サントリーウォーターサーバーのメリットとデメリットを紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「南アルプスの天然水」で有名なサントリーがウォーターサーバー業界に参入していることを知っていますか?飲めるお水は「南アルプスの天然水」で山梨県の白州工場(八ヶ岳がある小淵沢のあたり)で採水、生産、ボトリング加工されています。

以下の動画などで有名な南アルプスの天然水と言えば、テレビcmでも有名です。

現在、普及率のシェアではアクアクララやクリクラ、コスモウォーターを追いかける立場ですが、やはりネームバリューのあるサントリーなので今後の巻き返しに期待ができるウォーターサーバーです。

どんな方におすすめ?

サントリーのウォーターサーバーは以下の方におすすめです。

  • 南アルプスの天然水が好きな方
  • 非常時の備蓄水として利用できる

サントリーの南アルプスの天然水ってコンビニやドラッグストアで販売されていますね。あの天然水は私も大好きで愛用しています。(笑)南アルプスの天然水は山梨県の南アルプスの麓にある白州工場で生産されています。白州工場はウイスキー白州などでも有名ですね、最近は全く手に入らないので飲んでいませんが。

サントリーの南アルプスの天然水なら500mLのペットボトルで注文されている方もいると思いますが、ウォーターサーバーで飲めるようになります。500mLの値段が79.6円でサーバーを利用すれば温水(サントリーのサーバーは特殊で温度の細かな設定ができることが利点)も利用できることから、独り暮らしの方以外はこちらの方が便利です。ペットボトルであれば持ち歩ける利点がありますが、一般家庭であれば自宅での利用が多いですから、ペットボトルの南アルプスの天然水からウォーターサーバーに乗り換えるという作戦もありです。

また、サントリーのウォーターサーバーの天然水はダンボールに包まれたパックが郵送され、天然水のダンボールが四角型(25cm×18.8cm)なので床に置くことも、キッチンのカウンターやデスクの上に置くこともできます。この形をしていることで、万が一、サーバーが災害で利用できなくなってもボトルの非常用コックを取り付けることでボトルから直接水を飲むこともできます。

他のウォーターサーバー会社の水も災害時などの備蓄水になりますが、使いにくいんですね。それは専用コックが無かったり、利用できなかったり、パックボトルなので一度開封すると保存方法が大変だったりします。他のウォーターサーバー会社だと災害時の利用が大変です。サントリーはダンボールで丈夫な作りをしているので、サーバーを使わなくても(災害時は停電する可能性もある)使いやすいので災害の際も楽に水を利用できます。

こんな方にはおすすめできない

サントリーのウォーターサーバーは以下の方にはおすすめできません。

  • ウォーターサーバーを初めて注文する方

サントリーのウォーターサーバーは解約違約金が必要になります。正確には更新月以外の解約では7,000円+消費税を支払わないといけません。更新回数が1回の場合は3,000円+消費税を支払う必要があり、そして更新回数が2回以上で無料になるのですが、言い換えると2回分の更新(規約が確認できないため予想では2年間)をしないと解約違約金が必要になります。

メリット

チャイルドロックが2重になっている

サントリーのチャイルドロックは特殊で、2重のロックになっています。1つ目はサーバーの扉の内側にある全操作ロックボタン、そして温水ボタンと冷水ボタンの間にある「ロック解除ボタン」があります。

サントリーでは、基本的に自動ロックがかかるので注水のために「ロック解除ボタン」を2秒以上長押ししてから解除して利用します。(5秒後にロック)この仕組みのため、赤ちゃんには解除しにくい仕組みになっています。

上の動画を見てもらうとわかりますが、扉のチャイルドロックを長押しして「ON」の状態にすると、冷水ボタンや温水ボタンを押しても出ませんし、真ん中のチャイルドロックボタンを押しても出ないことがわかります。

実は子供がチャイルドロックを解除してしまい、火傷を負う事故は年間数件発生しています。この方法であれば、手順を踏むため子供に解除しにくい構造をしていると言えます。

注意点は、しっかりと扉のチャイルドロックをすることです。真ん中のチャイルドロックボタンは2秒以上の長押しで解除できますから、子供が誤って火傷しないように、扉の方のチャイルドロックをかける必要があります。

「おいしさキーパー」機能

1日1回サーバー内に温水を循環させて清潔に保つ仕組みです。サーバーの自動衛生機能と言える独自の機能です。利用中は2時間はサーバー利用ができないことに注意して下さい。

大企業が運営しているウォーターサーバー

大企業が運営していることは、つまり資金力があるということです。サントリーのウォーターサーバーは見た目はまあまあですが、細かな温度設定ができたり、自動チャイルドロックが設定できます。

最近はレンタル料金を1,000円から無料にしました。大手の企業が運営しているからこそ、ここまで低価格化でいけるのでしょう。資金力もあれば倒産するリスクも少ないので安心して利用できると言えますし、今後の開発なども期待できるかもしれません。

非常用コックを付ければ、サーバーなしで使うこともできる

これは上記でのサントリーのウォーターサーバーをおすすめできる方でも紹介しています。サントリーのウォーターサーバーの特徴は、非常用のコックがあることとダンボールで運ばれてくることです。ダンボールなので置きやすいので、地震等でサーバーが使えなくとも緊急用に利用できます。

まだ他のウォーターサーバー会社では、普及していません。プレミアムウォーターやフレシャスの一部で災害やアウトドア用の水が出ていますが、やはりこういった細かなところに目が届くところは大手のサントリーだからでしょう。

デメリット

細かな設定が多いためお年寄りには優しくない可能性がある

サントリーのウォーターサーバーは温度調整やロック機能等が事細かく設定できるので、利用方法も多岐に渡ります。しかし、言い換えれば、複雑でお年寄りや機械が苦手な方には使いくにいと言えます。日本の家電製品によくある特徴ですが、必要以上の機能が搭載されて、ボタン等が多くなってしまいユーザーインターフェースが悪いという面があります。サントリーのサーバーにもややその傾向があるため、最初は慣れるまで時間がかかるかもしれません。

サントリーウォーターサーバーの使い方の説明動画

基本情報

以下はサントリーウォーターサーバーの基本情報です。

基本スペック一覧 サントリーウォーターサーバー
サーバー名 ウォーターサーバー
お試し制度 なし
宅配エリア 全国(一部地域を除く)
配送システム 使い捨て
配送料 無料
節電機能 なし
自動クリーン性能 おいしさキーパー
エコボタンの有無 なし
水の温度 4℃〜9℃または12℃〜15℃
温水の利用可否 可能
温水の温度 70-75℃
85-92℃
チャイルドロック あり
ボトル交換方法 上部
サーバーレンタル料金 無料
メンテナンス料金 無料
高さ(ボトル装着時) 124
横幅 37
奥行き 45
重さ(Kg:ボトル未装着時) 26
電気代(目安)*1 約700円/月
支払い方法(個人) クレジットカード/後払い(コンビニ・銀行)/代引き
支払い方法(法人) 記載無し
解約違約金 更新月以外の契約期間内に解約:7,000円(税抜)
1度契約更新をした場合で更新月以外に解約:3,000円(税抜)
運営会社名 サントリー株式会社
使用可能クレジットカード VISA,Master Card,JCB,Diners Club,American Express ,DC
支払い可能コンビニ 記載無し
代引き手数料 記載無し
その他 口座引き落とし日:翌月23日

以下は水ボトルの諸元表です。

基本スペック一覧 サントリーウォーターサーバー
天然水の名前 月会費プラン 天然水ボックス
ボトルタイプ(使い捨てor返却) 使い捨て 使い捨て
1ボトルのあたりの容量 7.8 7.8
1ボトルのあたりの値段(税込み) 1067 1242
水の価格(500ml換算税込み) 68.3974359 79.61538462
毎月の最低購入ノルマ 3
その他
休止手数料 なし 直近2ヶ月:月額1,000円
最低購入料金 3726 3726
放射能検査 なし

サントリーの特徴は「月会費会員」があることですね。毎月1,000円+税を支払えば水ボトル1本の値段を下げてくれるというサービスでヘビーユーザーにおすすめです。

まとめ

サントリーのウォーターサーバーは2011年の東日本大震災以降、シェアを伸ばすため力を入れてきました。サーバーの機能は多いため、慣れてしまえば問題ないウォーターサーバーです。

大きな企業なので今後の改善や値下げなどにも期待できますから、今後の動向次第ではおすすめできるサーバーです。

以下はサントリーウォーターサーバーを申し込む前に利用者が知っておきたいことです。

サントリーウォーターサーバーの『申し込みの前に!』知っておきたいこと
サントリーウォーターサーバーを申し込む前に知っておくと良いことをクローズアップしておきます。 「サントリーウォーターサーバーが自分に合...

以下のリンクはサントリーウォーターサーバーの1年あたりの値段のシュミレーションです。参考にどうぞ。

サントリーウォーターサーバーを1年間使った場合の値段シュミレーション
サントリーウォーターサーバーの導入を考えている方は「年間でいくらくらいかかるのだろうか?」と疑問に思われている方もいると思います。 サ...