ウォーターサーバーの人気ランキングや売れ筋を紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のウォーターサーバー人気の傾向は?

ウォーターサーバーの普及率

最近のウォーターサーバーの人気の傾向としてはワンウェイタイプがリターナブルタイプよりも人気です。(実際の顧客シェアではリターナブルタイプの方が人気です)

つまり、ウォーターサーバーで言えばクリクラやアクアクララよりもコスモウォーターやプレミアムウォーターの方が最近は人気なんですね。

一般社団法人 日本宅配水&サーバー協会の統計によると、2017年の推定顧客台数の前年比成長率はリターナブルタイプが102.5%、ワンウェイタイプが106.7%です。

ワンウェイタイプは2011年の統計開始以来、特に著しい成長を遂げています。

つまり、ワンウェイタイプの方が成長率が高い(人気急上昇中)と言えます。

では、実際の市場シェアから考えたランキングは?

実際の市場シェアから見ると一般社団法人 日本宅配水&サーバー協会の統計であるように、「リターナブルタイプ(クリクラやアクアクララ)」の方が顧客数が多いです。

上記の統計ではリターナブルタイプが205万台、ワンウェイタイプが160万台なので実際のシェアから考えるとクリクラやアクアクララ、アルピナウォーターの方が人気があると言えます。

成長率ではワンウェイタイプが大きいのですが、まだまだリターナブルタイプの顧客数には届いていないということが現状です。

当サイトで「どのウォーターサーバーを使っているか」アンケートを取った結果

当サイトでも「利用しているウォーターサーバーは何ですか?」というアンケートを取ってみました。

その結果、下記画像のような調査結果になりました。

100人に聞いた人気のウォーターサーバーのシェアに関する当サイトの調査結果グラフ

クリクラが1位、アクアクララが2位、3位にコスモウォーターと続いていきます。

調査の結果、ウォーターサーバー業界を引っ張ってきた「クリクラ」「アクアクララ」が現在でも人気筆頭であるとわかります。

そして、その次をコスモウォーターが追いかけているという状態ですね。

この調査結果は実際のシェアに近いのではないかと思っています。

クリクラとアクアクララは老舗で知名度も抜群に高いですからね。

上記のシェアからウォーターサーバー人気ランキングは?

上記のシェアを元に多数を占めているウォーターサーバーの人気ランキングを作りました。

1位:クリクラ

クリクラの画像

ウォーターサーバー業界でシェアトップクラス(1位または2位)の老舗企業。運営元はナック。

なぜクリクラが人気かというとウォーターサーバー業界では老舗で長年の実績があることが関係しています。

クリクラは毎年ウォーターサーバーをサーバー交換でメンテナンスするため衛生面の評判も高いですし、価格も安めで他社のウォーターサーバーよりも経済的です。

TVCMも夏頃にはバンバンと放送されており、日本での知名度も高いため「ウォーターサーバーと言えばクリクラ」と思われる方も多くいますね。

また「無料お試し」ができるため初めて使う方でも安心ですし、他社が設定している「解約違約金」も無料ですから「いつでも好きな時に止められる」という気軽さも人気につながっています。

問い合わせ先の対応も悪くないため、選んでも良いウォーターサーバーといえます。

クリクラの詳細はこちら

2位:アクアクララ

アクアクララの画像

アクアクララの人気の秘密は手厚いサポートです。

アクアクララは安心サポート料(1,000円~1,500円/月)というものを取っており以下のサポートを行なってくれます。

  1. 故障対応
  2. メンテナンス
  3. 設置サービス
  4. 専門スタッフサービス

上記にあるサービスは他社では有料が基本です。設置サービスでは8,000円を徴収する企業もあります。

アクアクララは料金的にはやや割高になりますが、サポートがしっかりとしているため利用者の安心感は高いわけです。

当サイトが取ったアンケート結果では利用されている方の多くが「普通またはやや満足、満足」しているを選択していました。

つまり、料金は高めでも満足する結果を得られているというわけです。

ウォーターサーバーのシャアではクリクラと並んでまたはそれ以上かもしれませんが、価格面を問わなければ選んで良いウォーターサーバーと言えます。

アクアクララの詳細はこちら

3位:コスモウォーター

コスモウォーター

なぜコスモウォーターが人気なのかと言うと「選べる3つの天然水」を扱っていることが決め手です。

クリクラやアクアクララはRO水という非常に細かな膜で濾過した水を扱っています。

従来はガロンボトルが主流でRO水が多かったのです。

そのため天然水を扱っているウォーターサーバーは少なかったわけです。

しかし、2011年の東日本大震災以来、西日本の天然水を飲みたいというニーズが増加して天然水系のウォーターサーバーが人気になりました。

「大分の日田・京都の福知山・静岡の富士の天然水」を採用しているため、どの地域の方でも天然水を飲むことができます。

またコスモウォーターは従来の返却が必要なガロンボトルではなく使い捨てタイプのボトルを扱っているため家庭としては利用勝手が良いことも人気の理由です。

特に使い捨てボトルは女性や主婦の方からはボトルがキッチンやリビングに溜まらないので嬉しいと人気があります。

シェアという店でみるとまだまだクリクラやアクアクララほどではありませんが、天然水を扱うウォーターサーバーの中では人気があるといえます。

コスモウォーターの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする