クリクラミオの基本情報やメリット・デメリットを紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリクラミオのメリットとデメリット

2015年にクリクラミオが新登場しました。

クリクラを運営する株式会社ナックが提供するサービスで『クリクラ』+『ワンウェイタイプ』の良いとこ取りをしたおすすめのウォーターサーバーです。

*追記.2017年10月にクリクラミオの料金や配送システムが改訂され、現在は私のオススメ度も下がっています。2017年の改訂内容についてはこちらでまとめています。

2017年10月以降は水の値段が1本あたり300円も値上がりしたためやや割高になりました。しかし、それでも毎年サーバー交換のメンテナンスがあるので安心して利用できるウォーターサーバーではあります。

ウォーターサーバーの衛生面や安全性を心配される方にはおすすめできます。

クリクラミオはこんな方におすすめ

クリクラミオは以下の方におすすめできます!

  • ウォーターサーバーの衛生面が心配な方
  • 赤ちゃんや小さい子の育児中のママさん

クリクラミオは衛生面への意識が高い企業で、年に1回サーバー交換でのメンテナンスを行ないます。

新しくユーザーの方に届くサーバーは消耗品(水コックなど)の交換や内部の薬品洗浄などを行なっているため、安心して利用できます。

最近は「メンテナンス不要!」などといってメンテナンスをしない(消極的)企業がありますから、それを考えてもクリクラミオは良心的だとわかります。

やはり赤ちゃんがいる家庭の場合は「雑菌の繁殖」などは心配です。

またお子さんが小さい家庭でもチャイルドロックが安全な方が良いに決まっています。

クリクラミオのように定期的なメンテナンスをしたサーバーなら他のウォーターサーバーよりも安全性が高いと言えるでしょう。

チャイルドロックを含むコックも消耗品ですから、交換が必要です。

またクリクラミオは水の配送周期が1週間に1回から最大6週間に最大4週間に1回まで選択できるため、赤ちゃんのミルクだけウォーターサーバーで作りたいママさんにもおすすめです。

細かい配送周期を設定できるので、急遽ミルク作りで天然水が必要になった時にも対応できます。

こんな方にはおすすめできない

水の飲み比べをしたい方

クリクラミオでは「富士の天然水」を使用しています。

この天然水は富士の北嶺である山梨県の富士吉田市で採水されている天然水です。

最近のワンウェイタイプのウォーターサーバーでは「富士」「島根」「京都」「大分」など各地の天然水から選んで天然水を飲むことができますが、クリクラミオは1種類しか扱っていないのでそれができません。

つまり、「日本各地の天然水を飲みたいと言う方」にはおすすめできない仕様となっています。

それ以上に利点があるのでおすすめできるウォーターサーバーですが、ユーザーの方が飲み比べを重視している場合にはクリクラミオはおすすめできないウォーターサーバーです。

自由な水ボトルの配送を望む方

これはどういうことかと言えば、2017年10月に水ボトルの配送システムの改訂がされました。改訂内容は

  • 配送周期:最大6週間→最大4週間に変更
  • 配送料金:3本未満では宅配料金が必要→奇数本数の注文では配送料金が必要に変更。

今回の改定によって、一人暮らしなど水の消費量が少ない世帯では、クリクラミオのおすすめ度は下がりました。

この6週間に1回の配送は一人暮らしの女性や高齢者などには最適であったのですが、大変残念です。

また奇数本数の注文では配送料金がかかるなど少し利用者としては不便になりました。

これからは偶数本の注文をしないと無駄に配送料金がかかるので、注文本数や周期を調整しないと「水が余る」「水が足りない」ということが起こりやすくなります。

以前は良かったのですが、この点はクリクラミオのデメリットになりそうです。

クリクラミオのメリット

安心の年に1回のサーバー交換メンテナンス!衛生面が良い!

クリクラミオは年に1回無料でのサーバー交換メンテナンスがあります。

今まで使っていたサーバーとメンテナンスが終わった新品のサーバーを交換してくれます。

消耗品の交換から内部の配管などのユーザーがセルフメンテナンスできない箇所も専用の薬品等で消毒しているため、衛生面での心配は安心できます。

他のウォーターサーバーではメンテナンスを実施しない(本当は衛生面を考えればすべきです!)ところが多い中、クリクラの良い面を受け継いでいます。(クリクラミオとクリクラは同じ企業のサービス)

レンタル料・メンテナンス料金無料!

