アルピナウォーターのメリットやデメリット、基本情報を解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルピナウォーター

アルピナウォーターは老舗のウォーターサーバー企業。実績と信頼性も高い。

アルピナウォーターは水の値段が安い老舗ウォーターサーバーです。

長野県の大町市にある北アルプスから採水した水を逆浸透膜で濾過したピュアウォーターで、限りなく原水に近い仕様で飲みやすい水になっています。

アルピナウォーターが採用いしている18.9ℓボトルは業界でも最大級のボトルです。

500mℓあたり47円〜53円と非常に安いことが特徴で、水だけの値段で見れば業界最安値と言えます。(サーバーレンタル料などのトータル計算を含まず)

こんな方におすすめ

関東在住の方

アルピナウォーターの特徴は水の安さです。

中でも18.9ℓボトルは1ℓあたり94円、500mℓに換算すると47円と非常に安い!

8ℓボトルでも500mℓ換算で53円と他社と比較しても安めです。

また水ボトルの量が多い方がボトル交換の回数が少なくなるので楽というメリットがあります。折角ならアルピナウォーターのこの特大ボトルを利用したいですよね!

しかし、アルピナウォーターの18.9ℓボトルは関東の一部地域が対象で他の地域の人は注文できません。そのためアルピナウォーターは関東の方にはおすすめできます。

ピュアウォーターを味わいたい方

アルピナウォーターはピュアウォーターです。ピュアウォーターとは逆浸透膜で塩素や科学物質、ミネラル分を除去したものです。

ピュアウォーターはRO水ともやや異なり、ピュアウォーターが濾過しただけの水であることに対して、RO水はピュアウォーターにミネラル分を添加したものです。

ピュアウォーターは味があまりない一方で飲みやすいという利点がある他、赤ちゃんのミルク作りで使用しても、余計なミネラル分が含まれていないためバランスを崩さないという特徴もあります。

アルピナウォーターのメリット

ピュアウォーターはやはり水の値段が安い!

アルピナウォーターは北アルプスの雪解け水から採水した水をRO膜(逆浸透膜)で濾過したピュアウォーターです。そのためRO水に近く、ミネラル分を含んでいません。

アルピナウォーターの水の値段は12ℓボトルで47円です。

これは数多くあるウォーターサーバーの中でも最安値クラスです。

水の値段で比較すればクリクラやアクアクララのRO水よりも安いため大変お得です。

また18.9ℓボトルという大型容器もアルピナウォーターの特徴で、1度水ボトル交換をすればすぐにはなくならないのでボトル交換の手間が減るため大変便利です。(18.9ℓは関東一部地域対応)

ウォーターサーバーの天然水の採水地「北アルプス」ってどんなとこ?
天然水の採水地、北アルプスとはどんなとこ? 北アルプスは「日本の屋根」と呼ばれている三大アルプスの1つで正式名称は飛驒山脈です。長野県...

ワンウェイタイプも新登場!

アルピナウォーターでは関東以外の地域ではワンウェイタイプの配送が基本になります。8ℓボトルで値段も686円(税別)2017年9月に改訂され、842円(税込み)と非常に安いです。

ワンウェイタイプなのでこれならボトル交換や飲み終わったボトルがかさばることはないでしょう。

8ℓボトルの場合はアルピナウォーターの他のボトルよりはやや割高になります。

それでも非常に安いのですが、アルピナウォーターは18.9ℓがやはりお得ですから、この18.9ℓボトルを注文できる関東在住の方に特におすすめです。

アルピナウォーターはクリクラやアクアクララのように老舗の企業です。昔はガロンボトルでのウォーターサーバーが中心でしたが、アルピナウォーターもユーザーの利便性の良いワンウェイタイプを扱うようになってきていますね。

アルピナウォーターのデメリット

設置月以降、毎月サーバーレンタル料金として572円がかかる

アルピナウォーターのデメリットは「サーバーレンタル料金」です。このサーバーレンタル料金さえなければ、アルピナウォーターは非常に料金が安いお得なウォーターサーバーだと言えます。それでも水の値段が安いので十分お得と言えます。

アルピナウォーターでは設置月以降、毎月572円がかかるので計算すると、

年度 料金
初年度 6,292円
2年目以降 6,864円

つまり、サーバーレンタル料金としては1年目は6,292円かかり、2年目は6,864円かかります。

アルピナウォーターは水の値段は「安い」のですが、サーバーレンタル料金を合わせると年間で必要なトータル料金が高めになります。サーバーメンテナンスが2年に1度付いているので、このサーバーレンタル料金が安いかどうかはユーザーの判断になるでしょう。

基本情報

以下はサーバーの基本情報です。

基本スペック一覧 アルピナサーバー
サーバー名 床置き型 卓上型
お試し制度 なし なし
宅配エリア ・8L 全国
・12Lと18.9L 東京/神奈川/千葉/埼玉/茨城
配送システム 返却or使い捨て
配送料
  • 12リットル×3本以上で無料
  • 8ℓボトルは本州以外で配送料¥495円
節電機能 なし なし
自動クリーン性能 エアフィルター付
エコボタンの有無 なし なし
水の温度 5℃ 5℃
温水の利用可否 可能 可能
温水の温度 85℃ 85℃
チャイルドロック あり あり
ボトル交換方法 上部 上部
サーバーレンタル料金 設置の翌月から月572円(税別)〜月600円(税別) 設置の翌月から月572円(税別)〜月600円(税別)
メンテナンス料金 2年に1度(無料)*故意の場合は有料
高さ(ボトル装着時) 121 82
横幅 30 30
奥行き 31 31
重さ(Kg:ボトル未装着時) 16.5 13.5
電気代(目安)*1 約1,000円 約1,000円
支払い方法(個人) クレジットカード クレジットカード
支払い方法(法人) 1年未満の場合:5,000円 1年未満の場合:5,000円
解約違約金 1年未満の場合、サーバー1台あたり4,762円(税別) 1年未満の場合、サーバー1台あたり4,762円(税別)
運営会社名 株式会社トーエル 株式会社トーエル

以下は水の基本情報です。

水の基本情報 8L 12L 18.9L
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨木
ボトルタイプ(使い捨てor返却) 使い捨て ガロン ガロン
1ボトルのあたりの容量 8ℓ 12ℓ 18.9ℓ
1ボトルのあたりの値段(税込み) ¥842 ¥1,134 ¥1,771
水の価格(500ml換算税込み) ¥53 ¥47 ¥47
毎月の最低購入単位 3~6 3 2
その他 (自社宅配エリア外は3本から) 初回は3本
休止手数料
最低購入料金 ¥2,526~ ¥3,402 ¥3,542
放射能検査 http://www.alpina-water.co.jp/radioactive_check.html

まとめ

アルピナウォーターはやはり安いことが特徴です。また昔からウォーターサーバー業界を引っ張ってきた企業ですから、実績も信頼性も抜群です。

特に関東の方は18.9ℓボトルという業界最大級のウォーターサーバーを楽しめますから、ぜひ検討してみましょう!

以下の記事はアルピナウォーターを1年間使った場合の値段のシュミレーションです。

これからアルピナウォーターを注文しようか迷っている方は参考にどうぞ。

アルピナウォーターを1年間使った場合の値段シュミレーション!
アルピナウォーターは水ボトルや宅配エリアが多いため利用前に年間でいくらくらいかかるのかわかりにくいですね。こういった場合は年間シュミレーショ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする