【分かりやすい!】「クリクラ」vs「クリクラミオ」の違いを徹底比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリクラとクリクラミオを比較して、どちらがどんな方におすすめなのか、どんな使い方をすればお得なのかを両者の比較で書いて行きます。クリクラとクリクラミオで迷っている方は参考にしてください。

クリクラとクリクラミオの違いを徹底比較!

クリクラとクリクラミオの違いはズバリ!以下の4点です。

  1. 解約違約金が設定されているかの違い
  2. クリクラは月額費用(417円)が必要で、クリクラミオは不要の違い
  3. 扱っている水が天然水(ワンウェイタイプ)かRO水(リターナブル)かの違い
  4. 無料お試しがあるか無いかの違い

クリクラとクリクラミオには解約違約金の違いがあります。クリクラには解約違約金が設定されていませんが、クリクラミオには2年未満の解約違約金で8,000円の支払いが必要です。

またクリクラとクリクラミオには月額費用の違いがあります。クリクラは毎月「安心サポートパック料」として417円+税金を徴収しており、クリクラミオは月額費用がありません。

そして、水についてはクリクラミオが富士山の天然水、クリクラがRO水を取り扱っています

クリクラミオの富士山の天然水のボトル

クリクラミオは使い捨てボトル

クリクラの12ℓボトル

クリクラの12ℓボトル

最後に、クリクラは無料お試しがありますが、クリクラミオには無料お試しがありません

クリクラとクリクラミオの一部の諸元表で比較して見てみましょう。

クリクラとクリクラミオの比較表

以下の比較表ではクリクラとクリクラミオの基本スペックを掲載しています。
この表は横スクロールができます。

基本スペック一覧 クリクラミオ クリクラ
サーバー名 クリクラミオ クリクラサーバーL
お試し制度 なし あり
宅配エリア 全国(沖縄・離島一部地域を除く) 全国(沖縄・離島一部地域を除く)
配送システム 使い捨て ガロンボトル
配送料 無料(1回の配送で3本以上の場合) 無料
節電機能 なし なし
自動クリーン性能 HEPAフィルター HEPAフィルター
エコボタンの有無 なし なし
水の温度 4℃〜10℃ 5℃〜10℃
温水の利用可否 可能 可能
温水の温度 75℃〜85℃ 80℃〜90℃
チャイルドロック あり なし
ボトル交換方法 上部 上部
サーバーレンタル料金 無料 無料
メンテナンス料金 無料(年1回サーバー交換) 無料(安心サポートパック料に含まれる)
高さ(ボトル装着時) 128.5 99
横幅 30.5 30.5
奥行き 35 35
重さ(Kg:ボトル未装着時) 17 16kg
電気代(目安)*1 700円前後 平均1,000円~1,300円/月
支払い方法(個人) クレジットカード・NP後払い クレジットカード
支払い方法(法人) 記載なし
解約違約金 2年未満の場合、8,000円(税抜) 無料
運営会社名 株式会社ナック 株式会社ナック
使用可能クレジットカード VISA,Master Card,JCB,Diners Club,American Express VISA,Master Card,JCB,Diners Club,American Express
支払い可能コンビニ
代引き手数料 後払い手数料190 円(税込205 円)
その他 冷水にもロック機能追加可能 ・サーバーの無料貸し出しは、一世帯・一事業所につき一台。
・3ヶ月でご利用本数が6本未満の場合サーバーレンタル料(1,000円/月・消費税別)が必要『安心サポートパック料として月額417円』
天然水の名前 クリクラミオ クリクラボトル
ボトルタイプ(使い捨てor返却) ワンウェイタイプ ガロン
1ボトルのあたりの容量 8ℓ 12ℓ
1ボトルのあたりの値段(税込み) ¥1,188 ¥1,512 ¥1,350
水の価格(500ml換算税込み) 95円 56.25円
毎月の最低購入ノルマ 1 2
その他 (3本未満の配送の場合は送料500円/回)
休止手数料 45日間注文が無い場合は1,000円 3ヶ月で6本未満の場合:レンタル料として1,080円
放射能検査 検出無し http://www.crecla.jp/safety/

上記の表で赤字になっているところが主な違いです。

では、上記の表を参考にクリクラとクリクラミオがどんな方におすすめなのか違いを比較してみます。

クリクラはウォーターサーバーを初めて利用する方向け、クリクラミオは解約を考えていない方向け

クリクラとクリクラミオは解約違約金の有無に違いがあります。クリクラは解約金が不要ですから、解約するリスクがある初心者向けのウォーターサーバーです。

初めてウォーターサーバーを利用される方には利用してみてから、こんなはずではなかったと思われる方もいます。解約すると他社の場合は解約違約金(5,000円〜1万円前後)の支払いが必要になります。これが高額なのでユーザーの方は誰も支払いたくはないでしょう。ですから、ウォーターサーバーの利用に不安がある方はまずクリクラを利用してみることをおすすめします。

一方のクリクラミオは解約違約金が2年未満の解約で8,000円と高額ですから、解約するリスクの少ないウォーターサーバー利用経験者、または解約するつもりが無い方におすすめです。

ちなにみクリクラミオはかなり良いウォーターサーバーですから、初めて利用される方も問題はありません。(ウォーターサーバーが気に入るかどうかがポイントになります)

このようにクリクラとクリクラミオには『解約違約金の違い』があり、クリクラはウォーターサーバー初心者の方が、クリクラミオは経験者が利用されることがおすすめです。

クリクラは月額料金がかかるがサービスは手厚い。クリクラミオはワンウェイタイプで月額無料。

クリクラは2017年10月から『安心サポートパック料』を徴収し、サービスを拡充しています。サービス内容には『年1回のメンテナンス』『専門スタッフの派遣』『故障時の無償対応』『子供の火傷対策』『快適サービス』です。

一方、クリクラミオは月額料金が不要ですが、こういったサービスはHPにも明記されていません。(年1回のサーバー交換メンテナンスは有ります)

つまり、手厚いサービスを求めるユーザーはクリクラががおすすめです。一方、サービスの手厚さよりも基本的な部分だけを求めるならばクリクラミオがおすすめです。

もっと言えば、ウォーターサーバーを初めて利用する方はサービスが手厚いクリクラの方が安心できるでしょう。一方、何回かウォーターサーバーを利用された経験のある方はクリクラミオで充分だと言えます。

初めてウォーターサーバーを利用する方にはクリクラで無料お試しが良い。クリクラミオを検討中の方も1度クリクラから入るのも良し。

クリクラとクリクラミオの違いは「無料お試し」の有無です。

同じ株式会社ナックの運営なのにどうしてクリクラミオには無料お試しが無いのかと思われるかもしれませんが、これを利用しない手はありません。

クリクラとクリクラミオのサーバーはほど同じ作りをしています。

冷水温水コックの仕様やチャイルドロックの仕様なども大きく変わりません。

つまり、クリクラミオを使いたい方は1度クリクラでお試し利用をすることでクリクラミオのサーバーのだいたいの使い方などがわかります。

初心者の方はクリクラを利用してウォーターサーバーがどんなものか理解してからクリクラミオを利用するという方法もあるのです。

まとめると、まずクリクラで無料お試しをする。その後、そのままクリクラに申し込みをする、またはクリクラミオを注文するという方法です。

もちろん、最初からクリクラミオを注文しても良いですが、ウォーターサーバーに不安がある方やまだまだ分からない方は最初にクリクラの無料お試しをされることをおすすめします。

当サイトでは『クリクラ』と『クリクラミオ』についても解説しています。お申し込みを考えている方は参考にどうぞ。

クリクラの詳細はこちら

クリクラミオの詳細はこちら