クリクラミオはレンタル料・メンテナンス料金が無料です。

ここもクリクラの良い点が受け継がれています。

つまり、通常利用していれば水ボトルの値段だけで済みます。

他のメーカーのようにレンタル料やメンテナンス料金を取られることはありません。

水ボトルは持ちやすい8ℓのワンウェイタイプ(使い捨て)

クリクラミオは使い捨てボトルのワンウェイタイプです。

クリクラミオの水ボトル(8ℓ)

クリクラミオの8ℓボトル
出所:https://www.creclamio.jp/product.html

さらに持ちやすい8ℓタイプですから、女性や力の少ない方でも持ちやすい仕組みになっています。

使い捨てなのでクリクラのように返却する必要もなく処分することができます。

これはクリクラを使っていたユーザーにとっては嬉しいメリットです。

クリクラミオのデメリット

解約金が設定されている

クリクラミオは2年未満での解約で違約金8,000円を支払う必要があります。

クリクラは解約金が不要ですが、クリクラミオは必要になります。

解約金が必要になるので他社からの乗り換えや一度ウォーターサーバーの利用をしたことのある方にはおすすめです。

どちらかと言えば、初めて使われる方は解約違約金が無料のクリクラを利用される方が良いでしょう。

こちらの方が「やっぱり合わなかった」と思って解約しても費用がかかりません。

簡単に始められて、いつでも辞められる魅力のサーバー!クリクラのメリットとデメリットを紹介!
クリクラはテレビCMでも有名な老舗のウォーターサーバー会社で、まずどんな方でも始めやすい無難なウォーターサー...

クリクラミオは初めての方にも充分おすすめですが、解約金の存在は知っておきましょう。

【2017年改定】奇数本数の注文では配送料金が必要

以前は3本未満の配送の場合は宅配料金が必要でした。現在は奇数本の注文の場合は宅配料金が必要に変更されました。

つまり、月16ℓ消費する利用者には宅配料金が無料になるのでメリットとなりますが、今まで3本,5本注文していた利用者の方にとっては改悪になってしまいました。

【2017年改定】水ボトルの料金が高い

クリクラミオは2017年10月までは「システム」「衛生面」「価格」をとっても大変おすすめのウォーターサーバーでした。

しかし、2017年10月に水ボトルの代金が改定されて、500mℓあたりの値段が90円台になってしまいました。

他社ウォーターサーバーの天然水は70円台~80円台が多いので、クリクラミオはやや割高です。

サーバー交換もしてくれる非常に良いウォーターサーバーなのですが、この水の値段がややネックになります。

特に大量に消費する家庭ほど、この小さな価格の差が積み重なります。

クリクラミオの基本情報

以下の表はクリクラミオの基本情報です。

サーバー名 クリクラミオ
お試し制度 なし
宅配エリア 全国(沖縄・離島一部地域を除く)
配送システム 使い捨て
配送料 無料(1回の配送で3本以上の場合)

奇数本数の場合、有料

節電機能 なし
自動クリーン性能 HEPAフィルター
エコボタンの有無 なし
水の温度 4℃〜10℃
温水の利用可否 可能
温水の温度 75℃〜85℃
チャイルドロック あり
ボトル交換方法 上部
サーバーレンタル料金 無料
メンテナンス料金 無料(年1回サーバー交換)
高さ(ボトル装着時) 128.5
横幅 30.5cm
奥行き 35cm
重さ(Kg:ボトル未装着時) 17
電気代(目安)*1 700円前後
支払い方法(個人) クレジットカード・NP後払い
支払い方法(法人)
解約違約金 2年未満の場合、8,000円(税抜)
運営会社名 株式会社ナック
使用可能クレジットカード VISA,Master Card,JCB,Diners Club,American Express
支払い可能コンビニ
代引き手数料 後払い手数料190 円(税込205 円)
その他 冷水にもロック機能追加可能

以下の表はクリクラミオの水ボトルの諸元表です。

天然水の名前 クリクラミオ
ボトルタイプ(使い捨てor返却) ワンウェイタイプ
1ボトルのあたりの容量 8ℓ
1ボトルのあたりの値段(税込み) 1,188円 1,512円
水の価格(500ml換算税込み) 74.25円  95円
毎月の最低購入ノルマ 1
その他 (奇数本数の配送の場合は要送料)
休止手数料 45日間注文が無い場合は1,000円
最低購入料金 2,012円
放射能検査 検出なし

今後、メンテナンスや衛生面への配慮には変わり無し!

価格や配送システムが改訂されてちょっと不便になりましたが、毎年メンテナンスがあるので衛生面や安全性ではまだまだ安心して利用できるウォーターサーバーです。

いづれにしても『安心のクリクラが運営している』『年1回の無料サーバー新品交換メンテナンスで衛生面が安心』『8ℓボトルと持ちやすい』『ワンウェイタイプでボトルが捨てられる』『レンタル料・メンテナンス料』と利用者に嬉しいウォーターサーバーです。

最近のワンウェイタイプのウォーターサーバーはメンテナンスをしない(あっても数年に1度)傾向にありますから、毎年無料でサーバーを新品に交換してくれるメンテナンスを行なってくれる企業は貴重です。(各社メンテナンスは費用がかかるので積極的に行なっていないのが現状です。)

「都会のマンションでの一人暮らしの方」「水の消費量はあまり気にしない方」にとってはクリクラミオはまだまだ活躍できます。

「もうクリクラミオに決めている」という方はお申込はこちらです。

以下のページはクリクラミオを1年間利用した場合の値段のシュミレーションです。

1年でどれくらいの費用が発生するのかを解説しているので、クリクラミオを導入されようと考えている方は参考にどうぞ。

クリクラミオを1年間使った場合の値段シュミレーション!
結論から言うと、クリクラミオは2017年に値上げをしたため現在はやや割高です。 月2本で試算すると電気代を除いて年間約...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする