

  • 破損させたり故障させる
  • 改造や分解などをする
  • 違う水ボトルを使用する

利用規約を確認するとわかりますが、ウォーターサーバーは企業が個人に貸与しているもので、その所有権は貸し出している企業にあります。

ですから、ウォーターサーバーをレンタルして利用するには制約があります。

まず「ウォーターサーバー本体を破損させた場合は弁償が必要」です。

この弁償の金額には3〜4万円ほどする場合もあります。

実際にフレシャスの利用規約には、

4 サーバーをレンタルされている場合で、お客様が本条第1項の遵守事項に反してウォーターサーバーを使用することによりサーバーを破損又は滅失あるいは故障した場合、又は、お客様の責めに帰すべき事由によりウォーターサーバーが破損又は滅失あるいは故障した場合には1台あたり、30,000円(税込32,400円)をお支払いいただきます。引用元:フレシャス利用規約

とあり弁償が必要です。

故意に故障させることや製品の取り扱いには注意してください。

また「サーバー本体の分解なども利用規約で禁止」されています。

これは企業が個人に貸与している証拠です。

さらに「他社の水ボトルの利用」も禁止されています。

異なる種類の水ボトルを設置するとサーバーの故障に繋がるだけでなく、ウォーターサーバー業界は基本的に水ボトルの定期配送による利益で成り立っています。

水を買ってくれない成り立たない商売なので、他社の水ボトルの利用を禁止しているのではと思います。

そして、「サーバーの本体にシールなどを貼ることは禁止」されています。

小さなお子さんがいるとよくアニメキャラクターのシール等を貼ってしまいますが、あれはNGです。

貸与品なので扱いには気をつけましょう。

『レンタル』のメリット・強みがある

しかし、レンタルだからこその強みもあります。それは『メンテナンスを実施してくれること』です。

ウォーターサーバーは水を取り扱っています。必ずサーバー内部の配管やタンク(特に冷水タンク)は汚れてきます。外部の水受け皿やコック付近はご家庭でメンテナンスや掃除を行なえますが、サーバー内部は一般には掃除できません。

そうすると、一般の方は(家庭も企業も)困ってしまいますよね。しかし、『レンタル』だからこそ、サーバーのメンテナンスを企業がしてくれます。ウォーターサーバーは企業が貸し出しているものですから、そこから出火やケガ、病気などの原因が発生しては困るわけです。自分たちが貸し出した物でユーザー(お客さん)に万が一のことがあったら企業問題ですから。

だから、サーバーのレンタルの方が安全なんです。(してない企業もありますが)

これがレンタルするウォーターサーバーの強みです。

実は一部のサーバーは購入もできる

どうしても購入したいという方は一部『購入可能なウォーターサーバー』もあります。

例えば、フレシャスのslatサーバーは購入できるプランもあり、これならレンタル料金は発生しません。

☆★ フレシャスslatはこちら

しかし、購入はメンテナンスの問題から考えてオススメできませんね。

ウォーターサーバーは電化製品であり、精密機械のようなものです。

ご自身でメンテナンスができない場合、またはどこかに委託して行なわない場合は、衛生面および安全面で不安が払拭されませんよね。

ウォーターサーバーは飲料水を扱っているわけですから、汚い状態で放置するとその水を摂取してしまいます。

ウォーターサーバーは素人の方ではまずメンテナンスは無理です。

企業はサーバーのメンテナンスの時には専用の薬品などで部品洗浄や消耗品の交換を行ないますから、設備や専門性が必要です。

サーバーを購入した個人がこれらを毎年行なうのは手間がかかりますし、安全とはいえません。薬品も扱いますし、電気を扱う製品なので配線を下手にいじることもできません。

購入してからメンテナンスができるかどうかと考えれば、やはり無理だと言えます。1つ付け加えるならば、購入後もメンテナンスを行なってくれる企業があれば、購入しても良いといえます。

選ぶなら『無料』の会社を選ぶべし!

現在、各社サーバーレンタル料金を値下げ・無料化しています。

ユーザーの方はやはりレンタル料金が無料の会社を選ぶとお得になる傾向があります。

ウォーターサーバーのサーバーは3〜4万円近くするため、それを無料で貸し出すと企業としては赤字になります。

それを相殺するため、企業はレンタル料金を徴収していますが、昨今ではウォーターサーバー会社が100社を超えているため、各社競争のためレンタル料金を下げています。

レンタル料金が毎月徴収されるとなると、ユーザーの新規獲得に影響が出るので各企業現在は熾烈な価格競争をしているわけです。

そんな熾烈な顧客獲得競争ですから、ユーザーの方は『サーバーレンタル無料』のウォーターサーバーを選ぶことがおすすめです。やはりレンタル料は安いに超したことはありません。

そう考えると、アクアクララはおすすめできません。毎月1,5000円の安心サポート料(メンテナンス費用やレンタル料込み)が必要になり、年間約2万円近い料金が水ボトル購入費以外に必要になってしまいます。

また、アルピナウォーターもおすすめできません。アルピナウォーターは水の値段が業界トップクラスの低価格ですが、レンタル料が毎月600円(税抜き)ほど支払うことになりますから、年間8,000円近く支払うことになります。

一部、レンタル料金が注文する水ボトル数によって決まるウォーターサーバーもあります。これはフレシャスなどの一部サーバーで設定されていますが、これもおすすめできません。水の宅配の一時停止は旅行や長期の出張などでよくあるため、注文するボトル数に応じたレンタル料は煩わしくなります。

そう考えると、無料である『クリクラミオ』『クリクラ』『一部フレシャス』『コスモウォーターなどのワンウェイタイプ』がおすすめです。毎月数百円の支払いでも年間では1万円近く支払うことになります。

ウォーターサーバーのサーバーレンタル料金比較

ウォーターサーバーのサーバーレンタル料金の相場は、0円〜1,000円前後/月です。

これ以上高いレンタル料金を徴収している企業はまず無いです。

注意点はウォーターサーバーのサーバータイプによってレンタル料金を設定している会社があることです。同じウォーターサーバー会社でもサーバーのタイプでレンタル料金が必要になります。

そのためどのサーバーがレンタル料金が安いかをじっくりと比較した上で、申し込みをする必要があります。ユーザーとしてはレンタル料金無料がベストです。

ウォーターサーバー名 サーバーのタイプ レンタル料金
コスモウォーター らく楽スタイルウォーターサーバーSmart 無料
スタイルセレクトウォーターサーバースタイリッシュタイプ 無料
アクアクララ アクアアドバンス 安心サポート料に含まれる
アクアスリム
アクアスリムS
クリクラ クリクラミオ 無料
クリクラサーバーL 無料
クリクラサーバーS 無料
クリクラ省エネサーバーL 無料
クリクラ省エネサーバーS 無料
フレシャス dewo 500円(税込540円)/月
前月天然水の注文量が2箱以上ならば当月無料
slat 900円(税込972円)/月
前月天然水の注文量が2箱以上ならば当月無料
siphon 無料
siphon slim 無料
carrio 無料
FRECIOUS
BOTTLE
basic
無料
サントリーウォーターサーバー ウォーターサーバー 無料
オーケンウォーター スクエアサーバーロング 無料
スクエアサーバーショート 無料
スタイリッシュロング 無料
スタイリッシュショート 無料
プレミアムサーバー 無料
らく楽ウォーターサーバー 無料
スマートウォーターサーバー 無料
ワンウェイウォーター らく楽スタイルウォーターサーバーsmart 無料
スタイリッシュウォーターサーバー(卓上型) 無料
お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー Acro 無料
プレミアムウォーター スタンダードサーバーL 無料
スタンダードサーバーS 無料
スリムサーバーL 無料
スリムサーバーS 無料
cado×PREMIUM WATER
ウォーターサーバー
1,000円/月(PREMIUM Baby Clubの場合、月2セット以上の購入で800円/月)
amadanaウォーターサーバー
アルピナウォーター 床置き型 設置の翌月から月572円(税別)〜月600円(税別)
卓上型 設置の翌月から月572円(税別)〜月600円(税別)
アクセセレクト ワンウェイL 無料
ワンウェイS 無料
ツーウェイL 無料
ツーウェイS 無料
ネイフィールウォーター らく楽スタイルセレクト 無料
らく楽スタイルスタンダード 無料
スタイリッシュ床置きタイプ 無料
スタイリッシュ卓上タイプ 無料
ウォーターワン JLサーバー 500円
床置タイプL 500円
卓上タイプS 500円
富士おいしい水 床置きタイプ 無料
卓上タイプ 無料
買い取り床置きタイプ 無料
うるのん ウォーターサーバーGrande 324円
ウォーターサーバーGrande(卓上) 324円
スタンダードサーバー 無料
スタンダードサーバー(卓上) 無料
スタイリッシュサーバー 無料
ライフスタイルウォーター スタイリッシュ床置き 無料
スタイリッシュ卓上 無料
アメリカン 無料
らく楽スタイルウォーターサーバー 無料

【重要】:レンタル料金だけの比較だと、安いウォーターサーバーは選べない

レンタル料金が安いという意味では、多くの企業が安い・無料です。

しかし、ウォーターサーバーはレンタル料金だけの比較では参考にならず「水代金」「レンタル料金」「メンテナンス」などを含めた「月額料金」を参考にしないと本当の金額はわかりません

月額価格・年会価格の目安については「ウォーターサーバーのおすすめランキング」で紹介しています。

月額料金は目安として3,000円〜5,000円程で、年間の価格は40,000円〜が一般的です。

これからお申し込みをされる方は「年間でだいたいどのくらい費用がかかるのか?」を知られた方が良いので参考までにご覧下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする