一人暮らしの方向け!ピッタリのおすすめウォーターサーバーを紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしのウォーターサーバーを選ぶ方に伝えたいことまとめ

一人暮らしの方がウォーターサーバーを選ぶポイントやおすすめ、また選ばない方が良いウォーターサーバーについてさらに解説していきたいと思います。

一人暮らしの方がウォーターサーバーを選ぶポイントは?

一人暮らしの方がウォーターサーバーを選ぶポイント

  1. 配送周期
  2. 使い捨てボトルを選ぶ
  3. 水の使用量

の3点が一人暮らしの方がウォーターサーバーを選ぶ上で重要になります。

水ボトルの配送周期とは、水ボトルを届けてくれる周期のことです。

通常のウォーターサーバーは毎月1回の配送が基本です。

一人暮らしの方は世帯人数が少ないので一般家庭よりも水の消費量が少ない傾向にあります。

そのため「配送周期が長いウォーターサーバー」を選ばれることが理想です。

水ボトルには大きく2種類あり、「返却」と「使い捨てタイプ」があります。

一人暮らしの方には「使い捨てボトル」がおすすめです。

返却ボトルは使用後に自宅で邪魔になりますが、使い捨てボトルは捨てるだけなので手間がかかりません。

一人暮らしでも「在宅勤務」か「会社勤務」によって「水の使用量」は異なる

自営業と会社員の水使用量の違いの図

一人暮らしでも自宅に長い時間いる自営業と自宅にいない会社員では使用量が異なる。

一人暮らしの方の場合は、自宅勤務か会社勤務かという点もポイントになります。

それは『水の利用機会(頻度)』です。

結論を言えば、自宅勤務の方は水を飲む機会が多いので使用量は多くなります

一方、会社員などの場合は日中は自宅にいないので水の使用量は少なくなります

会社勤務の方の場合は、日中は自宅ではなく会社にいますので、そのためウォーターサーバーを利用する時間も朝と夜の数時間となります。

そう考えると、水のボトルの消費量は少なく飲料水としての利用が中心であれば水ボトルの注文量は12ℓもあれば充分です。

一方、日中に自宅で仕事をされる個人事業主やフリーランスの方の場合、水の使用量も多くなります。

むしろ、ウォーターサーバーは温水も利用でき、コーヒーやお茶など用途は幅広いので水はむしろ足りないかもしれません。

日中自宅にいられる職業の方は24ℓ(ボトル2本)程度が丁度いいでしょう。

このように自宅にいる時間しかウォーターサーバーは使えません。

そのためご自身の職業によって自宅にいる時間がどのくらいなのかによってウォーターサーバーの使用量は異なってきます。

一人暮らしの方が選んではいけないウォーターサーバーは?

一人暮らしの方が選んではいけないウォーターサーバーのポイント

①ガロンボトルのウォーターサーバー

リターナブルタイプのガロンボトル

クリクラの12ℓボトル

一人暮らしの方にはウォーターサーバーのガロンボトルタイプはおすすめできません。

ガロンボトルタイプは使用後に次回配達まで自宅に保管しないといけないため、一人暮らしの方に多いワンルームや1kの部屋では邪魔になってしまします。

できれば使い捨てタイプのボトルを利用される方が、水を飲み終わったらすぐに捨てられるのでおすすめです。

②配送周期が短い

一人暮らしの方は水ボトルの配送周期が長い方がボトルの水が消費しきれますので、「水が余るんじゃないか」と負担になることは少なくなります。

ウォーターサーバーの中には20日周期で配送する商品もあり、一人暮らしの方は水の商品量が少ない傾向にあるのでこういった商品は避ける方が良いでしょう。

最低でも4週間に1回のウォーターサーバーを選びましょう

配送をスキップできる休止制度が各社用意されていますが、毎回毎回休止制度の手続きをするのも面倒なので初めから配送周期が丁度良いサーバーを選ばれると良いでしょう。

③水ボトルを玄関前に放置する

玄関前に水ボトルを置く

ウォーターサーバーでは一部玄関先に商品を宅配して置いておく企業もあります。

利用者の方にとって、玄関の前に置いておかれるとやはり飲み物であるため知らない人が行き来する玄関前に置いておいた水は飲みたくないと思われることもあります。

特にマンションやアパートに住んでいる場合はこういった不安が強くなります。

心配な一人暮らしの方は、宅配業者が玄関で手渡しで配達する、ワンウェイタイプのウォーターサーバーがおすすめです。

④ボトルが重い

軽い水ボトルと重い水ボトル

水ボトルは基本的に12ℓありますから、男性でも胸の高さまで持ち上げるのには一苦労します。

特に女性の一人暮らしは自分で水ボトルの交換を行なうため大変です。

最近では4ℓや7ℓ、8ℓと軽量の水ボトルを採用しているウォーターサーバーがありますから、軽めのボトルを採用しているウォーターサーバーを選ばれると良いでしょう。

ちなみに一人暮らしの水の消費量は?

一人暮らしのウォーターサーバーの使用量

当サイトでアンケートを取った結果一人暮らしの方の平均利用量は約ボトル1本分です。

水をよく利用する比較的多い方でも2本程度で足ります。

一人暮らしの場合は特に男性は水の用途が限られている傾向にあり、冷水利用やコーヒーやお茶の利用などが多く挙げられます。

一方、女性は水の用途が豊富で冷水や温水利用をはじめ料理に利用したりする傾向があり、女性の方が結果的に使用量が多くなりますね。

水の使用量は個人差があるため、まず最初は2本頼んでどれくらいの量を消費するのか見てみると良いでしょう。

そうすると毎月どのくらい水を利用するのか目安がわかってきます。

水が少ない時は「追加配送」をしよう!

ウォーターサーバーは毎月1回の配送が基本ですが、「追加注文」も可能です。

一人暮らしの方では水を少なめに注文する方も多いので、夏期などには足りなくなることがあります。

そのような場合は追加注文をすることもできます。

追加注文の方法は各社で異なりますが、「マイページにログインして注文する」か「コール千センターに電話して注文」のいづれかになります。

水が飲みきれない場合は「配送一時休止」を申請しよう!

ウォーターサーバー各社とも、水ボトルの注文一時休止制度というものを取っています。

「一時休止制度」とは、水ボトルの配送を1回スキップできる制度です。

水ボトルが自宅に余っているや水の配送を1回スキップしたい時はこの制度を利用して配送を一時停止できます。

配送の一時停止はインターネットからログインして行なう方法かカスタマーセンターで電話連絡する方法で手続きができます。

しかし、配送一時停止の期間も決められています。

アクアクララを除く各社1ヶ月までは可能でそれ以上の場合は1回あたり1,000円+税を支払う必要が出てきます。(アクアクララはなし)

一人暮らしの方で仕事などで長期出張がある方は、こういった制度を利用されると良いでしょう。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーランキング

以下は独り暮らしでおすすめできるウォーターサーバーです。

1位:クリクラミオ

 クリクラミオ
クリクラミオは8ℓボトルのワンウェイタイプのウォーターサーバーです。富士の天然水を扱っており、ボトルの配送は偶数本であれば配送料金が無料です。

ボトル1本からの配送が可能(奇数本数の注文時は送料500円)なので一人暮らしの方でも自由に調整することが可能です。使い捨てボトルを採用しているので利便性も高いですし、年に1回はサーバー交換のメンテナンスをしてくれるので衛生面はバッチリでしょう。

ブランド名 クリクラミオ
サーバー名 クリクラミオサーバー
宅配エリア 全国(沖縄/離島を除く)
水のタイプ 天然水(ワンウェイタイプ)
利用条件 毎月16ℓ(8ℓボトル×2本)
水500mℓあたりの価格 ¥95
月額価格 ¥3,024
電気代(目安) ¥700
クリクラミオの詳細はこちら

クリクラミオの公式HPからのお申し込みはこちら

2位:プレミアムウォーターamadana STD

amadana-stdサーバー

出典:https://premium-water.net/products

プレミアムウォーターは「プレミアム3年パックの富士吉田の天然水7ℓボトル」では1セット2本から注文できますから一人暮らしの方でも飲みきれます。

天然水を扱うワンウェイタイプでありボトルを捨てることができますし、配送周期を4週間に設定すれば毎日500mℓほどが利用目安になります。もともと高級なプレミアムウォーターをこの価格から注文できるのは通常プランではなく「プレミアム3年パック」だけです。

ブランド名 プレミアムウォーター
サーバー名 プレミアムウォーター amadana STD
宅配エリア 全国(離島を除く)
水のタイプ 天然水(ワンウェイタイプ)
利用条件 毎月14ℓ(プレミアム3年パック7ℓボトル×2本)
水500mℓあたりの価格 ¥119
月額価格 ¥3,326
電気代(目安) ¥900

プレミアムウォーターの詳細はこちら

プレミアムウォーターのお申し込みはこちら