RO水とは何?どこがお得で安い?各ウォーターサーバーを徹底比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーターサーバーを調べていると「RO水」という言葉が出てきます。

今回は初めてウォーターサーバーを導入しようと考えている方のためにRO水について解説していきます。

そもそも『RO水』って何?基本を解説!

『RO水』とは、Reverse Osmosis、つまり、逆浸透膜で濾過した水にミネラルを加えた水のことで「人口水」と言っても良いでしょう。

ミネラルを加えたピュアウォーターと言っても良いかもしれません。

この逆浸透膜の歴史は古く、1950年代に米国内務省塩水局が水不足を防止するために海水から真水を抽出する方法を研究していた時に開発されました。

現在は米国航空宇宙局のNASAなどでも採用されている技術です。

RO水は0.0001ミクロンという細かな膜(逆浸透膜)で濾過しています。

この逆浸透膜は理論上、有害物質を除去し、水のイオンだけを通す仕組みになっており、水道水に含まれる「化学物質」「ウイルス」「塩素」「カルキ」「不純物」や「カルシウム」「マグネシウム」「ナトリウム」「カリウム」などを除去します。

そして、逆浸透膜で濾過された後に、ミネラル成分(カルシウムやマグネシウム)などを加えた水がRO水と呼ばれるものです。

最後にミネラル分を加えている理由は、RO膜では不純物だけでなくミネラル分も除去されるため、味気ない水になってしまうことを防ぐためです。

濾過しただけのピュアウォーターというものがありますが、ミネラルがないため味気ないものになっています。

そのため味気を出すためにミネラル分を足しています。

これがRO水と呼ばれる水です。

リターナブルタイプのメーカーはRO水が多い。

RO水は上記の画像のようなガロンボトルを扱っている老舗メーカーでの取り扱いが多いです。

元々ウォーターサーバー業界の大手にはRO水をリターナブルで宅配するスタイルが中心であったため、現在でもガロンボトルを採用している企業にはRO水が多くなっています。

しかし、その後天然水を使い捨てボトルのワンウェイタイプで宅配するスタイルが登場します。

最近は天然水も人気があり、この天然水はワンウェイタイプで宅配されていることがほとんどです。

ちなみにRO水の採水地ってどこ?

RO水の採水地ってどこにあるかと言えば、全国各地にあります。

RO水を取り扱う代表的な企業と言えば、「クリクラ」や「アクアクララ」ですが、両者とも全国各地に採水工場があります。

クリクラの放射性物質の検出結果の資料には、仙台プラントや宇都宮プラント、クリクラ本庄工場、和光プラント、クリクラ町田工場、千葉プラント、綾瀬プラント、品川プラント、福島天栄工場、岩手盛岡工場などが確認できました。つまり、これらのプラントで採水、製造していると考えられます。

RO水は、天然水系と違って、1つの採水工場から全国発送ではなく、各地の工場やプラントからその地域のユーザーへと配送しています。そのため、ユーザーが飲んでいる水は近くのプラントのものではないかと予想できます。

RO水は何の水から出来ているの?

RO水は何から出来ているのかと言えば、ズバリ『水道水』です。

水道水を利用できる理由は、しっかりと濾過できるからで、天然水のように地下数百メートルも掘る必要がありません。言い換えば、それだけ逆浸透膜というものは優れているとも言えます。

天然水では水脈を見つける必要があるため1から開発すると大変コストがかかりますから、企業としてはできるだけ安く事業をスタートしたいという狙いもあります。そこでこの逆浸透膜を導入下のかもしれません。

RO水は水道水をさらにキレイに濾過して、飲むという認識が正しいでしょう。

これを「水道水のためにお金を払う」と認識するか「水道水をさらに濾過したものにお金を払う」では、RO水に対する印象も大きく分かれます。

私であれば、「NASAも採用している技術で濾過されている安全な水」と認識します。世間では天然水の方がイメージが良いようですが、天然水は土壌汚染などの影響を受けやすいため不安定でありますからです。

RO水は実験で放射性物質(ヨウ素)が検出されなかった

放射線医学総合研究所の発表資料によると、2011年の3月24日~3月27日に千葉県内で採取した水道水から煮沸、炭、活性炭、中空糸膜フィルター、RO水(逆浸透膜)の各方法で放射性ヨウ素の除去効果を計る実験を行なったところ、RO水には放射性ヨウ素が検出されなかったとのあります。

出典:http://www.nirs.qst.go.jp/information/info.php?i11

天然水の場合は水源が汚染された場合、打つ手はありません。RO水は特殊な膜を通して濾過するため、このようにヨウ素が検出されることがなかったのでしょう。

実際に、東日本大震災の時は天然水系のウォーターサーバーがコールセンターがパンクするまで応募が殺到しました。

その後、RO水も逆浸透膜というNASAの技術を使って濾過していることから「天然水よりも安全だ」という認識が広まってきています。

RO水を扱っているウォーターサーバーを徹底比較します!

RO水のみを比較した一覧表です。

ブランド名 サイズ 料金(1本あたり)税込み
アクアクララ 12ℓ/7ℓ 12ℓ:1,296円

7ℓ:972円

クリクラ 12ℓ/6ℓ 12ℓ:1,350円

6ℓ:864円

アルピナウォーター 8ℓ/12ℓ/18.9ℓ 8ℓ:842円

12ℓ:1,134円

18.9ℓ:1,771円

やはりro水の値段で言うと、アルピナウォーターが安いです。

以下に上記の表の要約をすると、

項目 おすすめなウォーターサーバー
使い捨てボトルの500mℓ換算:最安値
  • 46.31円:アルピナウォーターの8ℓボトル
ガロンボトルタイプの500mℓ換算:最安値
  • 42.19円:アルピナウォーターの18.9ℓボトル(関東一部地域)
  • 42.66円アルピナウォーターの12ℓボトル(全国)

1ボトル(12ℓ以上)の最安値(税込み)

  • 42.19円:アルピナウォーターの18.9ℓボトル(関東一部地域)
  • 42.66円アルピナウォーターの12ℓボトル(全国)

1ボトル(8ℓ以下)の最安値(税込み)

  • 46.3円:アルピナウォーターの8ℓボトル
毎月の購入ノルマが少ない
  • クリクラ:2本
  • アルピナ:2本(18.9ℓボトル )*1.初回は3本

最低購入料金が最安値

  • 1,728円:クリクラキュートボトル(6ℓ×2本)

1年間の最低ボトル購入価格

  • 20,736円:クリクラキュートボトル

上記のようにほとんどがアルピナウォーターが独占しています。

単純にRO水の値段で比較すると、アルピナウォーターが最安値です。値段での競争についてはクリクラやアクアクララも対抗できていません。

比較表ではアルピナウォーターが断トツで最強ですが、トータルで見るとクリクラが良い!

しかし、12ℓのボトルで年間のコストを計算すると、アルピナウォーターはサーバーレンタル料金が毎月618円(税込み)必要になるため、12ヶ月では7,413円必要ですから、これを計算するとクリクラの方がお得です。

これはクリクラの毎月のボトルノルマ本数が2本であることに対してアルピナウォーターが3本であることやサーバーのメンテナンス料(クリクラは年間5,000円)やサーバーレンタル料(アルピナの7,413円)をトータルで計算すると年間ではクリクラの方が安くなるのです。

ちなみに、アクアクララも毎月の安心サポート料金(1,000円〜1,500円)を支払う必要があるため、アルピナウォーターよりも1万円以上高額でクリクラにはおよびません。

こういったトータルコストを考えれば、クリクラを選ぶ方が良いです。ウォーターサーバーは水だけではなく、年間のトータルコストで見ないと実はよくわかりません。

年間のトータルコストについては「ウォーターサーバーのおすすめ比較ランキング」でも紹介しています。これからウォーターサーバーを検討される方は参考にどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする